結婚後の仕事について - キャリアプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:キャリアプラン

結婚後の仕事について

キャリア・仕事 キャリアプラン 2007/08/14 12:52

はじめまして。
私は今年30歳になる4大卒公務員技術職の女です。
実は転勤のある仕事をしている人と結婚する
ことになり、公務員を辞めることになるので、今後の仕事をどうしたらよいか悩んでいます。
Windowsのソフトはアクセスは初級程度ですが、エクセル、ワード、パワーポイントは中級レベルまでは使いこなせます。
その他、我流ですがイラストレーター10も自分でアートワークを作成することができます。
土木技術職で資格も取りましたが、民間の方ほど実力はありませんし、現場に立ち続けられる体力はないと思います。
今後は出産もしたいと考えておりますし、配偶者の転勤のことや、年齢、公務員だった経歴から、民間で正社員や派遣は難しいのではと思います。
しかし、配偶者の給料だけでやっていくのは今は厳しいことと、自己実現と厚生年金を得たい、そして万が一のため自分でなんとか一生働いていきたいのです。
こんな経歴の私でも雇ってくれる民間の会社はあるのでしょうか。
やはり、短期のパートくらいしか雇ってもらえないのが現状なのでしょうか。

ほたるさん ( 北海道 / 女性 / 29歳 )

回答:2件

鴫原 弘子

鴫原 弘子
経営コンサルタント

- good

●スキルを整理して、【新たな道を自身で切り開く】

2007/08/20 11:41 詳細リンク

こんにちは、しぎはらです。

ご主人の転勤に伴い
ご自身の仕事先の変動を余儀なくされる事。

女性の仕事や、キャリアプランを考える上では
考慮しておかなければいけない事でもありますよね。

1.公務員から民間への就職
*ほたるさんのこれまでの職能=スキルにフォーカスして
これまでの仕事の棚卸をしてみてください。
「職能」という点で考えると
一般企業で自身のスキルを行かせる職場が
必ず見つかるはずです。
*公務員から民間企業へ再就職された方も
多数いらっしゃいますよ!

●大切な事は、「公務員という前職」に縛られず
【新たな道を自身で切り開く】という心構えです。

2.一生働いて行く為の、キャリア育て
厚生年金を得るためには
「企業に就職していた時期」が必用ですよね。
また、家計のやりくりを考えると
社員として「育児休暇制度」を利用する事が賢い選択。

詳しくは「家計・ライフプラン の専門家」
羽田野 博子 さんの記事*「賢い女性の妊娠出産」で。
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/15834

●一生働いて行く為には
「ビジネス社会で必用とされるスキルや技術を持っていること」
そのためには、働きながら、常に学び続ける事も大切です。

出産や子育ての時期を利用して
じっくりとスキルに磨きを賭ける事が出来るのも
女性ならではの特権です。

これまでのほたるさんの「実績やスキルを整理」して、
まずは、「民間企業への就職」を目指して
行動してみてはいかがでしょう?

民間の労働市場にトライする事で
新たな方法も見つかるはずです。

*一生働けるキャリア育てについては
こちらの記事をご参考に。
●「離婚・子育て」も恐くない!賢いキャリアとは?
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/16622

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


これまでの経験に自信を待ちましょう。

2007/08/15 12:02 詳細リンク

ほたるさん

はじめまして
ワークスエンターテイメント長谷川現と申します。

ご質問の回答ですが
ほたるさん、今までキャリアに自信を持ちましょう。公務員として経験してきたキャリアを否定する必要はないと思います。これまでの経験を活かして民間企業にて正社員・派遣社員で働くことは可能だと思います。

これまで経験されていることが自分からみると大した事でないと思っても他者からみると素晴らしいことだったりしますのでこれまでの経験を書き出してみてはどうでしょうか。ほたるさんしか出来ないことなどがあると思います。

一番必要なのは「働く意識を変えること」だと思います。多くの方が官から民へ移られる際にGAPに苦しんでられるのはこのポイントになりますのでここをクリアすれば色々な企業に出会うことが可能になります。

また、退職・転勤まで時間があられるのならば自己啓発・スキルの明確化のために資格をとるということも自信に繋がりますよ。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

転職すべきでしょうか 香奈子さん  2011-01-29 14:19 回答2件
志望動機があまいのですか? ecotaroさん  2008-07-19 01:36 回答1件
派遣社員 今後のキャリアプランについて zaq28さん  2011-06-19 01:18 回答1件
これがパワハラというもの? natureさん  2008-04-13 23:11 回答1件
今後特定派遣を今後続けていくにあたって。 たにみずさん  2015-05-29 20:55 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

レッスン・教室

就活 自己分析・探求「自分の“キャラクター”を見てみる」

就活を強い気持ちで望んでいけ、チャレンジしていけます!

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

電話相談

ライフキャリア全般を相談ください!

あなたのキャリアをプロデュース(スカイプ相談)

高木 透

株式会社レイクウイング

高木 透

(キャリアカウンセラー)

タカミ タカシ

日本キャリア・コーチング協会(JACCA)

タカミ タカシ

(キャリアカウンセラー)