パート収入と副業の収入について - 税金 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

パート収入と副業の収入について

マネー 税金 2006/06/25 22:41

現在、パートに出ており扶養の範囲(130万以下)
で働いています。
また、副業としてインターネットを利用して仕事(ネットショップ)をしていますが、この場合確定申告はどうするのでしょうか?
色々調べたのですが、雑所得として申告するのか、
それとも開業届けを出し白色、青色申告をするのか?
よくわかりません。
回答のほうよろしくお願いします。

debucyoka_sanさん ( 岡山県 / 女性 / 33歳 )

回答:1件


副業収入の確定申告

2006/06/26 11:56 詳細リンク
(4.0)

副業収入が雑所得になるか事業所得になるかは副業の規模によりますが、
自己申告による部分が多く、例え小規模であっても事業的規模でおこなっているという意思表示をすれば事業所得となります。

事業的規模で副業を行われる場合は、
個人事業開廃業等届出書、事業開始等申告書、(青色申告を選択する場合には青色申告承認申請書)の届出が必要となります。

貴方の場合、パート収入(給与所得)があられるとのことですので、
副業で収入がある場合は、原則、確定申告が必要となります。
しかし、給与所得及び退職所得以外の所得金額の合計額が20万円以下である場合は、確定申告は不要となります。

所得金額とは、総収入金額から必要経費を引いた金額のことです。
よって、副業で20万円以上の利益がある場合、確定申告が必要となります。
雑所得でも事業所得でも納税額は同じですが、
事業所得と雑所得との違いは、事業所得には青色申告という特典があるということです。また、赤字の場合も事業所得であるなら給与所得との相殺(損益通算)が可能です。
ただし、青色申告には複式簿記による帳簿記入や帳簿の保存といった要件があります。

また、確定申告されると扶養(配偶者)控除の対象から外れることになることもご承知おきください。
所得税法上、扶養家族になるためには年間所得38万円以下という要件があります。
つまり、パートなどの給与収入の場合は年103万円以下の収入に限られます。
ご質問にご記載の130万円は社会保険上の扶養家族の判断基準でありますのでお間違えのないようにご注意ください。
詳細は、「失業給付と扶養の関係」もご参照ください。

評価・お礼

debucyoka_sanさん

早速の回答ありがとうございます。 
今まで悶々と考えていたのですっきりしました。
ありがとうございました。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

副業の収入と税金について rusierusieさん  2010-07-21 01:26 回答1件
青色申告にした方が得? NTKさん  2008-08-09 18:42 回答1件
開業届けの未提出と在庫について blue-blue-2さん  2010-01-02 19:46 回答1件
個人事業主の夫婦の場合は? tokononさん  2008-08-07 15:39 回答1件
節税、確定申告方法について saranさん  2008-04-20 17:45 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

角田 壮平

税理士法人チェスター

角田 壮平

(税理士)

対面相談

確定申告直前! これで安心。税理士による節税・税金相談会

今年も確定申告の時期がやってまいりました。日頃から疑問に思っていることなど気軽に相談してみませんか。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

安心、らくらく、納税管理人代行サービス

非居住者で確定申告が必要な人は納税管理人の選定が必要になります。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)