夫婦2人の保険の見直しを考えています - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫婦2人の保険の見直しを考えています

マネー 保険設計・保険見直し 2012/07/09 18:33

主人50歳 私44歳で子供はいません。
主人所有マンション(団信加入)
主人の年収は500万円ぐらいで、私の年収は70万円弱です。
現在貯金410万円
投資信託・外貨MMF320万円です。
現在住宅ローンが主人が64歳まで残っていますので、毎年100万円ずつ繰り上げ返済をして、せめて60歳までに返済終了できるよう頑張っています。
主人の保険は、60歳までは病気死亡1200万円65歳まで300万円80歳まで150万円85歳まで20万円で終了してしまいます。入院も5日以上連続して入院すれば1日目からというものです。
夫婦2人で住宅ローンの心配がなければ、1200万円もいらないのではないか?
入院金額もどんどん減っていきますので、本当に必要になった年齢の時には金額が少ないし、短期の入院が増えているので、1日からの入院保障に変更した方がいいのではないか?
死亡保障200万円で、65歳までに払い込みが終了し、保障は終身はどうか?保険ではなく、貯金の方がいいのか・・・いろいろ考えています。
アドバイス宜しくお願い致します。

なつ1968さん ( 奈良県 / 女性 / 44歳 )

回答:4件

釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

1 good

保険が必要かどうか? それがスタートです!

2012/07/10 09:16 詳細リンク
(5.0)

なつ1968 様

この度はご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャルプランナーの釜口です。

夫婦2人で住宅ローンの心配がなければ、1200万円もいらないのではないか?
⇒遺族厚生年金となつ1968様の老齢年金で生活が成立つ
のであれば、ご主人の死亡保障は必要ないという判断ができますね。
遺族年金と老齢年金の額は把握されていますか?

入院金額もどんどん減っていきますので、本当に必要になった年齢の時には金額が少ないし、短期の入院が増えているので、1日からの入院保障に変更した方がいいのではないか?
⇒入院日額が減っていくということは、共済ですか?
もしそうだとすると、一番必要な時期に保障が確保できない
ということになります。

高齢になり入院をされる可能性が高い時期に入院されても、
賄えるくらいの預貯金を確保できていれば医療保険自体、
必要がないという判断もできますが…

もし預貯金が確保できない可能性があるのであれば、
現年齢から終身の医療保険を確保しておくというのも
リスク対策として選択肢の一つです。

死亡保障200万円で、65歳までに払い込みが終了し、保障は終身はどうか?保険ではなく、貯金の方がいいのか
⇒終身死亡保障200万円の目的は何ですか?
目的が明確でなければ、保険でなくて貯蓄をされた方が賢明です。
もし目的が明確であれば、終身保険200万円で一番費用対効果が
高い保険を選んでいくというステップです。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
http://www.bys-planning.com

終身保険
厚生年金
共済
医療保険
遺族年金

評価・お礼

なつ1968さん

2012/07/10 19:05

早速のご回答ありがとうございます。
遺族年金と老齢年金の額はだいたい把握してるつもりです。
現在おっしゃるとおり共済です。
目的は明確ではないですが、ばくぜんと葬儀代です。
貴重なご意見ありがとうございました。

釜口 博

2012/07/10 19:33

高評価をいただきまして、ありがとうございます。

遺族年金と老齢年金の額はだいたい把握してるつもりです。
⇒だから1,200万円は必要ないと思われていたんですね。
すばらしい!

目的は明確ではないですが、ばくぜんと葬儀代です。
⇒葬儀代はしっかりした目的です。
葬儀代であれば、終身保険200万円はベターな選択です。
あとはどの保険会社のどういう保険商品がベストかを
突き詰めるだけです。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

1 good

保険とローンの見直し

2012/07/10 10:22 詳細リンク
(5.0)

アネシスプランニングの寺岡と申します。宜しくお願いします。

ご質問の件ですが、住宅ローンも借り換えされた方がいいかも検討されることをお勧めいたします。

保険の見直しは現在の詳しい加入内容が把握できませんと何とも言えませんが、医療関係の保険は早めに見直しされる方がよさそうです。

また、死亡保険はお二人の考え方にもよりますので、保障額の多い少ないの判断は難しいものです。
定年後から年金支給年齢までの間をどう考えるか、またその後の生活資金もどうされるかも踏まえて、保険加入等は検討すべきでしょう。


以上、ご参考になれば幸いです。

7月18日(水)【大阪開催】個別相談会 開催!
ローンや保険のご相談もお受けしております。
詳しくはこちら
http://profile.allabout.co.jp/w/c-78975/

尚、個別のご相談や詳しい説明をご希望でしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。

アネシスプランニング
http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/

マンション・一戸建て内覧会 同行サポート 受付中!
http://navi.nikkori-house.jp/anesisplan/free/free/tabid/158/Default.aspx

住宅ローンの個別相談 受付中!
詳しくはこちら ⇒ http://profile.allabout.co.jp/s/s-3082/

住宅ローンや保険の見直し個別相談会 開催!
詳しくはこちら ⇒ http://profile.allabout.co.jp/s/s-3327/

相談
大阪
保険
見直し
住宅ローン

評価・お礼

なつ1968さん

2012/07/10 19:21

早速のご回答ありがとうございます。
住宅ローンの借り換えは3年前に行い、10年間は1.85%の固定で10年後は1%優遇というものです。
定年後から年金支給年齢の間をどう考えるかという点、今の主人の会社で65歳までの5年間はアルバイトで現在働いている方がいるという事で、深く考えていませんでした。でも主人が同じように働けるか保障できるものではないですし、見落としていた点です。もう一度よく検討しないといけないと思いました。ありがとうございました。

寺岡 孝

2012/07/11 01:39

この度は回答に評価をいただき、まことにありがとうございます。

ローンの件は残債の額と残りの返済期間にもよりますが、変動金利との差が約1%あればそれなりの効果はあります。

また、共済への加入とのことですが、いざ使いたい年齢の時期に使えないという場合もありますので、タイミングを見て使える医療保険を検討されてはと思います。
TV放映でもありましたが、がん難民にならないように…

さらに、定年後から年金支給時期までの生活資金は以外と見落としがちですので、何で対処されるか充分検討しておくことでしょう。

以上、取り急ぎ回答の評価の御礼まで。

回答専門家

寺岡 孝
寺岡 孝
(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

寺岡 孝が提供する商品・サービス

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

対面相談

新築、中古マンションの売買契約に関する個別相談

新築、中古マンションの契約などのお悩みを個別に解決します!

宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

1 good

保険の見直しについて

2012/07/10 11:05 詳細リンク
(5.0)

はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの宮里です。

ご主人の保険は、死亡保障もだんだん目減りしてしまうものですし、入院も5日以上の支払いということですね。
ご主人が会社員で、遺族厚生年金と中高齢寡婦加算の金額とご自分のパート収入で十分なのであれば、おっしゃるように終身保障の死亡保険を65歳払い済みぐらいで加入されてもいいのではと思います。
葬儀費用を貯蓄でためるよりは、終身保険のほうが率はいいです。

入院保障も今は日帰り入院から保障されますね。
今の保障内容と保険料をみてみないと何ともいえませんが・・・・

奥様のほうの保障内容は記入されていないのでわかりませんが、具体的な保険内容などご質問があれば、お気軽にお問合せくださいませ。

miyasato-m@hot-life.net

ファイナンシャルプランナー
終身保険
年金

評価・お礼

なつ1968さん

2012/07/10 19:28

早速のご回答ありがとうございます。
現在の保険料は毎月5400円です。
私は毎月1600円ですが、昨年の冬に手術をしまして、見直しは無理と思いますので
現在考えておりません。
葬儀費用を貯蓄でためるよりは、終身保険のほうが率はいいというご意見、参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

宮里 恵

2012/07/11 14:43

高評価ありがとうございます。
ご主人が全労済の大型タイプ。奥様が医療タイプにご加入ということですね。

共済は現役世代のプラスの要素としてはいいかもしれませんが、やはり本来医療保険や死亡保障を使う老後がネックになってきます。
全労済は終身医療もありますが、民間のものと比べると割高です。

長生きのリスクに備えるためにも見直すいい機会だと思います。
また、なにかあればお気軽にお問合せくださいませ。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

1 good

生命保険の見直しについて

2012/07/11 10:13 詳細リンク
(5.0)

なつ1968さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『夫婦ふたりで住宅ローンの心配がなければ、1200万円もいらないのではないか?』
につきまして、

死亡保障の保険に加入する目的につきましては、
まず、万が一のことがあったときに、
残された遺族に対する保障となります。

また、なつ1968さんがご記入されているとおり、
将来のお葬式代の一部として、
加入される場合もあります。

遺族保障につきましては、
1.団信に加入していること
2.なつ1968さんにも収入があること
3.遺族年金も受け取れること
などの点も考慮したうえで、

不足する金額部分を補う目的で、
生命保険に加入することになります。

尚、なつ1968さんの場合、
遺族保障といった点からすると、
死亡保障の必要性はあまりないと思われます。

また例えば、50歳のご主人様が60歳で定年退職するとして、
それまで毎月1万円ずつ積み立てを行った場合、
10年間で120万円は確保できることになります。

また、今は生命保険の予定利率(便宜的に支払い保険料の割引率とお考え下さい。)は大分下がってしまっていますので、
あまり予定利率が低いのであれば、
毎月積み立てていってもよろしいと考えます。

死亡保険金につきましては、
死亡時にしか受け取れませんが、
積立金ならばそのような制限はありません。

『入院金額もどんどん減って行きますので、本当に必要になった年齢の時には金額が少ないし、短期入院が増えているので、1日目からの入院保障に変更した方が良いのではないか?』
につきまして、

医療保障につきましては、
なつ1968さんもご記入されているとおり、
医療技術の進歩に伴い、

今は短期入院が中心となりますので、
なつ1968さんのお考えの通り、
今の医療保険につきましては一旦解約して、
・短期入院特約の付いた、
・終身タイプの医療保険に加入し直してもよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

生命保険
死亡保険
医療保険
遺族年金
住宅ローン

評価・お礼

なつ1968さん

2012/07/11 17:46

とてもわかりやすいご回答ありがとうございます。
保険ではなく積立というご意見参考にさせて頂きます。
もう一度じっくり検討したいと思います。

渡辺 行雄

2012/07/11 21:20

なつ1968さんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

保険の見直し(夫婦共に非正規の場合) しじみさん  2009-11-14 01:06 回答3件
保険の見直しについて、教えてください かわママさん  2009-05-30 23:58 回答5件
保険見直し+ライフプランについて ctsfukさん  2012-03-25 14:45 回答1件
二人目の学資保険&生命保険見直しについて はるかママさん  2011-11-21 00:04 回答5件
保険の見直し(共働き)、余裕資金の運用について milktea2さん  2013-12-27 15:33 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)