退職し、年金生活。息子の扶養に入れますか? - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

退職し、年金生活。息子の扶養に入れますか?

マネー 年金・社会保険 2013/05/26 17:37

平成25年3月に退職しました。夫の遺族年金を受給しています。 遺族年金72万円、基礎・厚生年金1,14万円受給。 合計で180万円を超えているので、息子の健康保険の扶養には入れないと思いますが、所得税法上の扶養には入れるでしょうか?その場合、4月に遡って入れますか?


任意継続は「2年間継続できる」と聞いておりました。来年度には国民健康保険に加入しようと考えていたところ、「2年間は同一の保険料で資格喪失できない」と保険証が届いた時点で初めて知り、ショックでした。1年毎の更新ではないのですね?

補足

2013/05/26 21:22

息子の扶養になれるとしたら、パート等で働く場合は年間収入はいくらまで可能でしょうか?
年金+収入の合計額で考えたらいいのでしょうか?

kanakana2013さん ( 山梨県 / 女性 / 65歳 )

回答:1件

松山 陽子

松山 陽子
ファイナンシャルプランナー

- good

所得税上の扶養になれます

2013/07/04 23:08 詳細リンク

kanakana2013さん 初めまして FPの松山陽子と申します。

1~3月の収入は103万を超えていないですか? それなら所得税上の扶養になれます。
もし退職金などを受け取っても、それは除外してくださいね。

現在の年金ですが、遺族年金は非課税なのでカウントしません。また基礎・厚生年金は65歳以上なら120万円控除してもらえるので、年金については所得ゼロです。

今後働くとしたら、1~3月までの給料と合わせて103万円以内であれば、扶養控除の対象になります。

なお、4月に遡る必要はありません。息子さんが勤め先に母を所得税上の扶養にすると報告すれば、所得税額が減るので月々の手取りは少し増えますが、どちみち年末に過不足を精算するので(年末調整)、手続きが遅れても年末調整の還付金が増えるだけで、損得はないですよ。

任意継続の件ですが、保険料を払わなければ喪失します。国民健康保険の手続き前に任意継続を喪失するのはリスクがありますが、やっぱり国民健康保険にしようというのなら、今すぐにでも喪失させることはできます。

不明の点がありましたら、お尋ねくださいね。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

遺族年金受給者を扶養に入れることについて Sutherlandさん  2012-03-05 18:39 回答1件
120万給与受給後退職し、夫の扶養加入可能? フローレンスさん  2009-03-06 14:55 回答2件
国民健康保険税の積算について ノブラッキさん  2009-01-14 13:16 回答1件
任意継続か扶養か harikyuさん  2008-04-07 13:39 回答1件
失業給付金受給中の専業主婦の扱いについて まぐろんさん  2008-02-07 21:58 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)