辛いです。 - 心と体の不調 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心と体の不調

辛いです。

心と体・医療健康 心と体の不調 2013/07/01 01:30

もともと寝つきがよくなくて
寝るのにも物凄く時間がかかるし
寝ても2時間後に目覚めるみたいな
感じなんですけど、
最近イライラしてるからなのか
小さな音(ドアを開ける音とか)にも
敏感になっちゃってるみたいで
すぐ起きちゃうんです。
それに寝る前と起きてすぐ
嘔吐しちゃうのが1週間以上
続いてるんですよね。
胃液しか出てこなくなるまで
嘔吐して妊娠してるわけじゃないのに
食べ物の匂いでも気持ち悪くなって。
今までイライラしたりすると
嘔吐することはあったのですが
こんなに酷くなくて。
あと小さい頃から爪を噛むくせがあって
今18歳なんですけど未だに
噛むことをやめられません。
爪が短くて恥ずかしいし
やめようと絆創膏を貼ったり
ガムを噛んだりしてるのですが
ふとした瞬間に無意識にやっちゃいます。
どうしたらやめられますか?

たくさん質問してすみません。
よろしかったら回答お願いします。

れうさん ( 山形県 / 女性 / 17歳 )

回答:2件

山口 愛乃

山口 愛乃
メンタルヘルス&ビューティーカウンセラー

21 good

不眠・イライラ・嘔吐等の症状の悪化・噛み爪が止められない

2013/07/01 04:53 詳細リンク

れう様

おはようございます。
メンタルヘルス&ビューティーカウンセラーの山口愛乃です。

ご相談内容拝見いたしました。
今、こうしている間もひとり辛い思いをされているのではと思うと、
気になってしまい…
すこしでもお役に立てればと思い、回答させて頂きますね。

まず、不眠・嘔吐について。

その背景には、お悩み(心配・不安)や精神的ストレスを抱えていらっしゃる方が
非常に多いです。
れう様も、「イライラ」「聴覚過敏」「嘔吐」「噛み爪」と、様々な症状を
お感じですよね。

不眠は、代謝の悪化を招き、睡眠に深く関与している自律神経やホルモンの分泌にも
影響してきます。
できれば、運動による代謝の促進が理想的ですが、睡眠不足の弱った体で
無理に運動すると、逆効果になる場合も考えられますので、

まずは、すぐにできることからお勧めいたしますね。

1、アロマセラピー(芳香療法)
芳香によって副交感神経を活発にすることで血管を拡張させることで、
心身の緊張をほぐし、血流を良くし体温を高め、眠りに誘う作用がある
精油を使用します。

適した精油(エッセンシャルオイル)は、
「スイートオレンジ・ラベンダー・ゼラニウム・プチグレン」など。
これらの精油(エッセンシャルオイル)を用いた療法は、不眠改善の効果が
実証されています。
※良質(100%天然・オーガニック)の精油が理想です。

方法は至って簡単です。
A、吸入(テッシュペーパーに1滴落としたものを枕元に置く)
B、半身浴(37〜39度程度のぬるめのお湯に2、3滴落とし、香りを楽しみながら
入浴する)
※半身浴でも、長時間浸かり続けるより、10分浸かったら出て体を洗い、また
10分浸かるなどの「反復浴」が効果的です。

良い香りは、心も体もリラックスさせてくれます。
よかったらお試しくださいね。

※参考に、私が愛用している精油(オレンジ・スイート/ラベンダー)の画像を
添付します。

次に、噛み爪について。

私は、ネイルの講師/マニキュアリストであり、心理カウンセラーでもあります。
その両方からアドバイスさせて頂きますね。

れう様の噛み爪は、幼少期からとのこと。
爪を噛む癖(習慣)がつく原因は、ご両親に対する愛情欲求(精神不安)寂しさから
始まる場合もありますし、物事がうまく進まないことに対する苛立ちや、自責から
始まる場合もありますが、習慣化してしまうとなかなか治らないのですよね。

噛み爪を専門的には「咬爪症」と言います。
可否で言えば、ジェルネイルなどで見えないようにすることはできます。

私が講師としてマニキュアリストに指導する際
「お爪に何らかのトラブルがある場合、まずは皮膚科にいくことをお勧めする」
ことを、徹底しています。
又、状態にもよりますが炎症を起こしている(お爪の周囲が赤く腫れている場合など)の
施術は不可です。
ですが残念ながら、ネイルサロンに行けばほとんどの所が、医師の許可の有無の確認も
せずに施術に入るとおもいます。

が、れう様のこれからのことを考えますと「治療」をお勧めしたい。
何故なら、一時的に隠すことは出来ても、根本の解決にはならないし、
質の悪いものを使用した場合、弱っているお爪を更に弱める可能性もあるからです。
私からのアドバイスは、

1、お爪に関しては、まず皮膚科に行き相談すること
相談した上で、お医者様の許可が出たら「噛み爪矯正」に力を入れているサロンを
探し、施術を受けるのは、「あり」かと思います。

並行して、

2、心療内科やカウンセリングが受けられる機関で、相談すること
噛み爪は、自傷行為であり、心が鳴らす警笛でもあります。
胸の中にある傷みや不安とゆっくりでいいのでちゃんと向き合い解決することは、
今、れう様の身体に起きている諸症状(イライラ・不眠・嘔吐)の改善・解決にも
繋がります。

心と体は、密接に繋がっています。
そして思考(脳)が、行動を決めます。
どうかご自身を大切に、正しい判断をなさって下さいね。
カウンセラーとして、マニキュアリストとして、お役に立てれば幸いです。
何かありましたら、お気軽にご相談ください。

れう様が、笑顔でイキイキとした毎日を送られますよう、願っています。


メンタルヘルス&ビューティーカウンセラー
山口愛乃

嘔吐
不眠
ストレス

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
快眠コーディネイター 力田 正明

快眠コーディネイター 力田 正明
快眠コーディネイター

108 good

まずは、産婦人科受診・心療内科受診で、心身のバランスを!

2013/07/02 08:58 詳細リンク

れうさん

はじめまして。睡眠・心理カウンセラーの力田正明と申します。

質問の状態を拝読し、心身のバランスが崩れているように察します。不安感やイラつきなどの精神状態、嘔吐という身体症状の発現など、思春期のホルモンバランスの不安定な時期なので、ストレスをとても感じていますよね。その辛さ、よく我慢していると思います。

今のれうさんの状態が、タイトルの「辛いです」に集約されています。ほんとに辛さが伝わってきます。

れうさんのケースは、睡眠改善だけでなく、女性特有の変化の激しい時期なので、産婦人科への受診も検討されることをおススメします。

心療内科よりも、産婦人科受診の方がいいと思います。

まず、産婦人科受診から、心療内科への受診も並行でされて、心身両面のケアをすることをお勧めします。寝付きの悪さや、指をかむ癖などは、心療内科で、対応していただけると思います。

1点だけ睡眠改善のアドバイスを。 朝、起きたら、近くに公園などあれば、20分程度でいいので、木々の下で、深呼吸をしながら、「何も考えない。ただ、ボーっとする時間」を作って下さい。

太陽光に浴びることで、対内時計もリセットされるので、体全体のリズムも整ってきます。 ぜひ、やってみてください。

この回答が、れうさんの一歩踏み出すきっかけになれば、嬉しいです。

何か不安が高くなるようであれば、有料になりますが、電話・スカイプでの相談もしていますので、利用の検討もしてみてください。

女性
カウンセラー
春期
睡眠
ストレス

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

急に嘔吐が gacchanさん  2013-12-27 07:21 回答1件
病気なのか、ストレスがなのか知りたい。 しーちきんさん  2015-03-12 13:54 回答1件
長風呂の心理 もこにゃんさん  2014-10-24 02:20 回答1件
イライラ、物忘れがひどい、憂鬱感… machaさん  2014-10-09 23:01 回答1件
大学中退について くろだんごさん  2014-08-02 22:15 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

東京・銀座の心療内科・精神科

夜間・土日も診療しています

茅野 分

銀座泰明クリニック

茅野 分

(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))

みき いちたろう

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター

みき いちたろう

(心理カウンセラー)

メール相談

心と疼痛の温灸指導

様々な症状でお悩みの方に温灸指導させて頂きます

足立 美穂

鍼灸治療院東洋の森

足立 美穂

(鍼灸師)

対面相談 対面カウンセリング
小柳 義朗
(シニア心理カウンセラー)