社保、厚生年金について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社保、厚生年金について

マネー 年金・社会保険 2014/06/03 20:20

派遣社員です。
週5日1日8時間勤務でしたが、習い事を始めたため週3日の契約で勤務を続ける事になりました。

いままで通り社会保険に加入できるものと思っていましたが、派遣会社から国保に切り替えるよう催促されました。
週20時間以上になりますし、収入も月9万円は超えるはずですが、加入資格はないのでしょうか。4分の3ルールというのも曖昧な気がしています。

今までの経験上、国保よりも社保のほうが負担額が少ないと思っていますが詳しくわかりません。収入がかなり減るので、少しでも負担額や今後この仕事を辞めた時など、メリットデメリットを教えていただきたいです。週3勤務でも二年ほど更新できれば働きたいと考えています。

よろしくお願いいたします。

gatsbyyさん ( 東京都 / 女性 / 26歳 )

回答:1件

杉浦 恵祐 専門家

杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー

- good

残念ですが、今の制度では加入資格は満たしていません。

2014/06/13 17:28 詳細リンク

gatsbyyさん。FPの杉浦です。

4分の3ルールは賃金は関係なく労働時間と労働日数です。

・1日の所定労働時間が、一般社員の概ね4分の3以上(一般社員の所定労働時間が1日8時間であれば6時間以上)

・1か月の勤務日数が、一般社員の所定労働日数の概ね4分3以上

週5日が一般勤務なら、4分の3は満たしません。

また、おっしゃるとおり、国保+国民年金よりも社保(健康保険+厚生年金)の方が負担額が少なく、かつ給付も多いので、社保の方が圧倒的に有利です。

加入資格
国保
国民年金
厚生年金
健康保険

回答専門家

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社OSP 代表取締役
0566-42-1882
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

金融商品の運用結果は表面上のいくら儲かったかで判断してはいけません。税金や社会保険料への影響を考慮した実際の手取り金額で考えるべきです。ご自身の状況に応じた適切な証券投資と税務、社会保険制度等の包括的なプランニングをご提供いたします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

パートの旦那を私の社保の扶養に入れたい 鮎猫さん  2016-10-24 23:17 回答1件
個人年金保険解約について natsu2206さん  2016-07-28 17:49 回答2件
扶養について kaka111さん  2015-07-29 00:44 回答1件
106万の壁 扶養内にとどまるべきか迷っています。 miharuruさん  2016-08-29 14:09 回答1件
臨時的事業での社会保険や扶養について いちごパフェさん  2015-07-16 08:09 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)