退職後、夫の扶養に加入したいのですが…。 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

退職後、夫の扶養に加入したいのですが…。

マネー 年金・社会保険 2014/05/31 21:25

はじめまして。
実はこの度妊娠致しまして、11月いっぱいで退職を考えているのですが。
恐らく1月から11月(推定)までの給与合計が130万円を遥かに越える事になります。

わたしの中では11月末日で退職→12月から扶養になれればと思っているのですが、夫の扶養に入ることは可能でしょうか?

ちなみに今現在は歯科医師国保に加入しており、扶養になると社保になります。

社会保険や年金、住民税、所得税などの支払い義務はどうなりますでしょうか?
(今までは自分で払ってきました。)
住民税は扶養になれず、来年度は支払う事になるかなとは予想しているのですが…。

お忙しい中、お手数ですがご回答頂ければ幸いです。

れいぽんさん ( 千葉県 / 女性 / 28歳 )

回答:1件

平松 徹 専門家

平松 徹
社会保険労務士

- good

ご主人の扶養に入ること可能です。

2014/06/01 10:57 詳細リンク

社会保険の被扶養配偶者は、取得日以後1年間の収入が130万円未満の時、被扶養配偶者になることができます。
れいぽんさんの場合、収入はないようですので、問題ありません。
ご主人の社会保険の被扶養配偶者になることができます。

健康保険、国民年金の支払いはありません。
所得税は、会社の方で退職金も合わせ退職時に処理をしてくれると思います。
来年の確定申告は不要と思いますが、退職するときに会社に確認してください。

住民税は、今年の残りがありますので、それの支払いと、来年は普通徴収で、4回に分けて支払いの義務が出てきます。

来年の支払いは、来年の5月頃に役所から支払いの書類が送られてくると思います。
それを待ってください。
今年の残りの住民税については、退職の時に会社に確認してください。

今後大変なのは、いずれにしても住民税です。
頑張ってください。m(__)m

収入

回答専門家

平松 徹
平松 徹
(千葉県 / 社会保険労務士)
株式会社 ソフィア 所長

役に立ってなんぼの経営コンサルタントです。

顧客の役に立てたときに喜びが大きいですね。そのためには顧客のニーズをしっかりと把握すること、それに応えるにはどのようにしたらよいか、いろいろと悩むことが多い毎日です。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

扶養制度について kaori-1128dさん  2014-07-17 17:08 回答1件
健康保険料、年金、確定申告について。 amaguri106さん  2017-01-19 18:53 回答1件
パートの旦那を私の社保の扶養に入れたい 鮎猫さん  2016-10-24 23:17 回答1件
社会保険から夫の扶養にうつる場合 るーしぇさん  2015-12-26 17:14 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)