ハウスメーカー責による引渡し遅れに対しての損害賠償 - 住宅・不動産トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

ハウスメーカー責による引渡し遅れに対しての損害賠償

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2012/08/07 01:08

(経緯説明)
土地と建物を別々に購入し、土地の代金はつなぎ融資で。
現在アパート暮らし。
ハウスメーカーと工事建築工事請負契約。
11月下旬 工事着手承諾済み。
12月下旬 設計担当者より着工が遅れるかもしれないと電話連絡。
2月中旬 当初着工予定の1月下旬を過ぎても連絡が来ないので、こちらから設計担当者へ連絡。
2月下旬 設計担当者と打合せ。その後何回かやりとり。
3月下旬 まともな説明・案が出てこないため、責任者在席の元、こちらの妥協案提示。
ハウスメーカー責を認め(文書有り)、間取り変更0.5畳分の追加費用はメーカーにてもつことを了承。
4月上旬 再度工事着手承諾
5月下旬 当初引渡し予定
8月上旬(現在) 工事は無事進んでいる様子。各種補助金にはぎりぎり間に合いそう。
9月上旬 現在の引渡し予定


(質問内容)
最終金の説明文書は送られてきましたが、損害賠償に対しての説明が来ない状態のため質問させて頂きます。

損害賠償としてどこまで請求可能でしょうか?
1 つなぎ融資利息(3ヶ月分)
2 アパートの家賃(3ヶ月分)
3 契約書に記載の履行遅滞違約金(請負代金-出来高及び発注済材料)×4/10000×90日
工事を完成して引き渡すことを遅滞したとき・・・との文章だが、着工前の遅滞に関しても請求出来ますか?
4 変更承諾分の追加費用
5 その他

3~5の扱いが微妙と感じています。
3が可能な場合出来高及び発注済材料の金額はどうなるでしょうか?
1+2-4が妥当なところでしょうか?

dododoさん ( 埼玉県 / 男性 / 36歳 )

回答:1件

菊池 克弘

菊池 克弘
建築家

- good

工事遅延損害金の算定について

2012/08/21 14:46 詳細リンク

建設工事請負契約につき、よく発生する問題にあたってしまいましたね。現実の経緯について事実関係を把握していないため、あくまで文面から読み取った範囲での回答となりますことを、ご承知おきください。

さて、私の所見ですが、損害賠償金額は以下のようになるのが妥当と判断されます。

1 つなぎ融資利息:0
2 アパートの家賃:0
3 履行遅滞損害金:変更工事を含め、新たな引き渡し日を9月上旬とした場合0、引き渡し日を5月下旬としたままの場合、算定式の日数分
4 変更承諾分の追加費用:追加した工事が0.5畳分のみであった場合0、それ以外に追加工事があった場合、その追加分
5 その他:特別な事情が発生した場合、その事情分

つなぎ融資利息とアパートの家賃が0となることにつき、意外と思われるかもしれませんが、これは損害については、3の算定式によるためです(これ以外に、つなぎ融資利息とアパートの家賃を加算することが約定されていれば別ですが)。

なお、3の算定式に現れる出来高及び発注済材料費につきましては、工事会社(ハウスメーカー)に根拠となる金額を明確にさせてください。

契約
問題
変更
損害賠償
工事

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

新築遅延による損害賠償 k.h.r.m.nさん  2011-05-18 00:35 回答1件
引渡延期による損害賠償について くりかめさん  2013-09-06 17:37 回答2件
契約後の契約破棄について にゃんチュさん  2016-10-28 16:34 回答1件
建築委託解除の違約金 BBさんさん  2009-12-16 01:13 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)