日本が破綻する日に備えたいのですが・・・ - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本が破綻する日に備えたいのですが・・・

マネー お金と資産の運用 2012/10/29 13:44

日本の財政破綻が目前に迫っているといわれています。海外移住などは考えていません。預金をしておいても、預金封鎖などが行われては意味がありませんし、いったいどうすればいいの?と思っています。現金(預金ですが)の安全な保全の方法として適当なものはありますか。

きいろとりさん ( 愛知県 / 女性 / 40歳 )

回答:2件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

1 good

資産保全の基本について

2012/10/29 15:13 詳細リンク

きいろとり様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人です。

日本が破綻する日に備えたいとのことですが、まず前提として、「日本政府」と「日本国民」を区別する必要があると思います。

確かに、「日本政府」の財政状態が危機的な状況なのは事実ですが、「日本国民」は、今のところ世界一のお金持ちと言ってもよい状況です。

「日本国民」は、約1400兆円の金融資産と、他に利用価値の高い不動産なども保有しています。

保有する金融資産のうち、約1000兆円を「日本政府」に貸し付けているイメージです。

おそらく今、円高なのも、仮に「日本政府」が財政危機に陥っても、「日本国民」が救済するのだろう、と海外から見られているからだと思います。

救済とは、具体的には、「日本国民」が大増税や年金削減などを受け入れることです。

ですので、預金封鎖を心配する前に、大増税や年金削減などに備えることの方が私は大事と思います。

日本全体としては、ある日突然破綻するような状況にありません。

それに、預金封鎖は、財産権の侵害で、憲法違反です。戦時中とは、前提条件が異なります。

現在は、法律を変えない限り、政府が勝手に国民の財産を差し押さえたりはできません。

もちろん、大増税や年金削減などを行うのも、法律を変える必要がありますが、もし何も決められない政治が延々と続いた場合は、日本銀行が、日本政府の借金を際限なく、買い支えて、円安、インフレに向かう可能性はあると思っています。

したがって、資産の安全な保全方法という意味では、国内外の資産に分散投資をすることが基本になります。

海外の資産への分散投資は、国内の金融機関を通じて、外国債券や国内籍の投資信託等を購入することでも可能です。

なお、金融庁の監督下の証券会社等であれば、分別管理といって、法令により、顧客の資産は、金融機関の資産とは、別経理で管理されますので、仮に金融機関が倒産しても、顧客の資産は、時価ベースで安全に保全されます。

以上、ご参考になれば幸いです。

日本
備え
預金
分散投資
国債

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
自分年金積立のアブラハムプライベートバンク奥村

自分年金積立のアブラハムプライベートバンク奥村
投資アドバイザー

7 good

早い時期からの、国際分散投資はいかがでしょう

2012/11/09 14:37 詳細リンク

日本の財政破綻を心配されていらっしゃるのですね。

きいろとり様の御懸念の通り、
日本財政は破綻が迫っていると言われ、厚生年金でも
55歳以下の世代は払い損の世代とされ
預金封鎖を予見する識者もおります。(非常時には、法令改正もありえます)

そのため、いまの日本では、ご自分で将来の生活費として
国に頼らない資産づくりを行うことが必須となっているのです。

預金の安全な保全方法としては、やはり国外にも
資産を保有しておくことがお勧めです。

加えまして、「預金」だけでなく「殖やす」ことも
検討されてはいかがでしょうか。

日本の金融商品では、なかなか資産を殖やすことは難しいのですが
世界に目を向けますと
想定年利10%の金融商品などもございますので、そのような
高リターンで低リスクの資産運用をされる方も、近年は非常に増えております。
(海外で資産運用されると、円安や日本で預金封鎖が起こった際のリスク回避にもなります)

当社では、お客様の状況に応じた運用方法をご提案しておりますので
一度、詳細をご相談いただけますと幸いです。


◆世界トップファンドお取り寄せサービス 「いつかはゆかし」
http://itsukaha-yucasee.jp/
ただいま、スタート応援キャンペーン実施中です。

分散投資
投資
リスクヘッジ
資産運用
金融

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

資産3400万の投資方法について ogaさん  2011-06-15 22:04 回答2件
運用を考えてみましたが ぺこっちさん  2008-05-15 22:46 回答4件
500万円の預け先と月々3万円の積立先を検討中です うさうさこさん  2007-12-29 23:17 回答5件
[海外在住]資産運用について ヴァンズさん  2015-05-22 07:07 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

寺野 裕子

てらの・ファイナンシャルプランニングオフィス

寺野 裕子

(ファイナンシャルプランナー)

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)