保険加入&住宅購入について - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険加入&住宅購入について

マネー 家計・ライフプラン 2007/08/10 14:45

初めまして。現在妊娠9ヶ月専業主婦のk&n&sと申します。
今後の家計のやりくりについてアドバイスをお願いします。

主人(31歳)手取り30万 賞与30万 貯金100万

家賃:7万
主人お小遣い:3万
個人年金:1万2千円
通信:7千円
携帯(2台):7千円
生活費:6万
貯金:5万〜10万
保険(二人掛け捨て):4千円

大まかな一ヶ月の収支は上記です。
出産後は学資保険を加入予定です。
また現在都民共済の掛け捨ての保険に加入していますが終身保険に加入したほうがいいかなと考えています。
保険はいくら位掛けた方がいいでしょうか?
また住宅購入を考えていますが、頭金がどのくらい貯まったら購入したほうがいいでしょうか?家賃を考えると今すぐにでも購入を考えたほうがいいのか悩みます。

手取り以外に天引きで3万円の財形貯蓄をしています。

出産後は出来るだけ早く私も働きたいと考えています。
しかし就職先があるかわからないし、保育園も空があるかわからないので私の収入に関しては加味しないで今後を考えていく予定です。

k&n&sさん ( 東京都 / 女性 / 29歳 )

回答:2件

大間 武 専門家

大間 武
ファイナンシャルプランナー

- good

生活が大きく変わる時期は事前準備が重要です。

2007/08/10 15:45 詳細リンク
(5.0)

k&n&sさん、ご質問ありがとうございます。
ファイナンシャル・プランナーの大間です。

新しい生命の誕生までもうすぐですね。
まだまだ暑い日が続きますので体を大事にしてください。

さて、ご質問の件ですが
<保険について>
もしもの時にどれくらいの保障があったら
k&n&sさんご家族が安心できるのか?
という観点から保障額を出していただき

その保障を確保するためには
どれくらいのコストがかかるのか?
という点から
現在の家計収支の中で負担できるのかどうかの確認をしてみましょう。

保険・保障はその家族にもしも時があったら・・・の場合に準備するものなので
考え方によって保険による準備はそれぞれ違います。

<住宅購入について>
住宅購入については、一番重要なのが
「k&n&sさんご家族がどういう場所に
どういう住宅に住みたいのか?」です。

大金を投じて購入するわけですから、
金額の面も確かに大事ですが
k&n&sさんご家族の納得度の高い住宅を購入していただきたいです。
立地や設備の内容など調査・研究が必要です。

<k&n&sさんの労働について>
働きたいという気持ち大事にしてください。
準備は今からでもできます。

k&n&sさんの得意な仕事、今まで経験した仕事、
これから新たにチャレンジしてみたい仕事など
求人募集の折込チラシや無料の冊子、インターネット
派遣会社など情報収集や研究を行いましょう。

働き方についても
k&n&sさん家族にとって働きやすい勤務形態や条件を考えていただき
それを元に実際の情報と比較して見ましょう。

早めの行動と準備が今後を大きく変えます。

評価・お礼

k&n&sさん

早い返信。
適切なアドバイス。

今後の調査・研究の励みになりました。

ありがとうございました。

回答専門家

大間 武
大間 武
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


保険加入&住宅加入についての回答

2007/08/10 22:17 詳細リンク

k&n&sさん

はじめまして、山本と申します。宜しくお願いします。

生命保険について、基本的な保障としては、死亡保障と入院保障になります。
ご主人の万一のときの保障は、ご出産を控えたかたですと気になるところですね。
生命保険を検討するときには、まず加入の「目的」「金額」「期間」を決める必要があります。
「目的」は、万一のときに受け取った保険金を何に使うのかということです。例えばお葬式代・家族の生活費・お子さんの教育費・住宅資金など。
公的な保障も考慮して、それをいくら保障すればよいか。いつまで必要か。この3つが決まればじぶんにぴったりな保険ができるとおもいます。
入院保障も同様に考えるといいですね。
ただすべての必要資金に対して保険で手当てするとかなりの保険料になることが予想されますので、優先順位を考えることも必要です。
ただご自分だけで考えるのが大変であれば専門の方にご相談するのが良いかと思います。

住宅購入については、物件によってもかなり変わってきますが、まずは無理のない余裕のある返済を心がけてください。住宅購入後には、固定資産税の支払いもあります。お子さんの成長につれて教育費の支払いもどんどん増えていくと思います。

まずはライフプランニングを行ってみてはいかがでしょうか?キャッシュフロー表を作成し資金の流れをつかむと具体的に見えてくると思いますよ。

少しでもお役に立てれば幸いです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断と将来のアドバイスをお願いします sai0811さん  2009-04-22 22:15 回答3件
家計診断お願いします ひなたぼっこさん  2008-10-13 12:40 回答4件
家計診断・老後資金の相談お願いします。 ケツメらぶ☆さん  2008-08-08 13:55 回答5件
高齢夫婦の子供の教育費出産は可能か nunuさん  2009-01-23 16:32 回答5件
子供が出来るのですが、、 ほーほーさん  2008-10-07 23:18 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)