マンション購入と教育資金 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

マンション購入と教育資金

マネー 家計・ライフプラン 2007/08/10 22:51

夫(44歳)私(41歳)高3と中3の息子がいます。
夫は単身赴任中です。私と子供たちは社宅にいますが、あと3年で出なければなりません。

近所にH21年完成のマンションが売り出されました。
4400万円です。場所やセキュリティなどとても気に入ったので購入したいのですが、子供たちのこれからの教育資金のことで悩んでいます。

年収800万円、貯蓄2500万円(うち、800万円財形)です。私も年間100万円分働いています。

このマンションはもうすぐ売り出しです。人気の物件なので、すぐに売り切れると思います。

長男が国公立の自宅通学に決まれば、問題ないと思うのですが、長男が私立他県、次男が私立高校になった場合、ローンの支払いは難しいでしょうか?
近所で賃貸するとなると、最低13万かかります。だったら、ローンを返済するほうが負担が少ないとおもうのですが、もう少し安い物件にするべきでしょうか?

よろしくお願いします。

がれっとさん ( 愛知県 / 女性 / 41歳 )

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

マンション購入と教育資金の件

2007/08/11 19:21 詳細リンク

がれっとさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

がれっとさんの場合、お子様がそれぞれ高3と中3ということもあり、これからが教育資金の本番となります。

教育資金がこれからかかる時期にマンションを購入しても大丈夫かどうかにつきまして、キャッシュフロー分析により、ある程度のシミュレーションは可能ですし、きっと、がれっとさんの不安も解消できると考えますので、もしよろしければお申し出ください。

尚、マンションを購入する場合、4,400万円のうち、頭金として2,000万円程度を充当すると思われますので、住宅ローンは2,400万円前後かと思われます。

これを金利3.5%・35年返済とした場合、月々の返済額は99,000円程度。
3.5%・30年返済とした場合、月々の返済額は108,000円(いずれもボーナス返済なし)となり、賃貸よりも断然有利となります。

住居費用の面からみた場合、購入を前向きにご検討されてもよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

老後まで視野に入れて考えてみましょう。

2007/08/11 06:06 詳細リンク

がれっとさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

これから、教育費のピークですね。
お子さんのための教育資金は別にありますか?
それとも今の貯金から取り崩しますか?
それによって、頭金に使っていい金額が異なってきます。

ある程度のものがあるとして
物件価格4400万円、諸費用200万円とすると貯金から2000万円を使った場合、ローンが2600万円となりますね。

現在44歳のご主人の場合、ローンの返済期間は20年くらいがいいでしょう。金利3.5%で考えると毎月の返済額は15万円くらいになります。

10年後には教育費が終わりますので、当初10年固定であればもう少し返済額を抑えることも可能ですね。

・現在100万円の収入のがれっとさんが扶養にこだわらず働く。
・お子さんが自宅外通学の場合は奨学金を借りる。

などして乗り切ることは可能ではないでしょうか?

一番いいのはキャッシュフロー分析を受けてみることだと思います。ご主人の退職金や企業年金なども調べて老後まで考えたライフプランを作ってみるといいですね。

賃貸の場合は生涯家賃が発生します。それを考えるとここでマンションを購入したほうがいいと思いますが、物件価格を下げたほうがいいかどうかは詳細な情報が必要となります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

マンション購入、住宅費負担が心配 nutsさん  2012-08-10 11:36 回答2件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
貯蓄と楽しみのバランス kkym923さん  2012-05-18 00:07 回答2件
中古戸建て購入か、新築か まゆまゆっちさん  2010-02-01 11:07 回答3件
今後のライフプランの相談にのってください。 ラブレターさん  2009-06-20 00:05 回答6件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)