海外居住者によるネットショップ開設 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

海外居住者によるネットショップ開設

法人・ビジネス 独立開業 2013/01/01 17:27

はじめまして。

私は現在外国に居住し、そこで就職して働いております。

小物や小さなインテリアなどを扱った日本人向けのネットショップを
開設したいと思い、様々なサイトを探したところ、当サイトの以下の
リンクを見つけたのですが、
http://profile.allabout.co.jp/ask/q-125910/

わからないところがあったので、メールを
送らせていただきました。

私は、現在海外移転届けをすでに提出し、日本に住民票がありません。
しかし、日本に私名義の銀行口座はありますので、口座については問題が
ないと思われます。

しかし個人事業としてネットショップを開設する際、やはり、個人事業の
開廃業等届出書と個人事業の開始申請書の提出は必要でしょうか?
もし必要である場合、記入する住所はどうすればよろしいでしょうか?

源泉所得についてなのですが、商品が外国産のものでも日本で収入を得る以上は、国内源泉所得となるため、課税対象となる・・・という認識でよろしいのでしょうか?

その他、税金、法律関係などについて気をつけたほうがいい点がありましたら、
アドバイスを戴けたら・・・と思います。
よろしくお願い致します。

たびびとさん ( 東京都 / 男性 / 33歳 )

回答:2件

小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

- good

源泉所得への課税について回答いたします。

2013/02/06 18:46 詳細リンク

たびびとさん、こんにちは。ネットショップ解説の手続き・源泉所得への課税に関するご質問ですね。

個人事業の手続きに関しては他の先生から回答がありますので、私の方からは、源泉所得への課税について回答させていただきます。

ポイントとしては2点あります。
【1】日本国内で稼得した所得が「国内源泉所得」に該当するかどうか
【2】「国内源泉所得」の支払を受ける非居住者等が日本国内に「恒久的施設」を有しているかどうか

まず【1】ですが、所得税法161条および法人税法138条で国内源泉所得が規定されています。
国税庁のホームページ(http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2878.htm)に14の例が記載されていますが、ネットショップによる所得は、このうち「(1)国内において行う事業又は国内にある資産の保有・運用若しくは譲渡により生ずる所得」に該当すると思われます。

次に【2】ですが、事業を行う一定の場所等をいいます。非居住者が日本国内に恒久的施設を有していなければ、所得は課税対象となりません。
国内法においては「恒久的施設」は次の3つの種類に区分されています。
(1)支店、出張所、事業所、事務所、工場、倉庫業者の倉庫、鉱山・採石場等天然資源を採取する場所。ただし、資産を購入したり、保管したりする用途のみに使われる場所は含みません。
(2)建設、据付け、組立て等の建設作業等のための役務の提供で、1年を超えて行うもの。
(3)非居住者のためにその事業に関し契約を結ぶ権限のある者で、常にその権限を行使する者や在庫商品を保有しその出入庫管理を代理で行う者、あるいは注文を受けるための代理人等(代理人等が、その事業に関わる業務を非居住者に対して独立して行い、かつ、通常の方法により行う場合の代理人等を除きます。)。

日本国内で販売活動を行わない、また事業に関して国内に代理人を設けないのであれば、恒久的施設には該当しない可能性が高いです。

なお、国によっては日本と租税条約を締結している場合があります。租税条約は国内法よりも優先されますので、お住まいの国と日本との租税条約もご確認ください。
日本の租税条約ネットワークについては財務省のホームページ(http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/international/182.htm)をご確認ください。

以上です。たびびとさんの成功を心よりお祈り申し上げます。

補足

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ホットなコンサル」開催中。
詳しくは、以下のURLをクリック。
http://hotnet.sacnet.jp/htcns/
次回以降の、質問時にご利用を検討下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

事業
ネットショップ
販売
所得税
個人事業

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
(東京都 / 経営コンサルタント)
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
林 高宏

林 高宏
税理士

3 good

分かる部分につきお答えします

2013/01/10 17:43 詳細リンク

見つけられたリンクを読ませて頂きましたが、分かりやすくよくまとまっていますね。

早速ですが、私に分かる範囲を少しでも解説させて頂きます。


1)しかし個人事業としてネットショップを開設する際、やはり、個人事業の
開廃業等届出書と個人事業の開始申請書の提出は必要でしょうか?
2)もし必要である場合、記入する住所はどうすればよろしいでしょうか?


1)必要です。できれば、青色申告承認申請書も合わせて提出してください。

2)「納税管理人」を引き受けてくれる人(親戚とか親友、あるいは税理士)にご相談ください。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1923.htm


私も以前、友人(医師)の納税管理人を引き受けたことがありますが、単にアメリカに2年行っただけで、営業行為などとは関係なかったので、特に何かをしたという記憶はありません。

但し、たびびとさんの場合、申告が必要になってきますので、税務署(あるいは税理士)に気軽に足を運んでくれる方で、信頼のおける方をお薦めします。


以上です。

相談
管理
ネットショップ
青色申告
個人事業

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

海外在住中に個人ビジネスを始める際の税金について 555はなさん  2016-03-30 09:32 回答1件
海外在住者のネットショップ開設 seoul3872さん  2012-08-10 16:34 回答1件
個人事業の海外仕入れの経費について Fengshuさん  2010-09-25 01:45 回答1件
海外在住ネットショップ開業の税金等について ilohasさん  2016-03-03 16:22 回答2件
海外在住者のネットショップ起業に関して londonさん  2010-10-23 05:09 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)