勉強方法 - 子供の教育・受験 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:子供の教育・受験

勉強方法

育児・教育 子供の教育・受験 2012/08/31 22:41

私はものすごく勉強が苦手です。というのも書くというのが出来なくて、ノートとペンを持って書こうとしてもピタッと止まってわからなくなります。
見て丸暗記しか出来なくて、困っています。見て覚えるという反復で今までやってきました。
中学時代も書くのが苦手で成績は残念でした。
大学に行きたくてウズウズとしています。
見たり読んだりして覚える方法ってありますでしょうか?
よろしくお願い申しあげます。

ナシロさん ( 和歌山県 / 男性 / 20歳 )

回答:3件

加藤 和子

加藤 和子
料理講師

- good

丸暗記すごいです!

2012/08/31 23:12 詳細リンク

勉強が苦手とおっしゃっていますが、丸暗記出来るってすごいことです。私はなかなか丸暗記が出来ずに、学生時代は困ったものです。
見て覚えられるのでした、その覚えた事だけを書く訓練をしたらいかがでしょう。
絵を勉強する時も、まずは模写から入ります。いかにしっかりと見て、模写できるかです。
勉強も同じです。見て覚えたことを、そのまま書く習慣をつけてみてください。
これの繰り返しで、だんだんに自分の物になり、文章も書けるようになるでしょう。
即効を望まずに、ゆっくり、あせらずすることです。大丈夫自信を持ってください。

文章
学生
訓練

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
田原 洋樹

田原 洋樹
人材育成コンサルタント

- good

耳で憶えるという方法もあります

2012/09/02 16:19 詳細リンク

ナシロさん

こんにちは!
私も書くことが嫌い、憶えることが嫌いで受験勉強で苦労しました。

私も学校の先生からは、歴史や地理など記憶モノは書いて憶えるというのが基本のように
教えられましたから。

ナシロさんのように見て憶えるというテクニックは持ち合わせていませんでしたので
私は耳で聞いて憶えるという手法を取っていました。

自分でカセットテープなどに教科書や参考書に書いている事を自身の声で録音し、
それをヘッドフォンなどで聴くのです。
電車の中や歩行中時にはベッドで寝ながら等日常生活の中で、正にシャワーのごとく
耳にインプットしました。

おかげで英単語や歴史上の人物名など、なかなか覚えにくかった事も、常に耳に入ってくることで
記憶力が増大したことを記憶しています。

書く、見る、聴く。どれが正しいかはわかりませんが、言えることは
それぞれの方法で、もっとも自分に合う勉強方法を見つけて行くことを
お勧めします。

テクニック
参考書
記憶力
方法
受験
坪内 康将

坪内 康将
塾講師

- good

小中学生時代との大きな違いがあるのを知っておいてください

2012/09/13 15:19 詳細リンク

ナシロさん、はじめまして!

私は勉強方法の専門家です。しかし、ただ方法だけを教えるだけではなく、1つ社会人の方が知っておかなくてはいけない「大きな違い」があるので、そこをお話させてください。

小中学生と現在とで大きく違うのは「勉強体力」です。

勉強体力というのは、簡単にいうと「どれくらいの勉強時間ができるか」という力です。

例えば、中学生は1日何時間勉強しているか・・・思い出してみてください。
「中学のときは、ほとんど勉強しなかったな」という方もいらっしゃると思います。

しかし、中学生は最低でも「週5日、5時間」は勉強していたのです。

勉強時間=自分で自主的に学んだ時間 ではありません。

勉強時間=勉強に関わった時間
と考えてください。


高校を卒業して社会人になると、今まで当たり前だった「1日5時間」の勉強はなくなりますよね。

すると、身体の体力と同様に低下していくのです。試しに1日5時間勉強してみてください。今だと、ものすごく辛く大変だと感じると思います。しかし、学生時代はそれを毎日、何年間もやっていたわけです。


話をまとめますと、今は「勉強体力」がなくなっていることが原因ではないかなと思います。

どの勉強方法を選んでも、それを続ける体力が必要です。
もし今、ピッタリの勉強方法を見つけても、きっと数時間後には「もうダメ(泣)」と体力切れになり、「この方法もダメだ」となってしまうかもしれません。


そこで1つ提案です。

まずは勉強体力をつけることに専念してはいかがでしょうか。
つける方法は簡単です。「勉強に近い姿勢、環境で長く居る」これで体力はつきます。

勉強に近い姿勢、環境とは
例えば
例1:好きなマンガ、小説をイスに座って「読書している姿勢」で読み続ける
例2:毎日決めた字数以上の日記を書く
例3:テレビ、パソコン、携帯電話を使わない時間をつくる

できるだけ好きなこと(もの)を使って体力をつけましょう。

現状を変えようと思ったら、今ある『当たり前を変える』しかないと考えています。

今、失われている勉強体力を手にしたら、勉強方法の相談をまた質問してくださいね!

中学生
高校
環境
自分
方法

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

バイリンガル教育(日本語・韓国語)について millionstarさん  2012-11-04 22:53 回答4件
工業高校を辞めるべき? blackcat3354さん  2016-05-10 23:13 回答1件
進路に迷う息子 らじこさん  2016-02-18 23:45 回答3件
工業高校から一般入試 yusuke1129さん  2014-04-12 12:58 回答1件
英語学習障害 mugumugu3さん  2013-12-16 01:43 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談

中学受験を控えたお子様の国語の成績でお悩みの方にアドバイス

「国語の成績って、どうやったら上がるの?」「国語って、どう教えたらいいの?」にお答えします。

岡松 高史

岡松教育進学研究所

岡松 高史

(家庭教師)