老後が心配です・・・。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

老後が心配です・・・。

マネー 家計・ライフプラン 2014/07/07 00:44

最近不勉強なので質問させてください。
私は地方公共団体の管理職を数年前から拝命しており、現在年収は約900万円です。妻は民間企業に勤めており年収約450万円ほどしかありません。
私も妻も現在52歳であり、私自身は昨年離婚した子どもの養育費に月12万円ほど支払っており、昨年末にやっと終了いたしました。
10年ほど前にFP2級を向学のために資格を取りましたが、友人のFP1級取得者に老後に向けての資金について最近相談したところ約2億円が必要との結論に至りました。
持家は3LDKのマンション(3000万円で6年半ほど前に購入)でローン無し。現在私自身の預金は2千万ほど、妻は1千万ほど。60歳定年時には何とか必要最低限の1億は貯まりそうです。私の残された母親は幸いにも特養に入所でき今後大きな支出はありませんが、妻の方は両親健在でありこれから出費が予想されます。そこで質問です。
1 私自身、FX、外貨MMF、金投資を中とした先物取引で1000万円ほど赤字を出したため、今後は日本円と金を中心とした投資にしようと心がけていますが老後、1億円程度の預金で足りるかどうか・・・。ちなみに平成27年10月から公務員の年金も厚生年金に組み込まれ65歳時の毎月の受給額は月に約13万円程度。妻は基金に加入しておりますが月に8万円程度の合計21万円程度。今後も続くであろう消費税アップには全く耐えきれません。マクロ・スライドにより、老後の実質年金額は更に減少するものと思われます。そこで質問なのですが、年金受給開始年齢が現在65歳⇒70歳⇒75歳となりそうですが、実際にどの年齢で受給を開始すべきか悩んでおります。
2 私自身、退職金が約500万円カットということとなったため、当初は60歳でリタイアする予定が大幅に狂い、何とか65歳まで再任用、それ以降はアルバイトで貯蓄を取り崩しながら生計を維持、妻はメニエール病で実際のところ何歳まで稼働可能かは現段階では不可能であるため2人で現在「爪に火を灯す」生活を細々と続けております。
医療費、介護費負担増大、インフレながら給料はデフレ・・・。私自身は、現在、生活保護関係の仕事をしておりますが何とも羨ましい生活ですね・・・。何か参考となりますご意見をいただければ幸いと思います。

草薙 素男さん ( 北海道 / 男性 / 52歳 )

回答:2件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

1 good

FP実務の経験をふまえてお答えします。

2014/07/07 18:07 詳細リンク

草薙 素男 様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(CFP)の森本直人と申します。

老後資金に約2億円が必要とのこと、拝見しました。

作成したキャッシュフロー表(CF表)を確認しないとわかりませんが、インフレ、増税、年金目減りを考慮した結果でしょうか。

確かに、今後、激しくインフレになれば、マクロ・スライドにより、老後の実質年金額は減少しますし、物価上昇により家計は圧迫されますので、正しい読みと思います。

逆に、デフレのままであれば、1億円でも一般的には足りると思いますが、いかがでしょうか。

1 資金管理については、仮に1億円でも足りるように、インフレに対処することがポイントになると思います。

金の保有も、確かにインフレ対応になりますが、国内外の株式、不動産など、バランスよく配分した方が、より安全と考えられます。

老後の資産運用は、基本通り、投資信託を使った長期分散投資が無難です。

リーマンショックなど、いろいろありましたが、FPのアドバイスにしたがって、基本通りに継続した方は、現段階で、具体的な成果を挙げている方がほとんどです。
(年平均5%超の資産運用を実現できている方も)

FX、先物取引は、メインの資産運用にはおすすめしませんが、リスクヘッジの目的に限定して使用するのであれば、個人的には否定的ではありません。

日経225の先物・オプション取引なども、候補です。

レバレッジ(てこの原理)を使って、金融危機時にも、資産を守れます。

ただし、こういった取引は、感情のコントロールが非常に難しいので、ご注意ください。

それから、年金受給については、資金的に余裕があれば、繰下げの方が長生きのリスクに備えられます。

繰上げは、目減りした年金が、ずっと続きますので、長生きをした時にやや心配です。

2 FPのお勉強をされているのであれば、まずは、CF表の作り込みをおすすめします。

働き方など、大きな変化がありそうな時は、その都度、CF表に入力し、具体的な数字で考えます。

実際、私も相談実務では、打合せの都度、その方のCF表に立ち返ることを心掛けています。

ご参考にしてください。

補足

訂正:
老後の(←今後の)資産運用は、基本通り、投資信託を使った長期分散投資が無難です。

1億円
インフレ
相談
CFP
ファイナンシャルプランナー

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

4 good

老後資金について

2014/07/16 09:31 詳細リンク

草薙 素男さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『そこで質問なのですが、年金受給開始年齢が現在65歳、70歳、75歳となりそうですが、実際にどの年齢で受給を開始すべきか悩んでいます。』
につきまして、

年金の受給開始を何歳からするのかにつきましては、
各開始年齢ごとにキャッシュフロー表をさくせいしたうえで、
資金残高の推移をみながら、

何歳から年金を受給することが最適なのかにつきまして、
予めシミュレーションをすることをおすすめします。

・基本生活費などの支出項目
・給与収入や年金収入など、今後見込むことが出来る収入
・保有している金融資産
・今後予定しているライフイベントの時期や費用
などをキャッシュフローに落とし込んで、
各受給開始年齢ごしにシミュレーションをおこなってみてください。

そうすることでいつから年金を受給するのが良いのか、
また、将来資金が不足するとしたら、何歳から幾らくらい不足するのかなど、
具体的に数値で確認することで、
今後の資金対策につきましても、
明確化することが出来ます。

何よりも明確化することで、
きっと草薙 素男さんが抱いている不安も解消できると考えます。

草薙 素男さんが書いている数値からすると、
草薙 素男さんが思っているほど、心配をしなくても大丈夫だと思われます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

相談
ファイナンシャルプランナー
老後
年金
キャッシュフロー

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断、家購入と保険について starman2016さん  2016-01-30 17:08 回答1件
子供の養育…ライフプランに不安があります。 ansandareyaさん  2015-10-30 19:06 回答3件
首都圏で相続する土地あり 家を買うべきか kisaさん  2015-07-02 11:44 回答2件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
マンションリノベーションと注文住宅で迷っています 住宅購入検討中さん  2015-09-16 12:10 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)