海外在住者のオンラインショップ - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

海外在住者のオンラインショップ

法人・ビジネス 独立開業 2012/10/01 13:57

海外に在住しておりますが、この度、日本人向けのオンラインショップを開こうと考えております。

日本のレンタルサーバーを使用し、日本のお客様にオリジナルの商品を販売しようと思います。この場合の公的機関への書類の提出は必要ですか?また必要な場合、住んでいる国の公的機関へ提出するのか、日本の公的機関に提出するのかどちらですか?

教えてください。

宜しくお願い致します。

Alohakingさん ( 愛知県 / 男性 / 27歳 )

回答:1件

小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

- good

確認が必要になります

2012/10/16 20:22 詳細リンク
(5.0)

Alohakingさん、こんにちは。

Alohakingさんは、海外に在住しているということですので、海外に住民票を移しているという前提で、回答いたします。

日本においては、オンラインショップを開くために、許可や届け出の提出の必要はありません。しかし、アルコール類など、取り扱う商品によっては許可が必要になります。
また、オンラインショップなど、通信販売を行う販売業者は、特定商取引法に従って販売価格、送料、その他の負担金額、代金の支払い時期、商品の引渡し時期、事業者の住所・電話番号などをホームページに明記する必要があります。

詳細については、下記のサイトを参照してください。
・海外からのインターネット通信販売Q&A(経産省:消費生活安心ガイド)
http://www.no-trouble.go.jp/page?id=1232357748709#1232357748709
・ネットショップを始めるために知っておきたい法律(オールアバウト)
http://allabout.co.jp/gm/gc/298394/

サイト上に表示する事業者の住所については、日本において販売を行うのでしたら、海外の住所だけでなく、日本の住所も表示してある方が顧客に安心感を与えるのではないかと思われます。
これについては、日本在住のご家族などの住所を併記することも可能ということです。もちろん、ご家族などの承諾を得て、お客様の苦情など、何かあった時に対応してもらえるようにしておく必要があります。

また、ご家族等の住所を事業所として開業届けを提出しておけば、オンラインショップのサイトに事業所住所として日本の住所を明記することができます。さらに、開業届と一緒に青色申告の届けを提出することで、確定申告時に65万円の控除を受けることもできます。
<補足に続きます。>

補足

日本に事業所を設けない場合でも、Alohakingさんの場合は、日本のレンタルサーバー(日本に所在するサーバー)を使用するということですので、日本国内の課税対象となり、日本国内で所得税を支払う必要があります。また、前々事業年度の課税売上高が1千万円を超えた場合には、消費税を収める必要も生じます。

・電子商取引における消費税課税の区分について(国税庁)
http://www.nta.go.jp/ntc/kenkyu/backnumber/journal/11/pdf/11_06.pdf

課税については、国により対応が異なる可能性がありますので、二重に税金を支払うことにならないように、在住国の規則を確認しておく必要があります。その他、届出等についても、それぞれの国の規則に従う必要があります。
海外の情報については、下記サイト(ジェトロ)を参照してください。
http://www.jetro.go.jp/biz/

Alohakingさんの成功を心よりお祈りしております。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ホットなコンサル」開催中。
詳しくは、以下のURLをクリック。
http://hotnet.sacnet.jp/htcns/
次回以降の、質問時に利用をご検討下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

取引
インターネット
ネットショップ
通信販売
特定商取引法

評価・お礼

Alohakingさん

2012/10/17 02:59

小松和弘様

とても丁寧で分かりやすい説明ありがとうございました。とても参考になりました。
教えて頂いたことをふまえてオンラインショップの立ち上げ、運営をしていきたいと思います。

本当にありがとうございました。

小松 和弘

2012/10/17 19:04

ご評価ありがとうございます。
また何かご不明な点などがありましたらご遠慮なくご質問ください。

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
(東京都 / 経営コンサルタント)
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

ネットショップ運営における賠償責任保険 いぬ好きさん  2007-03-16 11:26 回答1件
開業について cuireさん  2016-05-30 03:33 回答1件
海外在住ネットショップ開業の税金等について ilohasさん  2016-03-03 16:22 回答2件
海外在住でネットショップを開くにあたり質問です ホリカワさん  2015-04-26 05:11 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)