ローンはいくらまでか - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ローンはいくらまでか

マネー 住宅資金・住宅ローン 2014/02/22 23:51

年収 :夫30歳 500 (手取り15-23)
妻25歳 300 (手取り15)
子供一人

頭金 700万
ボーナス 年間 夫 100 妻 90
この場合いくらまでなら借り入れし、月々返済可能でしょうか

生活には余裕が欲しいです。
子供はもう一人ほしいです。
銀行からは優遇が1.6つき、変動で組むつもりです。

マリンガールさん ( 神奈川県 / 女性 / 26歳 )

回答:2件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンについて

2014/02/23 16:56 詳細リンク

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

いくらまで借りられるかについては、金融機関により違ってきます。おおよそですが年間返済額が年収の30%~35%以内になってきます。よって、金利が低いほど多く借入れができます。

ただ、どのくらい借入れが出来るかよりも払い続けられるかのほうが大切です。よって、まずは今後の予定(子供の進路や習い事、奥様が働き続けるかどうかや老後の生活など)を検討してください。そして、どのくらいの返済額までであるならばやっていけるのかを考えましょう。

変動金利を考えているようですが、変動金利の場合には金利がどこまで上昇したら家計に問題がでてくるかの検討になってきます。

一般的には、金利が低いときには長期の固定金利を選ぶのが安全です。今後家計に余裕があり続ける人は変動金利でもいいのですが、そうでない場合には常に金利上昇リスクが付きまとうことになります。

よく金利が上昇したら、固定金利に借り換えをすればいいといっている方がいますが、金利が上昇するときには長期の固定金利から上昇します。変動金利が上昇したときには借り換え先の固定金利はもっと上昇しています。借り換えのタイミングはかなり難しいです。また、借り換えの場合には一般的に他の金融機関のほうが優遇金利を適用してくれるので他の金融機関への借り換えになってきます。
そうすると抵当権の設定費用や銀行手数料などの諸費用がかかってきます。

今後の家計の状況を考え検討してみてください。

あと最後に住宅を購入すると固定資産税の負担やマンションの場合には管理費、修繕積立金の負担、戸建ての場合には自分で修繕費の積立をしなくてはならないため、それも考慮にいれてください。

固定金利
変動金利
住宅ローン
生活
家計

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

5 good

住宅ローンの借入限度額について

2014/02/24 16:42 詳細リンク

マリンガールさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『この場合、いくままでなら借り入れし、月々返済可能でしょうか』
につきまして、

例えば、マリンガールさんとご主人様ふたりの手取り月収金額を30万円とした場合、
住宅ローンを組んだあとから家計が圧迫されないようにするためにも、
住宅ローンの負担割合としては、
2人合わせた手取り月収金額の28%ほどに収まるように、
住宅ローンを組むようにしていってください。

よって、マリンガールさんの場合、
毎月の返済額としては、9万円前後がひとつの目安となります。

また、ローン金利1.0%・35年返済とした場合、
毎月の返済額を9万円に収まるようにすると、
借入限度額は3,200万円ほどになります。

尚、住宅ローンを組む場合、
住宅ローン以外にもお子さまがいる場合は、
将来かかるようになる『教育資金』負担のことも、
十分に考慮する必要があります。

また、変動金利の場合には、
ローン金利の見直しが半年ごとに行われますので、
将来、ローン金利が上がってしまう場合のことも、
ある程度は想定しておく必要があります。

例えば、ローン金利が1.0%上昇した場合、
3,200万円の住宅ローンを組んだとすると、
毎月の返済額は106,000円と、
16,000円も増えてしまうことになります。

住宅ローンの返済では、
ボーナス収入はあてにしないようにして、
無理のない返済プランをたてるようにしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/


住宅ローンを組む場合

変動金利
住宅ローン
教育資金
返済
家計

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

6500万円のローンについて belvedereさん  2014-03-31 13:24 回答4件
マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
住宅ローンについて ひろ24さん  2016-05-22 08:17 回答2件
3800万の物件を購入しても家計が破綻しませんか? ぽんざえもんさん  2015-03-03 07:47 回答1件
無理のないローンが組めるか Lymさん  2015-02-18 01:18 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)