副業の確定申告について教えてください。 - 税務・確定申告 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

副業の確定申告について教えてください。

法人・ビジネス 税務・確定申告 2013/02/21 19:31

今年から副業を始め、来年確定申告が必要となるかもしれません。
確定申告は今までしたことがなく、初めてなので調べてもよくわかりませんでした。
教えていただければ幸いです。

副業はネット上のお仕事で、年収がどれくらいになるのかまだわかりません。
20万円以上になれば確定申告が必要になるんですよね?
確定申告を行えば本業の勤め先に分かってしまうのでしょうか?
勤め先は副業を禁止しております。
確定申告をする必要があるのでしたら、会社にわからないように申告をしたいのですが、そのような方法はありますか?
また、申告が必要のない年収であっても会社にわかってしまうことはありますでしょうか?

よろしくお願い致します。

かな02さん ( 新潟県 / 女性 / 28歳 )

回答:1件

平 仁

平 仁
税理士

- good

住民税の選択を必ずして下さい

2013/02/21 22:55 詳細リンク
(5.0)

かな02さん、こんばんは。
ABC税理士法人の税理士で平と申します。
よろしくお願い申し上げます。

ネットビジネスによる副業をされるということですね。
確定申告される際に、第二表の右下の住民税欄に「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」という欄があります。
ここで、「給与から天引き」を選択したら勤務先に副業がばれます。
ですから必ず「自分で納付」に丸をつけて申告して下さい。

この欄は、住民税の納付方法を給与から天引きする特別徴収か、自分で納付する普通徴収かを選択するものなのですが、原則として給与所得者は、住民税を給与から天引きすることとされています。しかし、かな02さんのように、給与所得以外に何らかの所得がある方の場合、勤め先の給与担当者は、副業による所得額を知りませんので、適正な住民税を天引きすることが難しくなってしまいます。
そのため、給与等以外の所得については普通徴収を選択することを認めているのです。
しかし、税法は、2箇所以上に勤務することを想定していないので、副業でも給与の場合だと、現行の書式では対応していませんので、ご注意下さい。

会社に副業がばれるのは、副業をしたからというよりも、副業も給与だったからの場合や確定申告で住民税の選択をしなかったから、という場合のようです。また、勤務態度の変化から疑われたという話も良く聞きます。その点ではご注意下さい。

また、ネットビジネスを継続的、日常的に行うのではない場合には、事業所得ではなく雑所得になります。その場合、所得(売上から売上を得るために直接的にかかる必要経費を引いた金額)が20万円以下の場合には申告不要ですが、反面として、赤字が出た場合でもその赤字を他の所得と相殺できないのが雑所得の特徴です。赤字が出た場合には給与と相殺して還付を受けるのであれば、事業開始届けを所轄税務署に提出して事業所得として、継続的、日常的にネットビジネスを行う必要があります。(稼働時間が深夜のみであっても日常的に稼動していれば問題ありません。)

事業
副業
必要経費
住民税
確定申告

評価・お礼

かな02さん

2013/02/22 01:46

こんなに早くご解答をいただけるとは思っておりませんでした。本当にありがとうございました!

教えていただいた中で、わからないところがあるのですが、また改めて質問をさせていただいてもよいでしょうか?

平 仁

平 仁

2013/02/22 12:28

かな02さん、こんにちは。
ABC税理士法人の平でございます。

コメントありがとうございます。
今日は事務所に戻らないため、返信が週明けになってしまうかもしれませんが、いつでもお気軽にご質問下さい。
よろしくお願い申し上げます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

確定申告で二重経費? fellowさん  2016-02-22 05:35 回答1件
共働きの扶養について chiffon0808さん  2012-11-07 22:33 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料ホームページ診断

ホームページに来ない、ご注文・お問合せ行かない原因を探します。

古堀俊行

オフィスコボリ

古堀俊行

(ITコンサルタント)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

フェイスブックページお悩み相談

facebookで「困っていること」「やりたいこと」を何でも相談下さい。

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)