頭金に+1000万円入れるかどうか - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

頭金に+1000万円入れるかどうか

マネー 住宅資金・住宅ローン 2012/11/07 19:35

住宅ローンで3000万借りる予定でしたが、頭金の一部である1000万を手元に
残して4000万円のローンにしようか悩んでおります。
フラット35、年1.8%で借りる予定です。

1000万を低リスクで運用する方法はありますでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

green113さん ( 神奈川県 / 女性 / 38歳 )

回答:2件

三島木 英雄 専門家

三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

1 good

ノーリスクの資産運用(頭金)割合を考えてみては

2012/11/08 14:35 詳細リンク
(5.0)

green113さま

住宅ローンの頭金の配分でお考えとの事。

住宅ローン金利は無い方が良いのですが、一度頭金にしてしまったお金は
戻ってきませんから、無理のない借入ラインを模索したい所ですね。

4,000万を借りた場合
初年度の利息は約71万程度

一方で頭金を1,000万入れて3,000万を借りた場合
初年度の利息は約53万まで下がります。

1,000万円を入れることにより年18万利息軽減できるわけですから
単純に考えても確定利率で1.8%運用はできているということになります。

手元に1,000万を残し他の方法で1.8%以上の運用を行うことは
可能ではありますが、ある程度期間がロックされてしまったり
引出し出来ないなどのデメリットも発生します。

そういう事からは頭金を入れることで「ノーリスクでの利息軽減」というのは
悪くない方法です。

そういった観点からは1,000万という金額だけでなく
何かあった時にでも安心できる資金程度を残しておくという考えも必要です。

ご家庭の状況により残しておきたい資金は異なりますので
その辺りを考慮してどこまでノーリスクの資産運用(頭金)の割合を決めて
行かれると良いと思いますよ。

ご参考になりましたら幸いです。


株式会社FPリサーチパートナーズ
http://www.fp-research.jp/

金額
期間
資産運用
住宅ローン
ローン

評価・お礼

green113さん

2012/11/08 18:34

とても分かり易い回答ありがとうございます!!
このように数字で見るといいんですね。
月々余裕を持って返済して楽しく生活をしつつローン返済
をしていきたいと思います。
ありがとうございました!!

三島木 英雄

2012/11/09 18:56

ご評価いただきましてありがとうございます。
住宅ローンの金利はとても大きいものですから
上手く付き合ってくださいね。

少し多く現金を残しておいても
繰り上げ返済で同じような効果がありますからご安心ください。

回答専門家

三島木 英雄
三島木 英雄
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

三島木 英雄が提供する商品・サービス

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

対面相談

しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」

~投資のリスクをしっかりと理解、確定拠出年金の制度をしっかり使いきろう~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

運用に対する期待によって

2012/11/07 21:26 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、green113さん。
FP事務所 マネースミスの吉野です。



現在、住宅ローンの借り入れをお考えという事は、マイホームの購入をされてご入居されるのが近いという事ですね。

新しい家で、幸福な生活を送られる事でしょう。


さて、ご質問に対してですが、リスクに対して不安を持っておられるのであれば、借入額を少なくされる方が無難だと思います。


仮に1,000万円を手元に残されて運用する場合、どういった運用をされたいかも重要になってきます。

リスクの低いもので運用する方法は多く存在しますが、残された資金を有効に運用するためにも、まずどれくらいのリターンを求められているのかも考えられる必要があります。




例えば、1,000万円を残して住宅ローン金利分を運用で賄うという事も考えられますし、多少でも金利の負担分が少なくなれば良いという考え方もあると思います。



仮に1,000万円で3,000万円、1,8%の住宅ローンの金利を補おうとすると、目先だけの金利で言えば5,4%です。


この利回りは、基本を守ってリスクを抑える運用を行えば無理な利回りではありません。


是非、中立的な立場でアドバイスが出来る専門家のFPにご相談していただいて、リスクを抑える運用を実現されて下さい。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

FP事務所 MoneySmith

吉 野 裕 一

http://moneysmith.jimdo.com/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

住宅
運用
住宅ローン
ローン
マネー

評価・お礼

green113さん

2012/11/08 08:22

早速の回答ありがとうございます!!
時間があまりないので助かります。
手元にある程度お金があったほうが、何かあった時や保険にかける
お金も少なくて済むのでは?いうアドバイスをもらったもので
検討しておりました。
今までの人生最大の大きなお金の動きなので色々と検討してから
決めたいと思います。

吉野 裕一

吉野 裕一

2012/11/08 08:40

green113さん、高評価をいただきありがとうございます。


何かあった時のための資金は、準備しておいた方が良いですね。

一般的に言われるのは、生活費の3か月分と言われる事が多いのですが、私は生活費の6か月分くらいは何かあった時のための緊急予備資金として、すぐに使えるように普通預貯金などで持っておくようにアドバイスをさせてもらっています。


また車の買い替えやおおよそ5年くらい先までに使用目的がある場合にも比較的リスクの少ないけど利率が多少良い商品などで持っておかれると良いですね。


こういった資金を確保しておいた上で、資産運用に回すお金にしましょう。


収入が減ってしまった時や万が一リストラなどにあった場合には、手元にお金がなければすぐにローン返済が困難になる事が予測できます。


私が受けた相談でも、現在の不景気で給料が減ってしまったりボーナスが出なくなって返済が困難になった方はおられます。

是非、安心して生活が送れるような返済計画を立てられてください。


また、有料相談やプランニングでは具体的なアドバイスが出来ると思いますので、この機会に検討されてみてはいかがでしょうか。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

フラット35 借り換え 親子リレー Victoさん  2016-01-30 18:11 回答1件
フラット35、変動金利型、固定金利選択型 kiyokiyotodさん  2013-01-13 16:32 回答1件
フラット35Sエコ+変動金利 ミックスについて ジョン402さん  2012-07-13 18:35 回答1件
フラット35Sエコ+変動金利 ミックスについて ジョン402さん  2012-07-13 00:02 回答1件
精神疾患の住宅ローンについて toratoratoraさん  2012-02-08 14:22 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)