特定口座を源泉徴収ありにするメリット・デメリット - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

特定口座を源泉徴収ありにするメリット・デメリット

マネー お金と資産の運用 2013/02/11 20:34

特定口座を「源泉徴収あり」にするメリット・デメリットについて教えてください。(2社の証券会社で開設する前提)

【前提】
・会社員です。転勤で持ち家を貸している関係で、毎年確定申告しなければなりません。つまり、確定申告自体はそれほど苦にならない(毎年しなければならないので・・・もちろん記入はシンプルで少ない方が良いですが)。
・2つの証券会社で株や投信などで特別口座を開設した際、「源泉徴収あり」とするメリットは何でしょうか。

例えば、

【株や投信でマイナスとなった場合】
両方マイナスだったら問題にならないですが、一社マイナスで一社プラス(源泉徴収されてしまっている)の場合、取り戻す申告(記入)をする分手間です。「あぁ特別口座(源泉徴収なし)にしておけばよかった」ということになりますよね。


【利益が20万円以下の場合】
申告せずに税金を払わなくてよかったにもかかわらず、特定口座(源泉徴収あり)にしたために税金を払うことになってしまった。これも、「あぁ特別口座(源泉徴収なし)にしておけばよかった」ということになりますよね。

【利益が20万円超の場合】
通常、確定申告しない人にとっては、申告不要な「特別口座(源泉徴収あり)」にしておいて良かった・・・となりますが、毎年申告する人にとってはどっちも同じです。

てことで、毎年確定申告する運命にある人は「特別口座(源泉徴収なし)」を選択すべき、という結論でよいでしょうか。

tama2012さん ( 東京都 / 女性 / 43歳 )

回答:1件

杉浦 恵祐 専門家

杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー

- good

結論は簡単ではありません。

2013/02/16 10:42 詳細リンク
(5.0)

tama2012さんへ。FPで証券税制、国民健康保険料対策が得意分野の杉浦恵祐です。

「特定口座(源泉徴収あり)」なら利益が出ていても、確定申告するからといって、その分を申告(記載)する必要がありません。

「特定口座(源泉徴収なし)」、「一般口座」なら利益が出れば、原則はその分を申告する必要があり、売却代金は本人の収入、利益は所得となります。

本人の収入や所得が増えれば、家族の配偶者控除、扶養控除、住宅ローン控除等の適用の可否や、国民健康保険料、後期高齢者医療制度保険料、高額療養費、医療費自己負担割合等の計算、所得制限のある行政サービス(公営住宅、育児、奨学金等)等に影響が出るケースがあります。

会社員で国民健康保険等とは関係がないし、所得はある程度あるから有利な行政サービスを受けていないとしても、所得証明に載る所得が増えることで本当に自分と家族にデメリットがないか念のため検討することをお勧めします。

証券
国民健康保険
申告
所得
源泉徴収

評価・お礼

tama2012さん

2013/05/17 00:17

お礼が大変おそくなりました。ありがとうございました。

回答専門家

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社OSP 代表取締役
0566-42-1882
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

金融商品の運用結果は表面上のいくら儲かったかで判断してはいけません。税金や社会保険料への影響を考慮した実際の手取り金額で考えるべきです。ご自身の状況に応じた適切な証券投資と税務、社会保険制度等の包括的なプランニングをご提供いたします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

扶養内主婦 株取引 ぷちこめさん  2015-05-31 16:52 回答1件
専業主婦の投資信託の運用について parfaminさん  2009-07-27 17:29 回答1件
投資信託のリバランスについて ブラックロックさん  2013-12-08 18:46 回答2件
余裕資金の運用について カプカープさん  2015-06-26 12:45 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

森本 直人

森本FP事務所

森本 直人

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

吉野 充巨

オフィスマイエフ・ピー

吉野 充巨

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 資産運用相談(アドバイス専門)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 実務家FPによる貯蓄・資産運用相談
平野 雅章
(ファイナンシャルプランナー)