個人年金 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人年金

マネー 年金・社会保険 2007/07/30 20:46

私の夫は契約社員で厚生年金に加入しています。2年前までは国民年金に共に加入していました。このままですと老後、年金で生活することは難しいので個人年金に今から加入しようと考えています。どの会社の年金がいいかアドバイスをよろしくお願い致します。

せいさん ( 埼玉県 / 女性 / 47歳 )

回答:1件

山中 伸枝

山中 伸枝
ファイナンシャルプランナー

- good

年金保険商品に固執しなくても

2007/07/30 21:29 詳細リンク

せいさま

こんばんは、ファイナンシャルプランナーの山中伸枝です。

老後資金作りは多くの方の関心ごとです。まず最初のステップは、会社の年金制度を確認すること。現在厚生年金ということですが、企業年金の有無と年金支給額などを会社で聞いてみて下さい。

それから、将来もらえる年金の試算をしておきましょう。こちらのコラムで解説していますので、参考にしてみて下さい。http://www.lifemile.jp/m/yokubari/money/other/070713.html

そこまで出来たら、いつまでにいくら位を貯めたら「安心」できるのか目標を決めます。

さてご質問は「どこの年金保険がいいのか」ということですが、確定年金の予定利率はどの保険会社も一様に低いのが現状です。

年金保険のほかに「投資信託」や「変額年金保険」も公的年金の上乗せとしては選択肢です。しかしこれらは自分で運用するため将来の年金額が分からない、勿論運用が上手くいってかなりの資金が手に入る可能性もあるし、元本も回収できないという不幸なケースも考えられます。

変額年金保険は、自分で運用するという点では、投資信託と似ていますが、契約者の死亡時には払い込んだ保険料が最低保証され遺族が受け取れるなど、「保険機能」がついています。投資信託より安全な商品設計になっているので、当然その分支払うコストは割高です。

このように老後資金作りのために相応しい金融商品は複数あり一概に「どこのこの商品がいい」とは言いがたいのです。出来れば専門家にご相談なさるのが一番だと思います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

年金について うーちゃん1003さん  2008-06-11 22:03 回答1件
いきなり厚生年金に加入できるのですか? tommyさん  2006-04-24 10:05 回答1件
個人年金保険解約について natsu2206さん  2016-07-28 17:49 回答2件
個人年金保険 Naoki7さん  2012-03-12 00:18 回答1件
401k  法人税?? torajimaさん  2011-05-12 08:03 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)