ビジネスモデルが法的に問題ないか教えてください - 経営コンサルティング - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:経営コンサルティング

ビジネスモデルが法的に問題ないか教えてください

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2012/09/07 17:09

会計事務所より相談を受けました。
このようなビジネスモデルは法的に問題がないかを教えてください。

A会計事務所が、A社で受注した記帳代行業務を、B子会社(記帳代行・経営コンサルティング業等)へ委託。
B社は、B社と契約している在宅ワーカーに請け負った記帳代行業務を委託する。

A社とB社間、B社と在宅ワーカー間で、それぞれ業務委託契約や守秘義務の遵守等契約を交わします。

子会社がさらに孫請けにあたる在宅ワーカーへ委託することは、このような業務の性質上問題ないのでしょうか?

tomareiさん ( 東京都 / 女性 / 42歳 )

回答:1件

大坂 寿徳

大坂 寿徳
保険アドバイザー

- good

しっかりやれば大丈夫です。

2012/09/10 11:47 詳細リンク
(5.0)

tomareiさん

初めまして。経営コンサルタント兼保険代理店の大坂です。
記帳代行業務に関してですが会計士や税理士の独占業務ではないので
A(会計事務所)→B(記帳代行等)→C(在宅)
と流れる再委任には問題ないと思われます。

AとBとの契約には再委任する旨を記載した契約書
BとCとの契約には再委任する旨を禁止した契約書が
必要になります。

また、記帳代行を依頼するクライアントとA社との間には
再委任する旨も表示した方が良いと思います。


さらに、1つ踏み込むと
契約書の表題は委託契約より請負契約の方がより
しっかりしたものになると思われます。

委任と請負の大きな違いは
委託には完成責任はないが
請負契約には完成責任があるということです。

通常大工さんなどが家を建てる場合は
請負契約になるので
台風があったり雪が降ったりして
日にちが幾らかかろうが
家が完成するまで作業します。


tomareiさんのお力になれていれば幸いです。

経営コンサルタント
税理士
記帳
会計
保険

評価・お礼

tomareiさん

2012/09/10 14:14

早速のご回答、及び詳細なアドバイス、本当にありがとうございました。
法的に問題ないかどうか早く確認したかったので、助かりました。

また、契約書表題の違いについては、存じ上げないことだったので、非常に参考になりました。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

親会社から受託する事務処理費について しまったヨッシーさん  2014-03-02 06:19 回答1件
会社経営コンサルタント派遣について ジャックさん  2006-08-22 11:12 回答4件
法人の屋号や契約など nature_lunchさん  2015-12-14 16:56 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

飯塚 浩一

法人エフピー株式会社

飯塚 浩一

(経営コンサルタント)

飯塚 浩一

法人エフピー株式会社

飯塚 浩一

(経営コンサルタント)

対面相談

企業のお悩みを解決します

企業の経営と運営についての相談

森田 勝

森田 勝

(経営コンサルタント)

対面相談 法人保険のご相談
澤田 勉
(保険アドバイザー)