生命保険の変更 - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険の変更

マネー 生命保険・医療保険 2006/07/05 11:11

年末に出産し、専業主婦となったため、掛け金の少ない保険に変更しようと思っていますが、どのような保険を選べばよいのでしょうか?
現在の保険は、月々1万円程度の掛け金で、3年ごとに25万円の生存給付金が出ます。入院特約は3000円です。
15年払込で満了になる保険で、今年は5年目です。

よっすぃーさん ( 愛知県 / 女性 / 27歳 )

回答:3件

清水 光彦 専門家

清水 光彦
ファイナンシャルプランナー

- good

専業主婦になられた方の医療保険

2006/07/05 11:48 詳細リンク

ご出産おめでとうございます。
専業主婦になられたのであれば、病気やケガで入院されたときの入院保障に重点を置かれることをお勧めします。
現在ご契約の保険では入院特約が3,000円とのことですが、5,000円以上の保障があったほうが良いでしょう。保険料のめやすは、日額5,000円の保障で20〜30歳代の女性ですと月額1,200〜1,500円程度です。
医療保険を選ぶ際には、「保険期間」と「支払限度日数」がポイントとなりますが、20〜30歳代の方であれば、保険期間は10〜20年程度、支払限度日数も60〜120日程度で選ばれたら良いでしょう。
保障内容が大きく手厚い保険は保険料も高くなります。近い将来の教育費や住宅のことなどを考えて、必要な保険をお選びください。

回答専門家

清水 光彦
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)
株式会社清水保険資産設計 代表取締役

あなたの将来をアシストする"ファイナンシャルプランナー"

限りある人生、夢を実現するには人生の設計図が必要です。保険の見直しをはじめとする保険設計、資産計画の作成、資産形成と管理保全などをサポートしています。お金で悩まず、人生を楽しむためのトータルファイナンシャルプランを実現できたらと思います。

清水 光彦が提供する商品・サービス

対面相談

専門家FPの保険コンサルティング

保険の内容や保険料のギモンを専門家FPがスッキリさせます!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

ご夫婦それぞれの保険の見直しをお勧めします。

2006/07/05 11:48 詳細リンク

お考えのとおり、一般的に専業主婦の方の場合には、大きな死亡保障は不要といえるでしょう。
掛金を抑えるとなると、必然的に掛け捨ての定期保険を選択することになると思われます。

一般的には保険金額500万円(自身の葬儀代)程度で充分かと思われますが、母親に万が一のことがあったときに、ベビーシッターや家事代行などを頼む必要があるならそれ以上の保障が必要です。

逆に、稼ぎ手であるご主人の必要死亡保障額は、お子さんが生まれたことによって増加します。
従って、ご夫婦の加入されている保険をそれぞれ見直されると良いでしょう。

また、死亡保障に加え、病気やけがで入院した場合の医療保障も準備しておけばより安心です。
現在は特約というかたちで入院保障が付いていますが、掛け捨ての入院保険単独で加入するのもよいと思います。

回答専門家

木下 裕隆
木下 裕隆
(東京都 / 税理士)
木下裕隆税理士事務所/有限会社TAC 有限会社TAC代表取締役 税理士・CFP
03-3637-7330
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

適時・適切なTAXプランニングであなたの事業をサポートします

平成21年に事務所を新築し、今までの敷居の高い税理士事務所のイメージを取り払い、気軽に来ていただけるよう明るいカフェのような事務所作りを目指しました。独立開業・法人設立から相続・事業承継まで、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

木下 裕隆が提供する商品・サービス

対面相談

これで安心。確定申告書事前チェックサービス

ちょっと待って。申告書提出その前に!


必要と思われる金額を考えてみてください

2006/07/05 14:38 詳細リンク

よっすぃーさんこんにちは。
出産を機に掛金(保険料)の少ない保険に変更を考えていらっしゃるとのこと。賢明だと思います。
現在ご加入のものは3年に1回25万円の給付金が出る、貯蓄性もあるもののようですので、思い切って保障をメインにしたものに切り替えてみてはいかがでしょうか?
医療保険は入院1日いくらと言う形で書かれているものがほとんどですので、これに30を掛けて1ヶ月いくらで考えていただくと、わかりやすいと思います。ご自分が入院されたときにどのくらいの金額が必要と尾も割るかを考えるなり相談するなりしてください。
死亡保障も、ご自身に万が一のことがあった場合にどのくらい必要になるかと言うところから考えることが無駄をなくすことにつながります。例えば預貯金などでそれなりに用意されているのであれば、わざわざ保険で用意する必要がない方もいらっしゃいます。反面、その預貯金が一定額以上になってくると保険をうまく利用することも選択肢になってきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

特約の見直しについて あゆさん  2013-11-20 16:18 回答1件
生命保険・医療保険の加入について tomohiro1979さん  2012-10-03 10:32 回答1件
生命/医療保険の加入と資産運用 ここのとーさんさん  2010-03-24 01:00 回答4件
医療保険は必要ない?(教員とその妻) rodyrody_wowさん  2008-10-28 03:24 回答8件
結婚後の生命保険と医療保険について ミシェル9176さん  2014-07-06 23:54 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)