愛犬の急死 - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

12歳の柴雑種メスです。

背中に腫瘍出来て除去手術をしました。

夕方迎えに行って連れて帰り、少しはフラフラしてたけど、自分の足で歩いて車に乗り込み。

家に帰り二時間過ぎた頃急にギャンギャン鳴き呼吸も荒く心臓バクバクすごかったです、でもすぐにおとなしくなり、を15分おき位に繰り返し。
手術跡が痛くて鳴いてるのかと思って居たのですが。
帰ってきて五時間後静かになったなぁと思ったらオシッコをしてそのまま静かに亡くなりました。

次の日先生に報告しました。
麻酔の経過も順調だったから先生はとても驚いていました。

素人目から見た感じだと心臓が何か悪かったのかと。

フィラリアの薬去年飲ませてなかったのでもしかしたらそれが原因なのか。
血液検査の結果では年齢の割にはとても元気だし、大丈夫でしょうって事で摘出手術してもらったのに。

手術しなければもっと長く生きられたかと思うととても後悔しています。

フィラリアにもしなってる状態で全身麻酔の影響とかやっぱりリスクは高くなりますか?

聖美のままさん ( 宮城県 / 女性 / 35歳 )

回答:1件

Re:愛犬の急死

2014/01/18 16:46 詳細リンク

ペットさんの突然の不幸、質問者様の心中お察し致します。

フィラリア症は犬糸状虫症とも呼ばれ、犬糸状虫が蚊の吸血によって犬の体内に侵入して発症する病気です。犬糸状虫は成虫になると心臓や肺動脈に寄生し、虫体の存在によって血管抵抗が上昇することで循環器や呼吸器が障害を受けます。

全身麻酔は使用する薬剤の影響で循環器や呼吸器の機能に変化が生じる可能性があるため、犬糸状虫症によってこれらの障害があることは麻酔のリスクを高める要因になると言えます。

この度の突然の不幸の背景に犬糸状虫症があったのかどうかは定かではありませんが、質問者様の疑問の解消の助けになれば幸いです。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件
脳腫瘍について tibisukeさん  2014-08-23 15:47 回答1件
施術後の麻痺 wattan2gouさん  2014-07-02 14:59 回答1件
犬の心臓病(?)について Mokuren2014さん  2014-06-21 23:23 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料カナダ留学相談(一般)

カナダの最新情報を元に的確なアドバイス

末永 真一

Canadajournal

末永 真一

(留学コンサルタント)

対面相談

相続のことならおまかせ!(神奈川県川崎市)

相続に関する疑問にお答えいたします。どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

及川 浩次郎

株式会社スリーアローズ

及川 浩次郎

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)