住宅売買の解約など - 不動産売買 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅売買の解約など

住宅・不動産 不動産売買 2012/07/12 21:20

建売物件の売買のトラブルについてアドバイスをいただきますようお願いいたします。
5月6日 :建売物件(完成済み)の売買契約をして、手付金50万円を支払いました。住宅ローンの審査はまだしてないです。
5月8日:中間金の支払日
6月11日:残代金の支払日
6月11日:引渡し日
物件価額:2600万円(諸費用100万円ぐらいを含む)
違約金:500万円(建物の20%相当)
ところが、契約の前日にインターネットでその物件の情報を確認してみると床暖房付きと書かれています。その事を翌日の契約の際に担当者に確認したところ、「床暖房付きの物件です」との説明でしたので、迷わず判を押しました。ところが契約後になって、確認の間違いで床暖房はないといわれました。解約の相談をしたら手付金は返せないから、うちで建てたほかの物件にするなら、この手付金をそちらに回せると言われました。
そのため、土地を紹介してくれて、注文住宅のほうに薦められました。だたし、うちで建たなければならないと条件でした。なぜかというとその手付金が建物に回すから。しかしながら、ブランと間取りなどは土地の契約が終わったら始まりますといわれました。もし条件付きの土地なら建築工事請負契約に至らなかったら、土地の契約が白紙にすることができますが、私の場合は条件付きの土地みたいけど、建築工事請負契約に至らなくても土地の解約ができないです。しかも、建売の物件も解約ができないではないでしょうか?建築工事の費用とかはすべて業者の言いなりになると思います。それでも知識不足のせいで土地の購入申込書を書きました。申込上には土地の手付金は50万となっています。

●この申込書の意味が売主との値段交渉が成立したら買わなければならないということなのでしょうか?因みに土地の売主が第三者(個人)です。
●以上の状況からすると、土地の契約前に注意しなければないことはなんでしょうか?先プランの見積もりと間取りを決めて建築工事請負契約をしたほういいでしょうか?
●それから、建売の契約は本当にできないでしょうか?

補足

2012/07/12 21:20

「重要な事項について、故意に事実を告げず、又は不実のことを告げる行為」「不当に高額の報酬を要求する行為」そして「手付について貸付その他信用の供与をすることにより契約の締結を誘引する行為」をしてはならないとか、また、ネットの広告に記載された内容が実態と異なる場合には「不動産の表示に関する公正競争規約」(不動産広告ルール)に反する行為にも該当するから解約することが可能だと言われる方もいましたが、契約書の重要事項のところに書かれていないから解約できないと言う方もいました。

綾さん ( 埼玉県 / 女性 / 36歳 )

回答:1件

真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

9 good

契約の解除等について

2012/07/16 15:40 詳細リンク

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

個別の法的相談・解釈等に関しては、弁護士等の専門家へご相談ください。

現状の確認ですが、
建売の売買契約(手付金50万円を支払済)を締結し、
解約はまだしていない状態でよろしいでしょうか。
そして、もし別の土地を契約して、建築をその業者で行えば
建売の売買契約での手付金50万円をそのまま土地の契約に
回すと言われれていることでよろしいでしょうか。

上記の前提でお話をします。
まず、建売の売買契約に関して、問題が床暖房だけの話であれば、
明らかに担当者(販売図面に記載があり、さらに口頭でも確認をとっている)
のミスなので、この売買契約をそのまま遂行して、
床暖房をきちんとつけてもらう(もちろん、業者側の負担で)のが
一番あるべき姿だと思われます。
床暖房があることを前提に売主および買主が契約をしているので、
売主は、床暖房がついた物件を引き渡す義務があります。
したがって、床暖房がついていない物件を引き渡されないのであれば、
売主の債務不履行で、催告の上、違約解除等も視野に入ると思われます。
この場合、売主側が違約しているので、買主である綾さんは、違約金を
受け取れる可能性があります。

もし、何らかの理由で、現在契約中の建売住宅よりも
新しく検討している土地の方が良いのであれば、
土地の契約は、通常は「建築条件付き売地」として契約をする方が良いと思います。
土地を契約した後に、どうしても建築の部分で納得いかない部分ができた時に、
請負契約を締結しない事で、土地の契約自体を白紙解約をすることが可能です。

業者が提案してきている土地の取引は、
建築条件付き売地でなく、単なる土地の売買契約として契約を締結し、
その後、指定の業者で建物請負契約をするのです。
この形態の取引は、土地の取引は、建物の請負契約と独立して
土地の売買契約が存在します。
したがって、土地の売買契約を履行すると土地を手に入れることができます。
どうしても指定業者の建物請負契約が納得いかなければ
そこの業者とは請負契約を結ばないで、
ご自身で探した工務店等と建物請負契約を結んでしまうことが実務上は可能です。

建売の契約の遂行、建築条件付き売地、単なる売地、それ以外と
いくつか選択肢があると思いますが、ぜひ頑張ってください。

少しでもお役に立てれば幸いです。

契約
売買
建築
床暖房
土地

回答専門家

真山 英二
真山 英二
(神奈川県 / 不動産コンサルタント)
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

建売住宅の購入の解約について 綾さん  2012-07-01 23:46 回答1件
土地契約後の建物契約への不信について mame1120さん  2015-09-28 08:22 回答1件
不動産個人間売買 売主側 負担金 angeliqueさん  2010-03-21 00:31 回答2件
住宅ローン契約の撤回について。 mdmd14244さん  2012-12-27 21:11 回答1件
建築工事請負契約キャンセルについて あらんてすさん  2010-09-05 22:42 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談 中古住宅よろず個別相談
菊池 猛
(中古住宅専門家)
対面相談 住宅購入相談コンサルティング
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)