貯蓄と楽しみのバランス - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

貯蓄と楽しみのバランス

マネー 家計・ライフプラン 2012/05/18 00:07

エクセルでキャッシュフローを作って悩んでいる所です。

・現在40歳、妻、子供2人(10,5歳)
・手取りで760万+0~50万
・4000万住宅:ローン残高1500万程
・ローンは年間で170万返済、あと10年程で終了予定
・自社株年間35万、財形貯蓄で年間100万、子供の教育費として年間40万貯蓄
・貯蓄300万+株で300万程。
といった状況です。

保険や光熱費、食費、帰省費、病院、マンション管理費、車維持費、など
定期的な考えられる出費をすべて考慮し、
年間のバランスシートを作成すると年間で40万程余りが出る
計算になりました。旅行、衝動買いなどは計算外なので
多分この40万から削っていくイメージかと思います。

子供は片方は事情により中学から私立を考えております。
学習塾代などを考えても、このままのプランで行けそうな計算なのですが
あくまで数字上なので想定があまいとNGなので心配しております。

・住宅ローンの繰り上げ返済を数回行いましたがもう不要でしょうか?
上の子が大学、下の子が高校に入るまでに完済できそうなので、
このままでもいいかなと思っていますが、利息が面白いように減るので
ついつい繰り上げ返済を行なってしまいます。
・今後の子供の教育費は2人合わせて年間40万貯蓄し、
足りない分は、財形貯蓄から賄おうと思っていますが十分でしょうか?
(私立、公立で異なるかもしれませんが…)
それとも学資保険などに加入しておいた方がよろしいでしょうか?
・株は奨励金も出るのでこのまま取り崩さず放置するつもりです。
・老後資金として個人年金を年間19万程払っています。

貯蓄をやりすぎな気もしています。
繰り上げ返済、貯蓄ばかりでは楽しみもないので、
無理のない範囲でお金は使いたいと考えてもおります。
アドバイスいただけると助かります。

補足

エラーになるのでここに記載します。

>ここについては、反対にお伺いさせていただきたいのですが、退職金はどれくらいを想定していますか?
>49歳から平均2%ずつ逓減し、60歳以降は再雇用とし、~64歳の間の年収を480万円にしています。

これは別スレッドで老後資金として質問しようと思っていたのですが、一部記載致します。
第1年金、第2年金と確定拠出年金で2000万位を見ています。
さらに個人年金で60~64は年間150万、65~74は年間75万。
国からの年金が一応65から24万/月もらえるとすると
60~74歳までは月に34万ほど、それ以降は月28万ほどと予測しています。

さらに退職一時金は別途600万ほどでみており、こちらは上記の月の金額には含まれておらず余裕資金です。
更に株もあるので60で会社をやめても老後資金は大丈夫かな…と思っています。

ただ、2000万の内、確定拠出年金部分(最終的に600万位)が
リーマン・ショック以降激減で現時点で40万の損です。
かなりアグレッシブなポートフォリオなので当然なのですが…

長くおいておくものだと理解しているのもありますが、
闇雲にポートフォリオを変えるわけにも行かず、放置している状態です。

kkym923さん ( 神奈川県 / 男性 / 40歳 )

回答:2件

田中 佑輝 専門家

田中 佑輝
ファイナンシャルプランナー

1 good

効率よく必要なお金を増やして使うには

2012/05/18 02:12 詳細リンク
(5.0)

初めまして、アルファファイナンシャルプランナーズの田中と申します。

頂いている情報をもとに、こちらでもライフプランを立ててみました。

【注意】あくまでいただいている情報だけですので、大幅にずれてしまう可能性もありますが、ご了承ください。

まず、今後のお子さんの学費(平均的データ)を補足に記していますので、ご参照ください。

前提条件として、私のほうでは、kkym923さんのお給料が今後平均で2%ずつ増加し、49歳から平均2%ずつ逓減し、60歳以降は再雇用とし、~64歳の間の年収を480万円にしています。また、奥様は専業主婦という計算です。

>・住宅ローンの繰り上げ返済を数回行いましたがもう不要でしょうか?

頂いた情報からですと、この先2年以内に300万円くらいの資金を繰り上げ返済してもよいかもしれません。
ただ、これは今使っている住宅ローンの金利にもよります。
繰り上げ返済をして、あと2年ほど期間を短縮できれば、ちょうど一人目のお子さんの大学入学時期に完済となります。kkym923さんのキャッシュフローからは、その時期に家計が赤字を迎えます。

>・今後の子供の教育費は2人合わせて年間40万貯蓄し、足りない分は、財形貯蓄から賄おうと思っていますが十分でしょうか?

計算上は、それで大丈夫です。ただ、財形貯蓄は基本的には金利は低いので、もう少し効率的な積立方法を選択したほうがいいと思います。
同じような円建ての商品であれば、銀行や保険会社で金利が高いものはあります。今でも、1%くらいつく商品はざらにあります。オールアバウトの規定上、具体的な商品を記載することが許されていませんので、ご関心があれば、ご連絡ください(⇒tanaka@alpha-fp.com)

>・それとも学資保険などに加入しておいた方がよろしいでしょうか?

今から学資保険をやってもそんなに金利がつきませんので、あまりお勧めはできません。

>・株は奨励金も出るのでこのまま取り崩さず放置するつもりです。
>・老後資金として個人年金を年間19万程払っています。

ここについては、反対にお伺いさせていただきたいのですが、退職金はどれくらいを想定していますか?

見た感じだと、もう少しお金を使いながら楽しい現役生活をしながら良いバランスが出来ていますね。

情報をいただければ、統計データをもとにすべて計算させていただきます。
ご返答お待ちしております。

補足

・公立小学校⇒10万円(学費)+21万円(給食費・学校外活動費)
・公立中学校⇒18万円(学費)+14万円(給食費・学校外活動費)
・私立中学校⇒初年度122万円(学費)+29万円(給食費・学校外活動費)、次年度95万円(学費)+29万円(給食費・学校外活動費)
・公立高校⇒24万円(学費)+16万円(給食費・学校外活動費)
・私立高校⇒初年度93万円(学費)+20万円(給食費・学校外活動費)、次年度66万円(学費)+20万円(給食費・学校外活動費)
・私立文系大学⇒初年度123万円(学費)+110万円(給食費・学校外活動費)、次年度91万円(学費)+60万円(給食費・学校外活動費)
・私立理系大学⇒初年度164万円(学費)+110万円(給食費・学校外活動費)、次年度130万円(学費)+60万円(給食費・学校外活動費)

ファイナンシャルプランナー
大学
学資
ライフプラン
キャッシュフロー

評価・お礼

kkym923さん

2012/05/19 00:13

ありがとうございます。
入力エラーになるので一部は補足で記載します。

>ただ、これは今使っている住宅ローンの金利にもよります。
2009年11月に銀行を乗り換えて5年固定の元利均等1.695%です。今思えば変動にすべきでした。

>キャッシュフローからは、その時期に家計が赤字を迎えます。
1人が私立、1人が公立、という計算でしょうか。

>財形貯蓄は基本的には金利は低いので、もう少し効率的な積立方法を選択したほうがいいと思います。
運用というより使わないように別の口座に移動させているという意味合いが強いです。
運用は興味があるのですが、素人なので手を出せずにいます。

田中 佑輝

2012/05/22 00:04

kkym923様

システムの不具合か、返信が載っていなかったようです。失礼いたしました。

>ただ、これは今使っている住宅ローンの金利にもよります。
2009年11月に銀行を乗り換えて5年固定の元利均等1.695%です。今思えば変動にすべきでした。
⇒確かに、今思えば、変動がよかったかもしれませんね。金利1.695%であれば、300万円くらいで2年の短縮ができそうですね(ただ、いつやるかによって変わることもあります。)

>キャッシュフローからは、その時期に家計が赤字を迎えます。
1人が私立、1人が公立、という計算でしょうか。
⇒その通りです。上の子が私立、下の子が公立という計算です。

>財形貯蓄は基本的には金利は低いので、もう少し効率的な積立方法を選択したほうがいいと思います。
運用というより使わないように別の口座に移動させているという意味合いが強いです。
運用は興味があるのですが、素人なので手を出せずにいます。

この先、資産運用はkkym923さんの資産を守るためにも重要になります。
49歳以下の方の年金開始年齢も70歳になる可能性が高くなりました。
せっかく計画的な貯蓄ができているkkym923さんなら少しでもお金がお金を生む仕組みを作り上げるとよいのではないかと思います。

私のほうで開催するセミナーなどにもご参加くだされば、運用の基礎から学んでいただくこともできますので、ぜひいらしてください。
または、http://alphardic.com からお問い合わせください。
セミナー情報などもお送りいたします。

回答専門家

田中 佑輝
田中 佑輝
(埼玉県 / ファイナンシャルプランナー)
アルファ・ファイナンシャルプランナーズ 代表
090-8461-7890
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

401K(確定拠出年金)の運用方法を教えます!

私は、401K(確定拠出年金)を専門にアドバイスしているFPです。401Kの制度が導入されているものの、何もしていない方や運用をしているけどいまいちうまくいかない方は一度ご相談に来てみてください!運用に対する考え方がガラっと変わるはずです。

田中 佑輝が提供する商品・サービス

メール相談

お気軽!無料メール相談

気軽にお金のプロに相談をしてみよう!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

2 good

貯蓄と楽しみのバランスについて

2012/05/19 09:46 詳細リンク
(5.0)

kkym923さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『住宅ローンの繰り上げ返済を数回行いましたが、
もう不要でしょうか?』につきまして、

住宅ローンにつきましては、
『あと10年ほどで終了予定』となっていますので、
kkym923さんが50歳を迎える頃には、
今のまま繰り上げ返済を行わなくても、
完済できることになります。

また、お子さまの現在の年齢を考慮した場合、
お子さま方がふたりとも私学に今後進学するとした場合、
今から10年後につきましては、
お子さま方の教育資金負担につきましても、
相当に毎年かかっている時期となりますので、

これからは『繰り上げ返済』よりは、
お子さま方のこれからの教育資金負担に備えて、
しっかりと貯蓄をしておくことをお勧めします。

また、お子さま方がこれから私学に進学する場合、
受験に備えて塾にも通うことになりますので、

お子さま方と楽しく過ごす時間の確保が、
今後は難しくなっていくことになりますので、
今のうちに家計を圧迫しない範囲内で、
お子さま方の希望を聴きながら、

家族旅行など、楽しいイベントも加えるようにしていくことで、
きっと思い出に残してもらえると思います。

『それとも学資保険に加入しておいた方がよろしいでしょうか?』
につきまして、

現在、貯蓄性のある保険につきましては、
『予定利率(便宜的に支払い保険料の割引率とお考えください。)』が低くなってしまっていることもあり、
あまり有利な保険商品は見あたりません。

よって、学資保険に加入しなくても、
今まで通り財形貯蓄を中心にして、
将来の教育資金を確保していっていただければ大丈夫です。

kkym923さんの場合、
老後資金につきましては、
既に確保出来る予定となっていますので、

これからのイベント資金としては、
1.お子さま方の教育資金の確保
2.お子さま方との楽しいライフイベント資金
を中心に確保していっていただければと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

楽しみ
教育資金
学資保険
住宅ローン

評価・お礼

kkym923さん

2012/05/22 21:29

お礼が遅れました。ありがとうございます。
確かに子どもと楽しく過ごせる時間はあと数年かもしれません。
アドバイスを参考にして貯蓄計画を見なおしてみます。

渡辺 行雄

2012/05/23 08:17

kkym923さんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
老後が心配です。 ののっちさん  2008-07-10 17:30 回答7件
教育費を勘案した場合の可能な住居購入額は? R32さん  2008-04-19 12:49 回答2件
家計診断おねがいします sennpu~kiさん  2012-08-30 16:02 回答1件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)