PTSD持ちの人が選ぶべき物件について - 住宅設計・構造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

PTSD持ちの人が選ぶべき物件について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2013/08/27 09:04

はじめての質問なので至らない所などがあるかと思いますがよろしくお願いします。
東京つつじヶ丘にて賃貸物件を探している者です。
まず前提として私は東日本大震災の被災を受け、地震恐怖症だということを前提にお話を聞いてください。

防災マップを見ても地震の影響がなるべく少ない地域の調布で地盤が強いつつじヶ丘を選び探しています。
今日、物件を探して、二件ほど見つけたのですが、耐震構造的にはどちらがいいのでしょうか?
1 三階立て三階 重量鉄骨マンション 築30年 昭和56年10月築

2 三階立て三階 鉄筋コンクリートマンション 昭和60年築

この二件を内見して検討しているところです。
どちらもしっかりしていて壁を叩く程度ではうんともすんとも言わず、軽い音もしなかったです。
1は一階にガレージと持ち主又は身内の方の家があり全て同じ作りではありませんでした。
縦長です
この家というのは一軒家がすっぽり一階に入ってるという事です。
耐震構造的にどうなのでしょうか。不安です

2は横長の建物で団地などの建物に近い作りでした。
1のように下にガレージが入っていたりなどはしていなく全て同じ作りでした。
素人からすると耐震構造的には2のほうがしっかりしているようですがどうなのでしょうか。

関東で予想されている地震に備え、低層で倒壊しても潰れる事が少なそうな最上階を選びました。
絶対安全な建物などないという事は承知で質問ですがどちらが倒壊の危険性が少ないですか?
もし倒壊寸前でも圧死などが避けれればいいです。

もし地震が起きた場合二つの物件はどういった所に逃げ込めば安全を確保できるのでしょうか?
机などの家具を使って出来る生存の三角スペースなどの確保方法やオススメの家具配置を教えてください。

又、着工日などを考え新耐震基準前の建物かどうかを確認する際は管理会社に問い合わせれば着工日や基準後の建物かどうかなどもわかるのでしょうか。

ころぼんさん ( 東京都 / 男性 / 17歳 )

回答:1件

志田 茂

志田 茂
建築家

- good

新耐震の建物かどうか建築確認済証を確認してください。

2013/08/27 10:35 詳細リンク
(5.0)

新耐震の法規が施行されたのが、1981年(昭和56年)6月1日です。
建築前に行政に申請しますが、その申請内容が法規に照らしてOKだという事を行政が発行した『建築確認済証』が、それ以降の日付なら、「新耐震」の建物です。
不動産屋に聞けばわかると思います。

鉄骨造は、基本的に「揺れる」と考えてください。木造に近い感覚です。揺れる事で地震の力を受け流すというイメージです。
それに対して鉄筋コンクリート造とは、「力でふんばり耐える」というイメージです。
鉄筋コンクリート造の集合住宅の場合、1階が車庫やピロティーになっているものより、住戸になっているオーソドックスなほうが安定感があると考えてもいいと思います。

ただ、新耐震だから安全だ、という事ではありません。十分おわかりだと思いますが、「安全の可能性が高い」という「心理的な部分」でご自身にとってのポイントが高いという事です。
最上階を選ぶのは、ご自身にとって現在の選択肢で最上の選択だと思います。
倒壊する危険があるかどうかの判断は、私達にはできません。地震が起きて部屋の中のどこかがどうなるかも言えません。地震の備えとして、家具を固定する、背の高いものは置かない、タンスなどが倒れる範囲に寝ない・・・一般的に言われる事を実践しましょう。

地震はいつ起きるかわかりません。それ以外にも身の周りに危険がいっぱいです。
311以降、誰にも、地震の不安と恐怖はあります。
『運』というどうしようもない部分もありますが、日々自分を信じて生きるしかないと、私は思っています。

安全・危険の意識は忘れずにいたいですね。

鉄骨
鉄筋コンクリート
確認
地震
選択

評価・お礼

ころぼんさん

2013/08/27 14:33

回答ありがとうございます。私一人では解決できない不安などありましたので大変助かりましたありがとうございます。

>>新耐震の法規が施行されたのが、1981年(昭和56年)6月1日です。
建築前に行政に申請しますが、その申請内容が法規に照らしてOKだという事を行政が発行した『建築確認済証』が、それ以降の日付なら、「新耐震」の建物です。
不動産屋に聞けばわかると思います。

・こちらの件で不動産に問い合わせをしました。
1の物件、2の物件どちらも登記簿謄本というのを取り寄せていただき連絡いただきました。
1の物件は謄本上昭和58年11月1日築で施行日が一年以内という連絡をいただき1の物件は新耐震基準適応された重量鉄骨建物でした。

2の物件は施行日を確認できませんでしたが謄本確認した際に建築日が昭和54年3月29日だったので基準前の建物でした。

・鉄骨、鉄筋によってどのように地震を受け止めるのか知れてとても助かりましたありがとうございます

>>ただ、新耐震だから安全だ、という事ではありません。十分おわかりだと思いますが、「安全の可能性が高い」という「心理的な部分」でご自身にとってのポイントが高いという事です。
最上階を選ぶのは、ご自身にとって現在の選択肢で最上の選択だと思います。
・絶対安心の建物がないのは承知の上でした。確かの安全の可能性が高いことによる心理的不安の解消は大きいです今回も不安な点相談できてとてもよかったです。

>>地震はいつ起きるかわかりません。それ以外にも身の周りに危険がいっぱいです。
311以降、誰にも、地震の不安と恐怖はあります。
『運』というどうしようもない部分もありますが、日々自分を信じて生きるしかないと、私は思っています。
・確かに今信じる事のできる道を選び不安を最小限にして冷静な対応をしたいと思っています。

今回は質問に答えていただきありがとうございました。

志田 茂

志田 茂

2013/08/28 22:32

いろいろあると思いますが、がんばりましょうね!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

都心の狭小地における設計 DEITEさん  2016-08-27 22:03 回答4件
床下の換気について pep25さん  2013-01-14 01:18 回答1件
鉄骨構造の耐震 jonsuさん  2011-05-24 20:27 回答2件
地盤と擁壁について stsyrupさん  2015-04-19 14:49 回答1件
防犯対策について ユデタマゴさん  2015-04-10 13:49 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)

対面相談

自分スタイルの住空間デザイン相談

新築・リノベーション・インテリアなど自分らしい住まいづくりをするために考えます

酒井 正人

サカイデザインネットワーク有限会社

酒井 正人

(建築家)

対面相談

注文住宅の請負契約関係書類チェックと契約立会同行サポート

注文住宅の契約前に契約書や設計図書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)