遺産分割協議が行われていないまま、相続登記された土地について - 遺産相続 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

遺産分割協議が行われていないまま、相続登記された土地について

人生・ライフスタイル 遺産相続 2013/02/16 14:00

主人の祖母の相続についてです。
主人は学生時代に両親に懇願されて祖母の養子となりました。その後他県に就職していましたが、祖母が高齢で一人暮らしをしていたため、転職をし、祖母が昨年なくなるまで夫婦で祖母の手伝いと看護をしていました。
が、主人の祖母が亡くなったあと、他県に住む主人の母に全財産を残すという遺言をもとに、土地、現金などすべて母が相続することに。
母いわく、遺言書には「一旦預かって話し合いで財産を分ける」「祖母の家には主人とその家族に住んでほしい」とのことだったので、話し合いの機会を待っていましたが、両親は遠方であること、初盆、一周忌にも話し合いがなかったため、遅ればせながら公証役場に遺言書を確認したところ、全財産を娘(主人の母)に残す、という内容以外の記載はありませんでした。祖母の手伝いをしながらも、我々が無理と判断した作業を断ったり、出産や育児で足が遠のいた時期があり、その頃にそれを不服とした祖母が遺言書を書いたようです。
遺留分と寄与分について母に話し、改めて協議をしたいと言ったところ、祖母の土地に住む場合は、母名義の土地の家に家を建てることを希望、もしくは(不満があるようですが)土地の権利を渡すが、贈与税を負担しろ(現在は借家のため、いずれ売却し、便のいい土地を購入予定です)と言われています。現金の遺産は渡す予定はないそうです。

主人が土地の権利をもらい、名義を主人に書き換えた場合は、相続の一部として土地をもらう旨の遺産協議書をこれから作ったとしても、贈与税がかかるのでしょうか。

shibakoさん ( 岡山県 / 女性 / 38歳 )

回答:2件

新谷 義雄

新谷 義雄
行政書士

1 good

遺産分割協議が行われていないまま、相続登記された土地について

2013/02/16 14:50 詳細リンク

行政書士・1級ファイナンシャル・プランニング技能士の新谷がお答え致します。


公正証書遺言が残されていたと言う事で現状ではご主人のお母様がお祖母様の全財産を管理していると言う事ですね。



公正証書遺言で不動産の名義変更ができますので、相続登記もその手段でされたのかも知れませんね。


ただし、遺言書が残されている場合でも相続人全員の合意があれば遺産分割協議にて財産分割が可能です。
公正証書遺言が遺留分減殺請求権にひっかかっているので何らかの対処ができるかと思いましたが、減殺請求権の時効が完成していました。



お母様の気が変わらないうちに遺産分割のやり直しをしてしまう方がトラブルもないかと思います。
もしくは住宅取得の為の土地の贈与なら「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税」と言う制度があります。特に贈与税がかからない手段なら他にもありますね。



もし、手続きでご不明な点があればいつでもご相談下さい。

行政書士しんたに法務事務所

http://legal-kyoto.com

補足

すいません。訂正です。直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税は金銭等のみの贈与に関して非課税になります

公正証書
遺産分割
遺言書

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
藤本 厚二

藤本 厚二
ファイナンシャルプランナー

- good

遺産分割協議を行うことも可能です

2013/02/16 15:45 詳細リンク

Shibakoさん 初めまして、意見のすれ違いがあったようですね。少々残念ですが、問題点を整理しますと、遺留分請求と遺産分割協議書の作成の2点がありますね。
まず、相続人の整理をしますと、祖母が亡くなる時に、祖母の配偶者や両親がないとの前提では、ご主人の母親と養子であるご主人の2名かと思います。本来ですと相続財産の2分の一づつが相続分になります。遺言により全部を母親が取得することになったため、ご主人の本来の相続分に2分の一が遺留分として、請求の対象となります。しかし、遺留分の請求(減殺請求)の時効が1年ですので、既に過ぎているかもしれません。
次に、遺言により決められた遺産分割も、相続人の合意協議書が優先しますので、正式な遺産分割協議書ができれば、合意書による遺産分割が可能です。
お母さんの言い分をある程度聞き入れ、希望に沿う形で遺産分割協議書を作成し、もう一度やり直すこともよろしいかと思います。この協議書による名義替えについては、あくまでも相続による取得ですから、贈与税はかかりません。
ただし、土地の権利をそっくり相続し、本来の相続持分を超える部分については現金等を支払うことにより、土地の細分化が避けられます。代償分割と言いますが、見合いの資金がない場合には共有持分にするしかないと思います。

遺産分割
協議
贈与税
遺言

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

「相続登記」に関するまとめ

  • 相続の不動産登記でトラブル発生!相続登記にお悩みの方は相続登記に強い専門家にご相談を!

    相続の中でも土地や家など不動産を相続する場合に問題が複雑化することが多いですよね。不動産登記を取得したらとんでもない登記で登録されていた!なんてことも結構あります。相続登記に必要な書類や手続きも初めての事で分からない。。。という方もいらっしゃると思います。 そういう方は専門家プロファイルに登録している相続登記に強い弁護士や司法書士などの専門家に相談されてみてはいかがでしょうか? 相続登記について専門家の書いたコラムや相続登記の質問に専門家が答えたQ&Aをまとめてみました。

このQ&Aに類似したQ&A

相続の遺留分等の負担を軽減したい lilyroseさん  2013-09-27 01:21 回答1件
私自身が亡くなった際の相続について pokeさん  2015-09-02 21:38 回答3件
相続について torikococoさん  2013-01-16 23:43 回答1件
相続についてご教授を御願い致します。 motaさん  2010-06-02 17:06 回答5件
遺産の分け方 gohanippaiさん  2014-01-28 13:00 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

相続税還付の可能性無料診断(東京事務所)

相続税申告後5年以内の方を対象に、相続税の過払いがないかを無料診断します。

高原 誠

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

高原 誠

(税理士)

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談

相続対策・不動産に関する無料相談(東京事務所)

相続・不動産専門の独立系コンサルティング事務所「フジ総合グループ」です。何でもお気軽にご相談下さい。

藤宮 浩

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

藤宮 浩

(不動産コンサルタント)