扶養控除について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養控除について

マネー 年金・社会保険 2012/09/22 15:47

こんにちは。
私は現在失業保険をもらっている専業主婦です。
来月より週28時間程度で月収21万(額面です)ほどのアルバイトを始めます。

その際に待機期間に扶養に入っていて控除されていた税金や保険はどうなるのでしょうか。後から請求されるのでしょうか。

ちなみに、
20123月退社。2012年1月から3月までの給料は額面で85万ほど。

よろしくお願いいたします。

補足

2012/09/22 15:47

また、数ヶ月前に厚生年金基金より脱退一時金の案内が来ていました。
よくわからず保留になっています。
次にアルバイトを始める会社は前職と同じなのですが、アルバイトを開始する際にその旨を伝えればよいのでしょうか。

FBJULI1230さん ( 東京都 / 女性 / 34歳 )

回答:1件

藤本 厚二

藤本 厚二
ファイナンシャルプランナー

- good

失業による待機期間中の税金・保険

2012/09/23 19:04 詳細リンク

待機期間、いわゆる求職期間中といって良いかと思います。失業保険を受給しながら就活をしてなんとか前職の企業のアルバイトになられたのですね。
1)税金について、2012年3月まで85万円と10月から21万円が3ヶ月で、トータル148万円
所得控除等を控除した税額は2万円ぐらい。扶養期間中の所得税を請求されることはありませんが、年末調整や確定申告で精算する事になります。ご主人の所得税を考えると、扶養期間中は幾分割安になっていたと思いますが、この期間の税額はやはり年末調整で追加徴収となります。
2)保険については、失業期間中は3号被保険者としてご主人の保険に自動的に加入していたと思いますので、このための追加徴収はありません。

以上のように扶養期間中の税金等はそれだけに限って請求されることはありませんが、年末調整や確定申告により、結果として請求されることになります。
また、厚生年金基金からの通知ですが、前職を退職されたので自動的に作成されたものと思います。この案内状を大事に保管するとともに、再就職の際にお話しておくことが大事です。条件によりもう一度加入することも可能かと思います。担当の方とご相談しておくと良いでしょう。

当然に失業保険はこれで中止になります。意外と給与金額よりも失業保険金額の方が高いこともあります。そのためアルバイトという不安定な身分の場合、ハローワークにアルバイトの件を隠すケースもまれにありますが、これは絶対にしないようお願いいたします。隠しておいて発覚した場合には、後日全額変換請求されるケースもあります。

失業
再就職
厚生年金基金
年末調整
確定申告

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

扶養について さくまろさん  2010-10-19 20:12 回答1件
失業保険について教えてください!! ナコさん  2009-06-24 12:05 回答1件
特定理由離職者の短期アルバイト ちーぞうさん  2012-12-07 18:31 回答1件
扶養との関係 osaru0saruさん  2009-01-30 22:24 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)