田んぼ跡地のマイホームについて - 新築工事・施工 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

田んぼ跡地のマイホームについて

住宅・不動産 新築工事・施工 2013/01/13 20:44

現在、田んぼを農地転用した土地を埋め立てする段階です。

田んぼ⇒150坪、深さ2.5メートル(周囲との高低差)



フラット35Sの契約を一昨年9月に契約、今年の9月で契約が切れます。
その為、契約が切れる前に建物完成したいのですが、最近土を入れた後は寝かした方が良いと言われました。

★梅雨を超したら、地盤は安定するのでしょうか?
★それとも、梅雨前に土を入れて3ヶ月ほど寝かしただけでも大丈夫でしょうか?


また、土がある程度沈んで建物が少し下がると言う話は聞いており、建物自体は補強しております。
しかし、家周りの地盤が下がったことによって水道管がずれて水漏れなどする可能性があると言うことについては知らなかったので、大変不安です。

★水道管がずれることはあるのでしょうか?


フラット35Sの後に出たフラット35Sエコの契約は間に合わなかったので、ローンの組み方もわかなくなってきました。

★ローンの組み方はどうしたらいいのでしょうか?フラット35Sの期間は伸ばせないのでしょうか?


どうぞ宜しくお願い致します。

いななんさん ( 愛知県 / 女性 / 31歳 )

回答:2件

寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

- good

農地を造成して家を建てる場合の注意点

2013/01/14 00:19 詳細リンク
(5.0)

アネシスプランニングの寺岡と申します。宜しくお願いします。

さて、ご質問の件ですが、農地を造成して建物を建築する場合には、いくつかの注意点があります。

まず、隣地との境界ですが、高低差が2.5Mもあるとブロックでの土留めは行わず、コンクリート擁壁で土留めをすることになるでしょう。
また、この擁壁下も杭などの地盤改良をする必要性があります。

次に、盛土の仕方ですが、通常の赤土などのみで盛土をすると、まず施工直後の建物建築はできないものです。
ですがら、赤土のみだけではなく、砂や砕石などを使った多層構造で盛土をしていく方法があります。

さらに、こうして造成した土地に建物のための地盤改良を行うことになります。
尚、造成後に地盤改良方法を決めるための地盤調査は必要になります。

また、造成の施工時期ですが、農閑期である11月から3月までには完了させる必要があります。
地域にもよりますが、田植えのための水はりは4月から始まりますので、それまでには必ず造成は完了しておくことでしょう。
この時期以外での造成工事はお勧めいたしません。

以上のような注意点を考慮しておけば、地盤の沈下や水道管などのずれは比較的少ないかと思われます。
尚、梅雨時の建物着工は避けて夏以降の着工をお勧めいたします。
造成直後の地盤は必ず沈下しますので、その後の時期がいいかと思います。

ただ、こうした施工をしたから完璧とは言い切れないのでその点はご留意ください。

もう1つ注意する点は浄化槽の埋設工事です。
浄化槽の大きさにもよりますが、耐圧盤やその下の地盤補強も必要な場合があります。
建物の間取りや配置が決まっていれば、造成中にこの工事を行うとコストダウンにつながります。

最後にローンの件ですが、フラットが間に合わない場合には再度、フラットも含め、別なローンを再検討されてはと思います。

詳細な状況がわかりませんので何とも言えませんが、回答がご参考になれば幸いです。

尚、個別のご相談や詳しい説明をご希望でしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。

アネシスプランニング(株)
http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/
電話:03-6202-7622
メール:info@anesisplan.co.jp

戸建て住宅の設計・見積をプロがチェック!
詳しくはこちら ⇒ http://profile.allabout.co.jp/s/s-4312/

施工
住宅設計

評価・お礼

いななんさん

2013/01/16 21:42

寺岡様へ


大変丁寧なご回答、ありがとうございました。

梅雨時の建物着工予定をしていたので、寺岡様のご意見が大変参考になりました。
6月上旬ぐらいまでに田んぼの埋め立てをして、半年後ぐらいから着工する形にしたいと思います。

浄化槽の埋設工事についても、耐圧盤やその下の地盤補強も必要なことを初めて知りました。

ホームメーカーでは教えてもらえなかった詳しい説明を聞かせて頂けて、大変参考になりました。
着工する前に寺岡様にご相談が出来てよかったです。
ありがとうございました。


いななん

寺岡 孝

2013/01/17 10:29

この度は回答に評価をいただき、まことにありがとうございます。

土地の埋め立ては近隣に水田がなければいいのですが、ある場合には水田に水が入っている期間にかかる埋め立ては極力避けられることをお勧めします。

ご自身のような建築計画は何度も経験しておりますが、埋め立ての施工時期とその工事の仕方に充分な注意を払って行うことが重要です。

安易に考えてますと、建物完成後に色々とトラブルになりかねませんね。

以上、取り急ぎ回答の評価の御礼まで。

アネシスプランニング(株)
電話:03-6202-7622
メール:info@anesisplan.co.jp

回答専門家

寺岡 孝
寺岡 孝
(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

寺岡 孝が提供する商品・サービス

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

対面相談

新築、中古マンションの売買契約に関する個別相談

新築、中古マンションの契約などのお悩みを個別に解決します!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
青沼 理

青沼 理
建築家

- good

適切な地盤調査に基づいた設計が必要です。

2013/01/13 21:23 詳細リンク
(4.0)

どのような土で埋めるのか不明ですが
埋め立てる土の状況によっては
3ヶ月どころか何年も地耐力は期待できません。

適切な地盤改良工事が必須です。

東北大震災のとき多くの被災建物を調査してきました。
共通して言えることは
水田を埋め立てたような軟弱地盤での建物の被害は大きく
しかし、隣り合っていた建物でも
地盤改良などの対策をしっかり行った建物は
ほとんど被害がありませんでした。

建物を補強しても地盤が傾いてはどうしようもありません
是非、地盤調査に基づいた適切な設計をお勧めします。

もちろん水道管がずれることはありますので
それも含めた設計が必要です。

また、フラット35については
期間延長は難しいかもしれませんが
収入や建築条件に変更が無ければ
再申込みが可能と思います。
フラット35の担当者とお打ち合わせして
Bestな方法をみつけていただくのが良いと思います。

地盤の件やフラット35の件など含め
お近くの信頼の置ける建築士にご相談なさるのも
一つの方法かと思います。


ご不明なことがありましたら
遠慮無くご質問ください。

相談
被害
対策
地盤調査
軟弱地盤

評価・お礼

いななんさん

2013/01/16 21:30

青沼様へ


早々のご回答、ありがとうございました。

建物の補強だけではなく、地盤改良もホームメーカーと
詳細に打ち合わせをして進めて行きたいと思います。

フラット35に対しても、今後どのような形で進めて行けるか、
他のローンも考えつつ相談してやっていきます。

この度は、ご意見を頂きまして誠にありがとうございました。


いななん

青沼 理

青沼 理

2013/01/29 20:18

コメントが遅くなり申しわけありません。

その後、無事解決されたでしょうか?

また、ご不明なことがありましたら
お気軽にご質問ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

土地のつなぎ融資実行後に契約を白紙にしたらどうなるか。 さつまいも太郎さん  2013-01-07 22:00 回答2件
納期遅れや欠陥だらけ ゆがいっぱいさん  2016-11-16 23:18 回答1件
新築の日当たりが心配 このはさん  2015-05-21 14:54 回答1件
雨水浸透ますからのオーバーフロー All_Aboutさん  2013-04-10 05:47 回答1件
地盤高を隣地より40cm下げられました 読書好きさん  2012-03-21 23:56 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)