個人事業の事業主は夫婦どちらがよいか? - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人事業の事業主は夫婦どちらがよいか?

法人・ビジネス 独立開業 2012/11/09 07:51

夫婦でパン屋を開業予定です。事業主をどちらにするか相談中です。
事業主には事業に関する納税義務が生じるので、経理担当で確定申告が得意な妻のほうを事業主にしようかと考えています。
事業主は納税関係以外では特に重要ではないかな?と考えますが、妻を事業主にすることでデメリットなどは何かあるものでしょうか?

panさん ( 埼玉県 / 男性 / 31歳 )

回答:1件

佐藤 正人

佐藤 正人
企業再生コンサルタント

- good

法律と実務

2012/11/10 13:57 詳細リンク
(3.0)

確かに事業主には納税義務が生じますが、これはご夫婦で行った事業活動に対して生じた義務であり、お二人で支払うことが自然の法則です。
日本国は男女平等を保証していますから、どちらが事業主になっても問題はありません。

でも実際の日常では多少ニュアンスが違います。

例えばパン屋を営むのであれば、いずれかの不動産を「買う」または「借りる」ことが必要になります。どちらの名義を使うかによって、その後の金融機関からの借入金をする場合の捉え方も違ってきます。

例えば夫名義で購入した土地に、妻がその物件を「使用貸借」して事業を行うとのでは何か特別な事情があるような不自然な感じがします。
また借入を行う場合には、金融機関は「事業の成立ち」や「今後の方向性」と言ったことを質問しますが、納税問題だけで事業者を決めていたりすると質問に答えらきれないなど、不自然な印象を与えます。

そんなことを合わせて考えると、その仕事の中心人物が「事業主」となるべきでしょう。
結果、どちらが事業主になるかは、「義務」や「納税」「債務名義」といったことを考えるより、ごく自然に「どちらが主導権(言い換えれば経営権)の中心」かで決めるべきでしょうね。

名義
事業主

評価・お礼

panさん

2012/11/15 20:43

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

会社員と個人事業主について askayuumiさん  2015-02-23 23:44 回答1件
音楽家の扶養や税金について Defp726さん  2014-11-24 08:21 回答1件
開業に伴い ノリオンさん  2013-11-09 13:26 回答1件
個人事業主の開業届と経費について enjmrxsさん  2013-08-05 15:32 回答2件
個人事業主開業について ゆきんこ85さん  2013-05-21 19:47 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)