生命保険受取人死亡の場合 - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険受取人死亡の場合

マネー 生命保険・医療保険 2013/06/24 16:42

この前、母が亡くなりました。保険の受取人が祖母になっていましたが、祖母は1年前に亡くなっています。母と父は30年に離婚しており、自分と兄は父親に引き取られて育ちました。母は3人の子供のいる人と再婚しました。そして母が亡くなり、再婚相手の人から自分達兄弟の、生命保険の何かに使うので戸籍謄本と印鑑証明が必要と言われました。何に使ったのかわかりません。わかる方おしえていただけませんか。 1度自分で聞いたんですが、言ってる意味がよくわかりませんでした。 戸籍謄本と印鑑証明が何に必要だったのか知りたいです。

takakichi27さん ( 北海道 / 男性 / 35歳 )

回答:1件

藤本 厚二

藤本 厚二
ファイナンシャルプランナー

- good

生命保険金を受け取るための書類と思います。

2013/06/24 17:07 詳細リンク

はじめまして!
お母さんに掛けられていた生命保険の、保険金受取人に指定されている祖母が一年前に亡くなっているため、お母さんの死亡により本来相続人であるあなた方ご兄弟が保険金を受け取る権利が発生してきます。
現実には、お父さんと離婚し離れ離れになっており、またお母さんは別の人と再婚されたため、相続関係が不明確であったかと思います。
この辺の成り行きを再婚相手である新しいご主人はご存じであったかと思います。戸籍謄本や印鑑証明を要求された際に、当然理由をしっかり説明されたと思いますが、あなた方は理解しないまま手渡してしまったものと考えられます。
再婚相手の方は、お母さんが亡くなったことにより、相続人となります。生命保険の指定受取人がいないため、相続財産として本来再婚相手とあなた方ご兄弟が受け取ることができたものと思います。その際に、戸籍謄本や印鑑証明は、もらえるはずの保険金を放棄するような手続きに使用されたものと推測されます。
いろいろと問題はありそうですが、そんな使用目的があったかと考えられます。
ご参考にしてください。

権利
生命保険
保険
相続

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

「相続対策!生命保険の活用方法」に関するまとめ

  • 生命保険に加入しておけば相続税が安くなるって本当?気になる方はチェック!

    生命保険に加入しておけば、万が一の時も安心!それだけでなく、現金を持っているよりも相続税対策として有効とご存知でしたか?「万が一」だけでなく、生命保険を自分の死後、大切な家族を守るために相続税対策としても考えてみませんか?なぜ相続税対策として生命保険が選ばれるのか、相続を考えるときに生命保険を選ぶメリットとは、そんなお悩みを専門家が解説!

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険の受取人変更について はるさくらさん  2008-03-31 19:23 回答5件
主人の生命保険 ゆみみんさん  2013-04-28 00:49 回答1件
終身保険の受取人について(受取人の離婚と死亡) ジャンバルジャンさん  2013-04-13 00:22 回答1件
生命保険死亡保険金受取人名義変更について グルッチさん  2012-09-18 00:51 回答2件
生命保険:死亡保険金の受取人について りんたんさん  2012-09-05 17:01 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)