財政破綻を煽りたてる投資コンサルタントをどう見るか? - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

財政破綻を煽りたてる投資コンサルタントをどう見るか?

マネー 投資相談 2013/02/20 08:42

お世話になっております。今回は不安を煽りたてて金融商品を薦める投資コンサルタントについて質問させていただきます。

とある在外邦人の投資コンサルタントが日本人向けに投資情報や投資仲介サービスを行っています。その投資コンサルタントは日本の財政破綻、ハイパーインフレ、預金封鎖などを煽りたて、さらには原発事故の後では日本の終わりを吹聴しています。
一方でフィリピンの不動産投資を薦めています。

もう1例を挙げます。「老後に1億円必要」とテレビCMを流している日本国内の投資コンサルタント会社があります。その会社もセールストークで財政破綻、ハイパーインフレ、預金封鎖を煽りたてています。
ちなみにこの会社、過去にタイの保険会社への投資案件での詐欺に関係しており、投資家に損失を与えています。

まったく胡散臭い連中ですね。もちろん経済予想として財政破綻はあり得ます。しかし、財政破綻と投資案件が一致してはいません。投資案件は「危機を乗り越えるにはコレですよぉ!」と、一点豪華主義のような海外投資です。

質問です。このように財政破綻を煽りたてる投資コンサルタントを、同業者(もしくは関連業界)としてどう見ていますか?「財政破綻」を口にした時点で無視したほうが良いですか?どうぞご教示のほどよろしくお願いいたします。

参考として悲観論と投資案件が一致している例を挙げます。米国の不動産バブル崩壊を予言していた投機家は、不動産価格の値下がりに賭けるヘッジファンドを立ち上げて巨額の利益を生み出しました。その投機家は今度には日本の財政破綻に賭けるそうです。こういう投機家は素直で好感が持てます。

Moriya, Tomoさん ( 東京都 / 男性 / 34歳 )

回答:1件

荒川 雄一 専門家

荒川 雄一
投資アドバイザー

2 good

資産運用は「プロセス」が重要だと思います!

2013/02/20 12:03 詳細リンク
(5.0)

Moriya,Tomoさん、はじめまして!
国際フィナンシャルコンサルタントの荒川雄一です。
さて、私の専門分野でもありますので、私見を述べさせていただきます。

まず、「日本の財政破綻、ハイパーインフレ、預金封鎖」といった問題ですが、私も10年以上前から、指摘はさせて頂いています。
ただ、上記のようなハードランディングよりは、いわゆるアベノミクスの「成長戦略」が上手くいかなかった場合、さらなる財政悪化、円の信用低下による円安加速、インフレの進行といった流れによって、スタグフレーション(経済成長の伴わない物価上昇)がまずは起こる可能性が高いのではないかと考えています。
そこから先は、正直わかりませんが、最悪な事態として国債のデフォルトということも起こりえます。従って、国民としては、“将来どうなってもよいように”想定しておくことは必要だと思います。

投機的な取引は別として、資産運用の観点からは、将来の様々な“シナリオ”に基づいた対応が必要です。
今のようなデフレが今後も続けば、預貯金だけで問題は無いでしょうし、インフレが加速するようであれば物価上昇に伴い価格が上がる有価証券投資も必要となるでしょう。

また、将来の円安に備えるのであれば、外貨保有は有効な手段となります。
外貨保有も、一般的に言われていることですが、投資家の「リスク許容度」や「運用目的」に照らして、外貨預金や外貨MMFでよい人もいると思いますし、海外ファンドのような有価証券投資でより高い利回りを目指す人もいます。

要は、その方の「運用目的」に基づいて、きちんとしたプランニングを行い、その計画を実行する為に、どのような資産で運用を行うのが良いのかを決める“プロセス”は、円建であっても、外貨建であっても変わらないと思います。

従って、総論としては、「円安」対策としての外貨保有・投資は賛成ですが、各論としていきなり商品が出てくるのは、違和感を覚えます。
少なくとも、金融商品に中立で、顧客サイドに立った投資アドバイザーは、「運用プラン」が構築できるまでは、特定商品を紹介することは、通常考えられません。

投機的な取引を望まれないのであれば、ご自身のライフプランに基づいた「運用プラン」を構築されてから、その中の「円安対策」として、外貨保有の在り方を考えるべきではないかと思います。
ご参考としてください。

補足

補足ですが、私は20年以上不動産コンサルタントとしても業務を行っていますが、国内でも不動産投資を“出口戦略”まで見通して行うことは、そう簡単なことではありません。
ましてや土地勘や文化の違う新興国の不動産投資は、かなり“投機的取引”であると考えたほうが良いと思います。

投資アドバイザー
資産運用
海外ファンド
投資
ライフプラン

評価・お礼

Moriya, Tomoさん

2013/02/21 03:27

ご回答ありがとうございます。ご指摘のシナリオではジワジワとスタグフレーションが進行するのですね。
私の認識では、財政破綻というキーワードは詐欺師が多用するのでイメージが悪くなっているのです。

荒川 雄一

2013/02/21 11:11

評価ありがとうございます。そうですね、確かに煽る言葉として「財政破たん」はインパクトが強いと思います。結果、どうなるかはわかりませんが、個人的には、「外貨保有」の選択肢は是非検討していただき、ただし、個別商品は、きちんと見極めるという対応が必要だと思います。
回答にも書きましたが、「円安の危機」=「特定商品」では、絶対にないと思います。

回答専門家

荒川 雄一
荒川 雄一
(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

荒川 雄一が提供する商品・サービス

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

証券会社から投信の買い替えをすすめられています。 あかねakaneさん  2011-03-01 14:26 回答2件
このまま投資信託の積立を続けていいのでしょうか? あき99さん  2008-10-28 16:09 回答4件
確定拠出年金の見直し ポコポコポコンさん  2007-12-08 02:14 回答7件
投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
投資信託と販売会社の選択基準について pokaさん  2008-10-20 22:49 回答6件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)