資産配分・保険の見直しを検討しています - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

資産配分・保険の見直しを検討しています

マネー 家計・ライフプラン 2013/02/08 22:00

第1子出産に伴い、
・保険(病気や死亡リスクへの対応)
・教育資金や老後資金を確保するための資産形成(現預金・貯蓄性保険・金融商品)を目的とした配分の見直しを考えております。


【家族構成】
夫 31歳(正社員)
妻 29歳(正社員)
長男 0歳
※ 3~5年後に第2子を授かりたいと考えています。


【年間収支】
手取年収 : 800万 (夫 540万、妻 260万)
年間支出 : 400万


【資産】
現預金 1400万
日本株式 220万
日本株投信 430万
持家マンション(ローン完済)


【加入保険】
都民共済 総合2型(掛け捨て) 2000円/月 夫・妻それぞれ加入



保険代理店の無料相談で、「現金が比較的多いのでなるべく掛け捨てでないもの・貯蓄性のあるもの」という観点で以下の商品を提案されました。適切な内容でしょうか?

1、 東京海上 メディカルkit R 主契約 10,000円タイプ
払込保険料(月払) 5,870円 × 12ヶ月 × 終身

2、 アフラック 三大疾病保障プラン 保険金額 5,000,000円
払込保険料(年払) 127,795円 × 29年

3、アフラック 終身保険 保険金額 30,000,000円
払込保険料(全期前納) 13,786,320円


1について、70歳までの分は掛け捨てにならず、70歳以降については現時点で加入した金額で終身払いになるということで、老後の医療保険代が安くなるとのことです。

2について、60歳以上生きれば解約払戻金が掛金に対して100%以上になることと、途中で病気・死亡の場合でも、掛金以上の保険料がもらえるとのことです。

3について、契約7年目から解約払戻金が100%以上になり、その後年率1.4%程度の利回りになるとのことです。


繰り返しになりますが、年齢や家族構成などを踏まえて、どのような配分で運用すべきか、また、健康保険や遺族年金等の公的保障を併用した上で、病気等のリスクに費用対効果で適したものはどのようなものか教えていただければ幸いです。

ピョンきちさん ( 東京都 / 男性 / 31歳 )

回答:1件

寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

- good

無料の保険見直しには注意が必要か??

2013/02/09 02:25 詳細リンク

アネシスプランニングの寺岡と申します。宜しくお願いします。

さて、ご質問の件ですが、最近、無料相談で勧められる終身保険には現金の多少を問わず低解約返戻金型タイプの保険を勧めてきます。
これには、代理店の手数料が高い保険を勧める傾向にありますので、その保険の良し悪しはよく検討すべきです。

そこで、少し基本的な知識についてお伝えしたいと思います。

まず、保険を貯蓄代わりとする考え方ですが、本来、保険は貯蓄と違います。
それは、保険料の仕組みを理解するとよくわかります。

いわゆる「掛け捨ての保険」の保険料の仕組みは、付加保険料(保険会社の儲けや運用の費用)+危険保険料(年間の死亡率で決まる)の2つで決まっています。

これに対して、「貯蓄になる保険」は上記の2つの保険料に加えて、生存(貯蓄)保険料の3つで構成されています。

こう見ると「掛け捨て保険は損だ」とは言えないことがわかりますし、貯蓄のために余計な保険料を払っていることは把握しておくべきです。

次に、生保の貯蓄性の高さを示す指標として、予定利率という指標があります。
これは、契約時に保険会社が契約者と約束する保険料の割引率を指し、例えば、利率が3%であれば保険料を3%割引することを意味します。
で、その3%分は保険会社が運用を行い、割引分を稼ぐということが前提となるわけです。

過去にこの利率が5.75%という時代がありましたが、現状ではかなり低い利率ですので、貯蓄性が高いとはいいがたいところです。

こうした点を鑑みると、勧められる保険のメリットデメリットが理解できるかと思います。

最後に病気などのリスク対応ですが、医療費などが現金で対応できれば、無理に医療保険に加入する必要はないと思います。
どうしてもという場合には、入院日額5,000円の最低ラインの保障で終身払いのものを検討すべきでしょう。
今後、国の医療制度がどう変わるが不明ですので、その際に見直しできるようにしておくことです。
入院日数は平均17日程度で一般的な病気やけがの入院は短期化していますので、長期入院の保障は無駄になります。

無理に現金を出して、保険に換えるには注意されるべきです。

以上、ご参考になれば幸いです。

アネシスプランニング(株)
http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/
電話:03-6202-7622
メール:info@anesisplan.co.jp

保険見直し
終身保険
医療保険

回答専門家

寺岡 孝
寺岡 孝
(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

寺岡 孝が提供する商品・サービス

対面相談

住宅ローンの借換えと生命保険の見直し個別相談会

お金がかかる年代の住宅ローンの見直し方と保険の見直し方をまとめて伝授します!

その他サービス

賃貸物件内見代行サポート

希望賃貸物件の内見をセカンドオピニオンが代行します!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

資産配分・保険の見直しを検討しています ピョンきちさん  2013-02-13 17:24 回答3件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
海外在住、キャッシュフロー表の作成 vodafone123さん  2014-01-30 09:11 回答1件
家計診断(保険、資産形成、教育資金、住宅購入)お願い到します 新米ママ検討中さん  2012-01-10 09:37 回答3件
家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マネー相談

教育費・年金・資産運用・住宅購入・相続などに関する面談

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

辻畑 憲男

株式会社FPソリューション

辻畑 憲男

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

支出を減らし貯蓄ができる家計診断(家計診断書&提案書付)

過剰な支出がひと目で分かる家計診断を行いますので、今月からすぐに貯蓄ができるようになります。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)