インプラントの打ち方 妊娠希望 - インプラント・歯科口腔外科 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:インプラント・歯科口腔外科

インプラントの打ち方 妊娠希望

心と体・医療健康 インプラント・歯科口腔外科 2007/08/23 10:32

教えて下さい。

インプラントを検討しています。
すでに上前歯2本を5年前に打っています。

今回検討しているのは、3年前に抜歯した右上6.7番です。
義歯を作りましたが合わずに、すぐにやめてしまいました。
骨が減っており、ソケットリフトをする必要があります。

悩んでいるのは、6番だけにするか、7番も打つかです。
というのも、右下7番も状況が悪く、今は上の歯がない為にもっているが
上にインプラントを入れて噛む力が加わる事により
下7番はすぐにダメになる可能性があると言われました。
そうした場合、下7番にもインプラントを打つ必要が出てきます。
7番がなくても、噛む力の10%が失われるだけと聞いたことがあります。
下がダメになるのであれば、上もこのままなくてもいいかなと考えます。

上2本をきちんと打って
下7番がダメになった時点で、下にもインプラントを打つという治療が1番なのは分かってますが

?6,7番は骨が減っている事もありますが、幅もせまくなっています。
素人考えですが、真ん中に打って大きめの歯を入れるというやり方は可能ですか?

?妊娠を希望しています。
インプラントは、すぐに打つ予定ですが、歯を入れるまでに数ヶ月の待ち期間があります。
もしその間に妊娠してしまった場合、治療は可能ですか?
確か、歯を入れる時には麻酔などはしなかったと思いますが。。。
もし妊娠した場合、してはいけない治療がありましたら教えて下さい。
麻酔・クスリ・レントゲンは、妊娠中は全期間×なのでしょうか?

うめぼしさん ( 千葉県 / 女性 / 35歳 )

回答:2件

山内 浩司

山内 浩司
歯科医師

- good

妊娠中のインプラント治療

2007/09/15 15:10 詳細リンク
(5.0)

?6,7番は骨が減っている事もありますが、幅もせまくなっています。
素人考えですが、真ん中に打って大きめの歯を入れるというやり方は可能ですか?

・・・骨量が少なくソケットリフトが必要というご診断ですね。とすると2本のインプラントを植立することをお考え頂いた方が安心です。インプラントは素晴らしい欠損部への捕綴修復歯科治療の選択肢ですが、チタンという金属と我々自身の骨が癒着するオステオインテグレーションという現象を利用して歯根の代わりにするものです。
当然大きな噛み合わせの力に充分耐えうる事が必要です。とすると、チタン表面と骨との結合面積が大きいほど将来的にも有利になるからです。1歯分の欠損に、2本のインプラントを植立させていただくことさえあるんですよ、どうぞ慎重にお考え頂きたく存じます。

補足

?妊娠を希望しています。インプラントは、すぐに打つ予定ですが、歯を入れるまでに数ヶ月の待ち期間があります。もしその間に妊娠してしまった場合、治療は可能ですか?

・・・可能です。ただしやはり大掛かりな外科処置や、レントゲン被爆、投薬は避けたいものですね。これは母体への影響や胎児への催奇性のみならず、精神衛生上も好ましくない事と考えるからです。インプラント治療の事前に良くその事を歯科担当医さまへお伝えになり、1回法などのインプラント手術法を選択していただけるとよろしいと考えます。
妊娠中の歯科治療は月齢5〜8ヶ月の安定期が適しているといわれていますが、個人差もあることですので、産科の主治医さまへも相談しながら続ける事になる事でしょう。また、インプラント治療を途中にしてもご出産を優先し、その後にインプラント治療を仕上げていただく事も可能ですのでフレキシブルにお考え頂いた方がよろしいと考えます。

実はご質問を頂いて割と早く回答させていただいたのですが、システムエラーとのことでその回答がなくなってしまったようです。再回答が遅れてしまいました事お詫び申し上げます&元気な赤ちゃんが授かれるとよろしいですね。

評価・お礼

うめぼしさん

山内先生

ご丁寧な返信ありがとうございます。
??どちらの回答も、とても参考になりました。

早々にいただきました回答も、きちんと拝見しました。
評価やコメントもいれたのですが、システムエラーで全てなくなってしまったようです。
残念です。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


インプラントに過剰な咬合圧が

2007/08/31 20:45 詳細リンク

かからないような設計をされるよう担当医とご相談ください。妊娠中に安全性が確率されている薬はありません。それでも患者さんに利益があると考えられる場合は服用すべきです。リスクとベネフィットを天秤にかけてお考え下さい。判断するのは患者さんご自身です。そのための情報提供を担当医におしませてはなりません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

抜歯した前歯(中央右)の再生と矯正治療について さきさき2010さん  2012-02-18 17:34 回答2件
左下奥7番を抜くか?抜いた後の対応方法は? makanaさん  2015-05-28 22:07 回答2件
前歯が臭います スキッパーさん  2014-10-20 15:57 回答1件
反対咬合の前歯をインプラント治療 ロコ100さん  2014-03-27 02:34 回答1件
インプラント後現在仮り歯 ぷるぷるさん  2013-08-29 15:32 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

専門医によるインプラント治療カウンセリング

あなたに最適なインプラント治療のプランを専門医がご提案!

飯田  裕

つくばオーラルケアクリニック

飯田  裕

(歯科医師/医学博士)

対面相談

インプラント治療 無料対面相談

インプラント治療についてのお悩み・ご質問などすべてお答えします。

宮本 庸一

宮本歯科

宮本 庸一

(歯科医師)

メール相談

インプラント治療 無料メール相談

インプラント治療についてのお悩み・ご質問などメールにてお答えします。

宮本 庸一

宮本歯科

宮本 庸一

(歯科医師)

メール相談 メール相談
吉本 彰夫
(歯科医師)