130万を超えてしまいました。 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

130万を超えてしまいました。

マネー 年金・社会保険 2012/12/14 18:54

パートで130万以内、扶養範囲内で働いています。 毎月金額は一定していません。9万、11万等で調整しながら、働いていましたが、今日賞与があり、介護改善の金額が予想以上に多くて、130万より4万程超えてしまいました。

来年からも扶養内で働く予定で、国保など考えていません。


主人の社会保険に入ったままにするには、私はどのようにしたらいいでしょうか?

補足

2012/12/14 18:54

後で 税金を払うのでしょうか?

キャッツアイさん ( 大阪府 / 女性 / 42歳 )

回答:1件

松山 陽子

松山 陽子
ファイナンシャルプランナー

- good

そのままで大丈夫です

2012/12/14 19:29 詳細リンク
(2.0)

キャッツアイさん 初めまして
FPの松山陽子と申します。
賞与が出てよかったですね。

社会保険の「扶養」ラインである130万円というのは、1/1~12/31の累計ではなく、今後130万円稼ぐような働き方かどうかという意味。

つまり、月108333円(130万÷12、ただし交通費含む)以内の働き方であれば、たまたま12~13万円ある月があっても、扶養から外す必要がありません。

会社に独自の基準がないとも限りませんが、108333円を超えることが3カ月続けば、扶養から外れるというのが大方の基準です。

不明な点があれば、またお尋ねくださいね。

社会保険

評価・お礼

キャッツアイさん

2012/12/14 19:50

2月から4月は15万12万11万でした。この場合は無理でしょうか。

給料明細には、交通費は非課税と書かれていますが、込みの計算でしょうか?

松山 陽子

松山 陽子

2012/12/14 20:31

キャッツアイさんへ

2月~4月までがこの状況なら、本来ならその時点で扶養から外れるという判断をされるところでした。しかし、実際には何も言われなかったのです。

書きにくいことなのですが、本当なら扶養から外れる状況であったとしても、スルーされる場合もあり、あなたは以後、183333円を3カ月連続で超えていないなら、事実上何も言われません。

交通費はたしかに非課税です。配偶者控除を受けるには103万円以内、配偶者特別控除を受けるには141万円以内という数字を聞いたことがあるかと思いますが、ここには交通費を含めません。

しかし、社会保険の扶養の判定の場合は、非課税である交通費も含めます。雇用保険も非課税ですが社会保険の扶養判定のときは、収入とみなすのです。

参考までに書きますと雇用保険の基本手当が3612円(108333円÷30)以上あると、扶養に入ることができなくなります。

ご参考になりましたら幸いです。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

扶養範囲から外れる事のメリットは? hanazawaruiさん  2008-08-23 11:35 回答1件
妻のパート収入について ふくさん  2006-11-28 18:12 回答3件
定年退職後の健康保険 ギーコさん  2013-11-18 03:43 回答1件
社会保険扶養をはずされました… かおママさん  2012-10-14 00:27 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)