担保、保証人のいらない融資の利用について - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

担保、保証人のいらない融資の利用について

法人・ビジネス 独立開業 2007/08/05 20:40

飲食店(居酒屋)開業を考えています。 そこで融資についての質問です。
必要な金額は数百万円程度なのですが、申込みにあたり、自分は担保となる財産もなく、できれば身内も含め第三者に保証人を頼むことも避けたいと思っています。
そこで、新規の事業を対象にし担保も保証人もいらない、または事業が立ち上がるまで保証人をたてなくてよい新しい制度ができたと知り合いから聞きました。
できればこの融資を使って資金を調達したいのですが、どの銀行に行けば申し込めるのでしょうか。
また保証人以外に必要な要件などあれば教えてください。
よろしくお願いします。

ちぇにるさん ( 埼玉県 / 男性 / 29歳 )

回答:1件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2007/08/05 23:59 詳細リンク

おそらく ちぇにるさん が言っておられるのは 中小企業金融公庫(以下「中小公庫」) が扱っている

''(1) 保証人免除特例融資''
''(2) 保証人猶予特例融資''

のことではないかと思います。

確かにこれらは制度上「新規事業」も融資対象となっており、お話のような「開業」の際の資金調達ソースにもなり得るとの考え方も可能ですが、一般的にこの 「中小公庫」 が融資対象としているのは、どちらかと言えば ''ある程度事業実績のある中小企業'' と考えられています。
お話では飲食店オープンのための開業資金ということで、融資の種類が ''生活衛生貸付'' に該当することからも、現実的に資金調達の候補先はこの「中小公庫」ではなく

''国民金融公庫 (以下「国金」)''

になってくるかと思います。

仮に、お話のように飲食業の開業資金の融資申込みの際、上(1)(2)の制度を活用するために「中小公庫」を訪れたとしても、窓口でおそらく『「国金」に行ってください 』と丁寧にお断りされる可能性が高いでしょう。

そこで、「国金」にも以下のような担保・保証人の必要のない制度融資が用意されていることから、その活用が考えられます。

''● 新創業融資制度''
http://www.kokukin.go.jp/yuushi/atarasiku/04_shinsogyo_m.html

''【主な条件・制限】''

''(1) 開業所要資金の 1/3 以上の自己資金の準備''
''(2) 融資額 max 1,000万円''
''(3) 金利上乗せ +1.2% ( [参考] 8月6日現在の基準金利 2.7% )''

通常新規事業向けの借入に対して金融機関はほぼ必ず会社代表者の連帯保証を取り付けますが、この国金の同制度はその代表者保証に加え、第三者である保証人ならびに不動産などの物的担保の提供も免除されている、無担保・無保証人の制度融資です。

補足

しかしその利便と引き換えにリスクを金利に上乗せ(+1.2%)し、また金額も1,000万円と上限が低く設定されています。

ちぇにるさん の場合、お話では調達所要額は数百万円と(2)の上限範囲内ですから、上(1)の自己資金の要件をクリアすればこの制度の利用が候補として考えられるのではないでしょうか。

以上、新規開業の段階で上にご紹介した「中小公庫」の諸制度を利用することは困難と思われます。 (もっともお話のニーズを満たす制度が「国金」にも存在するため、あえて「中小公庫」でなければならない必要もないわけですが…)

しかし開業後、これらが運転資金や新店出店に伴う設備資金などの調達の際に利用する可能性も考えられることから、同諸制度についての概要を下記コラムに引き継いでおきますのでそちらもご参照いただければと思います。

ちなみに、「中小公庫」は「国金」と比べより多額の資金調達ニーズに応えることができる「国金」と同じく政府系金融機関です。 その「国金」あるいは「保証協会融資」などと同じく中小企業にとって身近な資金調達ツールです。 開業後、業種業態によってはこうした金融機関とのお付き合いが必要となってくる可能性もあることから、ご開業の現段階よりこうした制度の存在も知っておく必要があるでしょう。

【関連Q&A】 ''起業にあたり融資を受けることができる?''
http://profile.allabout.co.jp/pf/ysc-kaigyou/qa/detail/991



*◆◇ 「ハイブリッド型」 社会保険労務士が企業利益をクリエイト ◇◆
''Y'Sパートナーズ社会保険労務士事務所'' http://www.ysp-sharoshi.jp

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

ちぇにるさん

ありがとうございます。

2007/08/12 00:49 固定リンク

詳しいお返事ありがとうございました。
私の場合、ご紹介いただいた制度が利用できそうな感じなのであたってみたいと思います。 
そしてもう一点、アドバイスいただいたようにお店をはじめてから借り入れの必要が出てくる場合を考え、最初の2つの中小公庫の融資についても知っておきたいので、融資の条件などについて教えてください。 
お手数ですがよろしくお願いします。

ちぇにるさん (埼玉県/29歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

県制度融資の連帯保証について 実業家予備軍さん  2008-05-30 14:44 回答1件
銀行の融資条件 たくやさん  2006-12-04 23:18 回答1件
起業に関して a-tuさん  2011-07-11 11:11 回答1件
日本政策金融公庫で返済できない場合は? amedio1000さん  2009-03-08 20:25 回答1件
タイ料理レストラン sawadeethaiさん  2013-07-08 02:15 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)