妻の起業について - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

妻の起業について

法人・ビジネス 独立開業 2007/08/05 23:33

無店舗の訪問理容を1年ほど行っていた(収入月3〜4万)妻が理容室を開くかどうか検討中です。開業届け無し。
これまでは、サラリーマン(年収800万)の私の扶養になっていました。
?妻が個人事業主となっても、社会保険や税金面で扶養対象になるでしょうか?収入に関わらず社会保険からは外れるのでしょうか?
?開業届けを出す前に使った経費(訪問理容のための機材等)を開業準備の費用として計上できるでしょうか?その際は領収書は必要ですか?
?開業のため借り入れた分の返済分を経費として計上出来ますか?
?私が貸したとしたら、返済分を経費計上出来ますか?

クラッツさん

回答:1件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2007/08/06 23:15 詳細リンク
(5.0)

**(1) 「扶養」について
まず ''税金(所得税)'' 面ですが、これは事業主となる奥様の事業の年間「所得」(「収入」から「必要経費」を差引いたもの)の額にかかわってきます。
通常お勤めの方(給与所得者)であればご存知のとおり ''103万円'' という境界線で「配偶者控除」を受けることができるかどうか判断されるところですが、事業で得た収入についてはこの基準103万円をそのままあてはめることはできません。
そこで下のように「所得」額が ''38万円'' を超えるかどうかで判断します。(もっとも給与所得者の場合においても必要経費として65万円を差し引くことができる[103-65=38]ため、結果的に所得38万円がベースになる点は変わりありません)

''[収入] − [経費] ≦ 38万円 → 「配偶者控除」可''
''[収入] − [経費] > 38万円 → 「配偶者控除」不可''

ただこの38万円を超えたとしても、その延長線上に ''配偶者特別控除'' が用意されており、控除額は逓減していくものの76万円にかけて定められた控除額を(クラッツさんの)所得から控除することができます。
つまり、38万円を少し超えたからと言って、控除額38万円がいきなり0円となるわけではなく、76万円に向かって除々に少なくなっていく … そんなイメージです。

次に ''社会保険(健康保険・厚生年金)'' についてですが、社会保険の場合も「収入」ではなく「所得」で見ていく点は上の税金の場合と同じ考え方ですが、基準となる額が異なっておりその額は ''130万円'' とされています。

''[収入] − [経費] < 130万円 → 引続き「被扶養者」に該当''
''[収入] − [経費] ≧ 130万円 → 「被扶養者」に該当せず''

所得が130万円以上になると奥様はクラッツさんの会社の社会保険から抜け、今度は奥様単独で

''・ 国民健康保険''
''・ 国民年金''

に加入しなければならなりません。

補足

**(2) 開業届提出前の経費計上と領収書保存について
お話のとおり可能です。 「領収書」も必要ですので、きっちり保存しておきましょう。
**(3)(4) 借入返済額を経費として計上できる?
まず、借入返済額は ''元金'' と ''利息'' 部分それぞれ分けて考えなければなりません。
そのうち「利息」部分は、言ってみれば借入に対する「手数料」のようなものなので「経費」となりますが、「元金」部分については、単に「借りていたものを返した」に過ぎず「損得」の概念がないことから経費にすることはできません。

ご質問(3)(4)については、それぞれ借入先が(3)金融機関(4)クラッツさん、と異なりますが、経費計上の考え方はどちらも同じなのでいっしょにご説明させていただきました。

''【関連Q&A】'' ''妻の起業 税金対策ってありますか? ''

''【発展コラム】'' ''配偶者特別控除とは? ''

''【発展Q&A】'' ''夫の扶養内でのフリーランス''


今後ともAll About ProFileをよろしくお願いします。

*◆◇ 「ハイブリッド型」 社会保険労務士が企業利益をクリエイト ◇◆
''Y'Sパートナーズ社会保険労務士事務所'' http://www.ysp-sharoshi.jp

評価・お礼

クラッツさん

回答ありがとうございます。
大変参考になりました

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

クラッツさん

開業前の経費について

2007/08/07 20:30 固定リンク

妻の起業についての回答、ありがとうございます。
再質問ですが、
?開業届けを出す前に使った分の費用計上出来るとのことですが、開業届けの日から遡っての期限や購入理由の制限はあるのでしょうか?(購入理由は証明も調査も不能だと思いますが)
・3年前に家族の散髪用に購入した業務用バリカンを、開業する理容室で使用する
・1年前に訪問理容の為に購入した理容道具一式

領収書があれば、経費計上可能でしょうか?

?原価償却の年数は決まってるのでしょうか?その期間を過ぎたものは計上不可ですか?

クラッツさん

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

開業届について urnwさん  2011-02-02 00:47 回答1件
開業届について urnwさん  2011-01-31 12:48 回答1件
休職・傷病手当金受給中の起業について rina36さん  2016-09-20 18:14 回答1件
喫茶店とネイルサロン みんたさん  2012-02-13 02:52 回答3件
夫の社会保険扶養内の判断 yumuさん  2008-04-28 11:07 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)