基礎断熱のリフォームについて - リフォーム・増改築 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

基礎断熱のリフォームについて

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2012/08/25 13:47

リフォームの基礎断熱は、どのようにするのがベストですか?
換気はどのように考えればよいでしょうか?

床下には夏の熱気、冬の寒気を取り込まず、地熱によって夏は涼しく冬は暖かい家にしたいとおもっています。

戸建住宅の2階建てです。

補足

2012/08/25 13:47

もし、参考になる動画やウェブなどありましたら、おしえてください。

ken12さん ( 埼玉県 / 男性 / 42歳 )

回答:2件

田中 徹正 専門家

田中 徹正
リフォームコーディネーター

- good

湿気対策が重要です。

2012/08/31 10:24 詳細リンク

はじめまして、株式会社トーシンリフォームの田中と申します。

さて、ご質問の件ですが、まずは、床下の基礎の状態を確認してください。

床下収納などを外して、下にコンクリートが流してあればOKです。
もしも、土が剥き出しであれば、最低限の作業として、
コンクリートを流す必要があるかと思います。


コンクリートが流してあったと仮定してお話しますが、一番問題になるのが湿気です。
そもそも、床下は断熱よりも通気を重視していますが、
土台の木材が湿気によって腐食しない為に通気をさせています。

断熱のためには、通気をさせないのが最も有効ですが、
その場合は湿気対策を他の方法で行なう事になります。

一つのやり方としては、通気口を全て塞いで、漆喰や珪藻土など床下全面に流す。
または、備長炭のマットを敷き詰めるなどです。

最も簡易でリスクの低いのは、通気口を塞がずに、床下の天井部分にガイナという断熱塗料を塗ることでも、状況により効果が期待できます。

全ての工事は、ケースバイケースになります。
まずは、信頼のおける業者さんを探す事が第一歩かと思いますよ。

良いリフォームになると良いですね。


株式会社トーシンリフォーム 体表取締役 田中徹正

対策
効果
リフォーム
断熱
基礎

回答専門家

田中 徹正
田中 徹正
(神奈川県 / リフォームコーディネーター)
株式会社 トーシンリフォーム 代表取締役
0120-775-388
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

リフォームは誰がやるかが一番大事!

初めまして(株)トーシンリフォーム 代表の田中です!リフォームは人の手で作り上げるものです。どんなにいい材料でも、生かせるかどうかは、職人の腕次第なんです。トーシンリフォームは、腕利職人が丁寧な仕事をする事を約束します!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
海田 修平

海田 修平
建築家

- good

基礎断熱の場合床下の換気はしません

2012/08/27 11:53 詳細リンク
(5.0)

基礎断熱の場合、1階の床下を室内と同じ状態に保つ必要がありますので床下換気をしません。

新築の場合はベタ基礎(コンクリートを全面に打つ基礎形状)として、
外周部立上がりの内側に断熱材を貼ります。
床下を室内と同じ状態にするため、床下に断熱材は敷き込みません。

リフォームの場合、基礎の内側に断熱材を貼るには床を剥がす必要があります。
床下に敷き込まれている断熱材も撤去します。

さらに、基礎形状がベタ基礎でなく、布基礎である場合、
地面が露出している部分にコンクリートを打つ方が良いと思います。
通常、床下換気がされていると思いますので、これを塞ぐ必要もあります。

このような方法が一般的ではないかと思います。
参考になりますでしょうか。

評価・お礼

ken12さん

2012/08/30 09:06

ご返信ありがとうございます。


>基礎断熱の場合、1階の床下を室内と同じ状態に保つ必要がありますので床下換気をしません。

床下を室内と同じ状態にたもつということですが、換気をしなくて湿度などあがりませんか?


>リフォームの場合、基礎の内側に断熱材を貼るには床を剥がす必要があります。
>床下に敷き込まれている断熱材も撤去します。

基礎の内側に断熱材を張ると湿気がたまるときいたので、基礎の外側の断熱がよいとききましたが本当でしょうか?
そのさい断熱材をはるとおもいますが、シロアリの被害が心配です。

>さらに、基礎形状がベタ基礎でなく、布基礎である場合、
>地面が露出している部分にコンクリートを打つ方が良いと思います。
>通常、床下換気がされていると思いますので、これを塞ぐ必要もあります。

こちらの方法ですが、コンクリートの工事ですが、ウェブでなにか説明がのっているところはないですか?

よろしくお願いいたします。

海田 修平

海田 修平

2012/08/31 12:24

ベタ基礎の場合、地面からの湿気があがることはないと思いますが、コンクリートからの湿気がこもる可能性はあると思いますので、しばらくは床下の換気をして湿気に気を使う必要があります。

外側に貼るか内側に貼るかについてですが、
外側に断熱材を貼る工法の方が、断熱材が地面と接することになりますので、
ご心配の通りシロアリ被害の可能性が大きくなります。
作業は楽かもしれませんが、シロアリ対策が必要となります。

ウェブについて検索してみましたが、リフォーム工事について具体的に工程を説明しているページを見つける事はできませんでした。私が参考にしているのは、住宅金融普及協会が発行している木造住宅工事仕様書で、過去の版がホームページで閲覧可能です。

http://www.sumai-info.com/spec/wooden.html

平成20年版、その2の38ページ以降に基礎断熱の説明があります。

いくつかの方法が記載されておりますので、どの工法が適しているのかを、
業者さんと相談されるとよろしいかと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

広縁の断熱に悩んでいます ごーしゅさん  2013-01-18 20:02 回答2件
布基礎の床下に防湿シートを敷くべきかどうか でんままさん  2012-10-16 22:32 回答5件
建替えの時期について gandam3jpさん  2012-06-24 14:49 回答1件
断熱材は必須ですか? yumyummyさん  2011-10-11 15:41 回答1件
マンションの中でうちだけ、外にまで流れ出る結露 たまごんさん  2011-02-28 12:46 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

パネル交換によるリフォーム体験

リフォームとは、ちょっとしたアイディアから生まれて来るものです。

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)

メール相談

パネル交換によるプチ・キッチンリフォームでイメージチェンジ

パネル1枚からオーダー出来るリフォームをしてみませんか?

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)