夫の扶養に入るために必要な書類とは? - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫の扶養に入るために必要な書類とは?

マネー 年金・社会保険 2013/07/04 04:00

はじめまして。
今年二月に夫の転勤先に引越しました。
それまで勤めていた会社は、昨年十二月に退職しました。
二月の末から新たに就職し、働き始めたのですが、就職先には扶養に入る予定であることを話し、扶養内に収まるよう取り計らっていただきました。
いざ夫の扶養に入ろうと手続きを始めると、まず以前勤めていた会社の離職票と年金手帳のコピーを提出するよう求められ、提出しました。(ちなみに返還されていません)
次に、現在の会社の時給や勤務時間や勤務日数などを書く書類を渡され、会社に書いてもらうよう指示されました。
それを提出して終わりかと思いきや、今度は現在健康保険と国民年金に加入していない証明をとってくるよう指示されました。
以前勤めていた会社では、ただ年末調整のときに出す書類を書けばよいという感じだったので、困惑しています。
また、いろいろと調べてみたのですが、手続きに必要なのは直近三ヶ月の給与明細だけと分かり、余計に混乱しています。
証明書を提出すれば、認定してもらえるのでしょうか。
また難癖を付けられるのではないかと不安です。

みみりんさん ( 愛知県 / 女性 / 24歳 )

回答:1件

杉浦 恵祐 専門家

杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー

- good

健康保険組合ならありえます。

2013/08/21 14:29 詳細リンク

みみりんさんへ。

夫の健康保険が「協会けんぽ」ならそこまで言われませんが、「健康保険組合」の中には家族を被扶養者にするのに大変な手続きを要するところがあります。

具体的な手続きはそれぞれの「保険者」(=協会けんぽ、各健康保険組合等)が定めますので、彼らがこの書類が必要だというのでしたら逆らえません。「収入があるのに保険料をとれない本人の家族はできるだけ入れたくない」というのが彼らの本音ですから、落ち度がないように準備した方が無難です。

「手続きに必要なのは直近三ヶ月の給与明細だけ」というのは、あくまでもある保険者の場合で、みみりんさんの夫の保険者が必ずしもそうではないということはご理解ください。

家族
健康保険
手続き

回答専門家

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社OSP 代表取締役
0566-42-1882
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

金融商品の運用結果は表面上のいくら儲かったかで判断してはいけません。税金や社会保険料への影響を考慮した実際の手取り金額で考えるべきです。ご自身の状況に応じた適切な証券投資と税務、社会保険制度等の包括的なプランニングをご提供いたします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

健康保険料、年金、確定申告について。 amaguri106さん  2017-01-19 18:53 回答1件
退職後の税制上の扶養と健康保険の扶養手続き よんよんカフェさん  2009-05-01 22:28 回答2件
退職後の手続きについて むーちゃんさん  2008-06-29 21:42 回答2件
私がするべきことは・・? annoさん  2006-12-28 11:13 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)