建物施工業者と揉めています。 - 住宅・不動産トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

建物施工業者と揉めています。

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2013/05/08 17:44

現在、新築工事のため、間取りを考えている最中です。

今月中には着工したいので、急いで進めているのですが、

あと1っ歩のところで、家族から間取りの変更を言われ、建物施工業者に変更をお願いしたところ、

実は間取りの変更は3回までとなっており、以降有料です。

と突然言われました。呆気に取られながらも、そんな内容初めて聞きました。先に通告するべきでは?!と言ったところ、いままでおまけをしていました。と言われました。

私達は、なぜそんな重要内容を言わなかったかというところに腹が立ってなりません。

そういう話は通告義務は無いのでしょうか??

現在150万円の手付金を払った状態ですが、出来るなら解約したいです。出来るのでしょうか?

教えてください(>_<)

きなちんさん ( 東京都 / 女性 / 33歳 )

回答:3件

話し合いが原則かと思います。

2013/05/08 18:21 詳細リンク
(5.0)

文章から判断するだけですので、想像の域を出ませんが、手付とはどの様な性格のお金なのでしょうか?
普通に考えれば建築条件付の売建(建売ではない)の家を購入しようとされていると思いますがそうでしょうか?
純粋な請負であれば、手付金は存在せず、請負契約を締結します。売建住宅は売買契約が原則ですので、建物が完成するまで、売買契約を締結出来ませんので、手付金で買主を拘束します。その手のお金と考えて良いでしょうか?

手付金は、造り手からすれば、折角買主の為に間取りを特化させて家を造ったにも関わらず、途中で建築主の気が変わって、購入しないと云われてしまうと、特化させている分、他者に売り難い不良在庫として残ってしまう訳ですから、手付金を要求して購入の意思を示して貰おうとする性格のお金です。

何事も無く、スムースに話しが進めば、何の問題も無く売買契約が完了するのですが、今回の様に途中で話しがこじれれば、途端に手付金の金額が大きな問題となってしまいます。
手付金を渡した際に、手付金に関する取り決めを文書で売主(工務店)と交わされましたでしょうか。文書があればそれに則って話しを進められますが、無ければこれからの話し合い次第となります。

質問者さんからすれば、当然手付金の返還を要求されるでしょうが、相手さんも今までに要した費用を請求されると思います。建築確認申請等は申請されているのでしょうか?されているのであれば、50万円前後の費用を請求されるかと思います。申請がまだであれば、プランニング一回当たり5万円として15万円前後が妥当でしょう。

いずれにしても、文書による取り決めが無い場合は双方の話し合いが原則です。

契約
請求
売買

評価・お礼

きなちんさん

2013/05/10 16:55

丁寧ご対応ありがとうございました。

やはり、話し合いが必要なのですね、あまり揉めたくないからとつい避けてしまいました。

次回打ち合わせの時間を取ってもらっているので、その際に話したいと思います。

2世帯で建てるため、意見も2世帯分あり、それが何度もの変更に繋がり、このような結果になりました。

もう少し頑張ります。お力添えありがとうございました。

回答専門家

福味 健治
福味 健治
(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

福味 健治が提供する商品・サービス

メール相談

新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

- good

契約の解除は可能か?

2013/05/08 23:49 詳細リンク
(5.0)

アネシスプランニングの寺岡と申します。宜しくお願いします。

さて、ご質問の件ですが、詳しくは取り交わしをされた契約書の内容を確認してみないと何とも言えませんが、まず、契約内容は不動産の売買契約なのか、建物の工事請負契約なのかによっても対応が異なります。

いずれの契約にしても、建物の間取り変更が4回以上の場合が有料というのも変な話です。
もし、間取り変更の費用を請求するのであれば、ご指摘の通り契約時に通知すべきですし、契約勧誘の仕方に問題があれば消費者契約法に反する行為とし、契約は無効とすることも想定できます。
その場合には、契約は解除され手付金等の支払い済みの金銭の返還も求めることになります。

内容的は解約自体は可能かと思われますが、契約勧誘や内容自体に問題があれば違法の場合もありますね。

尚、個別のご相談や詳しい説明をご希望でしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。

■お問い合わせフォームはこちら
http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/tabid/93/Default.aspx

以上、ご参考になれば幸いです。

アネシスプランニング(株)
http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/
電話:03-6202-7622
メール:info@anesisplan.co.jp

戸建て住宅の設計・見積をプロがチェックします!
詳しくはこちら ⇒ http://profile.allabout.co.jp/s/s-4312/

注文住宅やハウスメーカーの契約に関する個別相談 開催!
詳しくはこちら ⇒ http://profile.allabout.co.jp/s/s-2730/

中立的アドバイスで最適な建築家選びをお手伝い!
詳しくはこちら ⇒ http://profile.allabout.co.jp/s/s-3250/

マンション購入&注文住宅建築サポート 受付中!!
詳しくはこちら ⇒ http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/tab6/tabid/60/Default.aspx

契約
相談
注文住宅

評価・お礼

きなちんさん

2013/05/10 17:00

丁寧ご対応ありがとうございました。

やはり、話し合いが必要なのですね、あまり揉めたくないからとつい避けてしまいました。

次回打ち合わせの時間を取ってもらっているので、その際に話したいと思います。

2世帯で建てるため、意見も2世帯分あり、それが何度もの変更に繋がり、このような結果になりました。

もう少し頑張ります。お力添えありがとうございました。

寺岡 孝

2013/05/11 02:07

この度は回答に評価をいただき、まことにありがとうございます。

基本的には請負業者との話合いは必要にはなりますが、解約云々の話になると急に激変する場合もあります。

過去の事案では、何らかの理由をつけて不当な費用請求をしたり、担当者がキレてしまって話にならないなど事例は多々あります。

そうならない為にも、交渉前にはある程度の理論武装は必要かと思います。

また、2世帯住宅の場合には親世帯、子世帯の考え方はご指摘の通り多くのものがあり、その内容をよくヒアリングした上での設計は必要です。
ある意味、2世帯の必然性で請負者はこの点はよく理解しているはずです。

しかしながら、そうした理解度が低く、設計に関するヒアリングが少ないとなれば打合せの度に変更ばかりしてしまうことになるでしょう。

2世帯の設計には、例えば、互いの世帯への気遣いが必要ですし、設備仕様などは、まずは両世帯とも同レベルでの提案をしておくものです。

設計者の実績にもよりますが、施主さまの言うことばかりを聞きいれ、自らの提案がないと頻繁に基本設計は変わってしまいます。

そうなると、なかなか間取りは決まらず、いら立ちやジレンマにはなりますので、大きな問題になる前に解決されることかと思われます。

以上、取り急ぎ回答の評価の御礼まで。

アネシスプランニング(株)
電話:03-6202-7622
メール:info@anesisplan.co.jp

回答専門家

寺岡 孝
寺岡 孝
(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

寺岡 孝が提供する商品・サービス

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

対面相談

新築、中古マンションの売買契約に関する個別相談

新築、中古マンションの契約などのお悩みを個別に解決します!

青沼 理

青沼 理
建築家

- good

重要事項説明はありましたか?

2013/05/08 18:30 詳細リンク
(5.0)

建築士法により
建築士事務所が新規に設計又は工事監理の受託契約を締結しようとする場合(契約前)には
必ず管理建築士又はその建築士事務所に所属する建築士が、
契約内容に係わる法令事項を含む所定の内容(重要事項)について建築主に説明して、
記載内容の書面を交付することが建築士事務所の開設者に対して義務付けらてます。
(建築士法第24条の7)

内容は概ね以下の3点。

1)重要事項の説明及び内容記載書面の交付
2)上記の内容に係わる誠実な履行
3)説明時の建築士免許証等の提示


しかし、これは建築士事務所と建築主が直接契約したときで
建築主と建設会社が工事請負契約をして
その建設会社が設計事務所に設計業務を委託した場合は
直接建築主に対して説明義務はありません。

ひとつ目のポイントは、設計事務所と直接設計契約をしているかどうかです。


次に
契約約款の内容に書いてあることが全てです。
内容を精査しないと手付金150万円の行方はわかりませんが・・・。

いずれにしましても、こじれてしまう前に
できるだけ早く手を打った方が良いと思います。

契約
建築士
内容
設計

評価・お礼

きなちんさん

2013/05/10 16:59

丁寧ご対応ありがとうございました。

やはり、話し合いが必要なのですね、あまり揉めたくないからとつい避けてしまいました。

次回打ち合わせの時間を取ってもらっているので、その際に話したいと思います。

2世帯で建てるため、意見も2世帯分あり、それが何度もの変更に繋がり、このような結果になりました。

もう少し頑張ります。お力添えありがとうございました。

青沼 理

青沼 理

2013/05/10 19:29

評価ありがとうございました。

あまり揉めたくないのはよくわかります。

こじれるようでしたら
早めに第3者を依頼するのも良いと思います。

良い方向に向かうよう
頑張ってくださいね。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

許容される施工上の誤差とは satomi929さん  2012-05-05 20:00 回答2件
契約後の契約破棄について にゃんチュさん  2016-10-28 16:34 回答1件
フローリングの反り mamo0294さん  2016-04-26 09:52 回答1件
アルミサッシ窓の面格子の振動(共振) ななはちさん  2015-04-09 23:59 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)