現在正社員ですが、派遣社員(常用雇用型)になると。 - 転職・就職 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現在正社員ですが、派遣社員(常用雇用型)になると。

キャリア・仕事 転職・就職 2012/05/11 01:09

現在正社員として工場で検査の仕事(立ち仕事)をしています。
入社して7年ですが、3か月ほど前に、入院手術(整形外科)をしたために休業中です。治ってから職場復帰の予定ですが、ここにきて体力的に不安を感じ、転職を考えるようになりました。
現在50才で、もう先がないので、最後のチャンスと思い、以前までの職種の事務職(20年程)をハローワークで2件ほど紹介していただきましたが、現時点で正社員として席があるため、履歴書送付時点で不採用でした。
履歴書の記入に策があるのでしょうか。
また、正社員としての転職をあきらめ、派遣社員(常用雇用型)の仕事があったのでそちらも考えましたが、違いはなんでしょうか。
労働条件としては、賃金・休日数・昇給・賞与・保険加入は同条件ですが、退職金のみ派遣社員のほうはありません。定年まで残り10年で、体の負担が少ない仕事に付きたいと考えていますのでよろしくお願いします。

補足

2012/05/11 01:09

工場での仕事は3キロ~5キロ程のものを、1日80個から100個位上げ下げし、また工場内の気温は5月から11月は気温30度になります。
現在も手術箇所(胸椎形成)に痛みが残り、力仕事に不安があります。
一応、会社からは、復職を希望されています。

marimokomitiさん ( 大阪府 / 女性 / 50歳 )

回答:2件

タカミ タカシ 専門家

タカミ タカシ
キャリアカウンセラー

- good

正社員から派遣社員になると、雇用の安定が保証されません。

2012/05/15 23:16 詳細リンク
(5.0)

正社員と派遣社員との違いについてのご質問に回答いたします。

正社員から派遣社員に変わることで、
雇用の安定が保証されなくなるリスクが高まります。

正社員は企業に直接雇用される社員ですので、労基法に守られており、
企業が正社員を辞めさせることは安易にできません。

他方で、派遣社員は、企業(派遣先)にとっては派遣サービスの利用料(費用)と
なってしまいますので、企業(派遣先)の業績や世の中の景況によって
容易に調整されてしまいます。

それから交通費についても、派遣社員は、実費支給ではなく
給料に込み あるいは 一部負担になっているケースが多いです。


派遣という働き方を安易に選択することは、おすすめできません。
派遣社員の方には、一時的な収入確保、未経験分野で職歴を積むといった
一部の理由を除いては、
直接雇用の仕事をつかむことを最優先に、私どもでは指導しております。

ご相談者様の場合には、お身体のことが心配ですので、
今の職場で引続き正社員での雇用契約を死守しながら、
勤務や仕事の条件を変えて頂く交渉をなさってはいかがでしょうか?

お身体へのご負担軽減と雇用の安定とが上手く両立できますよう応援しております。
ご参考まで。

■JACCA日本キャリア・コーチング協会
http://www.jacca.jp/

評価・お礼

marimokomitiさん

2012/05/17 01:23

ありがとうございました。

今の職場で引続き正社員での雇用契約を死守するというのは、大変大事ですね。
ハローワークに通っていろいろ探していますが、なかなか条件が折り合わず、(高望みしているわけではありませんが)紹介までに至りません。
余裕を持って、就職活動できるのも、正社員という安心があるから故です。
来週から、復帰の予定ですので、今後も、仕事をしながら探す方向で年内までにはどうするか決断したいと思います。

回答専門家

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(東京都 / キャリアカウンセラー)
日本キャリア・コーチング(JACCA) キャリアコーチ

"個人支援専門" プロセスを大切にし、自信と結果につなげます

キャリアの課題や悩みは 必ず乗り越えられます。"自分で自分のキャリアをマネジメントする力" が身につくよう マンツーマンで丁寧にサポート。キャリアデザイン、面接、転職、昇進昇格、キャリアチェンジ、パワハラ、職場トラブル克服・・・お任せください。

タカミ タカシが提供する商品・サービス

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
快眠コーディネイター 力田 正明

快眠コーディネイター 力田 正明
快眠コーディネイター

115 good

まず、「今の自分ができること」を考えてみたらどうでしょうか?

2012/05/12 10:02 詳細リンク
(3.0)

marimokomitiさん (以下 「まりさん」と呼ばせていただきます。)

はじめまして。睡眠・心理・キャリアカウンセラーの力田正明と申します。

今回の質問を拝読し、今の作業が、今の自分にとってしんどく、現在手術までして治療しているが、復職への難しさを感じられているという心の状態なのですね。

◆ いくつか行動の選択肢があると思います。会社側の復職意思を前提に、

1.もう少し、体の負担の軽いライン作業に変えてもらうように言ってみる。

2.今までの現場での復帰ですが、最初は、少し労働時間を短めにしてもらうような復職
支援をお願いしてみる。

3.転職する。


◆ 派遣社員はあくまでも、雇用関係は派遣会社になります。そこから、就業する企業に派遣して、仕事をするといったイメージです。派遣会社もいろいろあり、派遣者登録は複数しておかれるのがいいと思います。派遣会社は、大手でも、得意分野・不得意分野があります。最初の登録の時に、質問されてもいいかと思います。自分の希望職種に強いかどうか?

現状の労働市場は、買い手市場で、労働契約もかなり厳しいものが多いです。あまり条件をつけすぎるとマッチングする仕事が見つからなくなります。多くて、2つ。「これだけは譲れない条件」を自分の中で決めておいてください。

◆ 履歴書の書き方もツボがあります。履歴書は、簡単に言うと、「会社パンフレット」だと思ってください。今は、ハローワークでも「履歴書・職務経歴書」「面接」のセミナーなどありますので、いくつか受講されることをお勧めします。

◆契約形態は、正社員だけでなく、派遣社員なで広げられているのは正解だと思います。あとは、複数の派遣会社に登録しておいてください。フリーペーパー(月曜日に出ます。)の求人情報、意外と近場での仕事ならば「新聞の折込ちらし」あらゆる情報ネットワークを張り、まず求人情報量で、他の人と比べて、優位性を確保するように行動してみてください。

この回答が、まりさんの今後の仕事の選択の上で、参考になれば、うれしく思います。

カウンセラー
履歴書
労働時間
仕事

評価・お礼

marimokomitiさん

2012/05/17 01:08

ありがとうございました。
現在の作業は(検査)ですが、社員の担当する作業では、体に一番負担のない部署で、軽い作業は、派遣社員がしています。
労働時間短縮も、有給休暇にての処置なら可能です。
転職は、現在の仕事内容、条件等充分考えて検討したいと思います。

勤務先の派遣社員の実態を見ますと登録性ですので、仕事が無い時はあっさりと切られるのを見ていますので、怖く感じています。
常用型も就業規則等まだまだわからない点が多いので、決めかねています。

(現在のポイント:25pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

40代シングルマザー 転職すべきか snow_1003さん  2012-09-10 01:42 回答1件
妥協するか、次を探すか迷っています。 hibiki1203さん  2012-05-03 06:40 回答2件
転職するか やめるか? があこさん  2009-01-31 17:51 回答2件
派遣社員 今後のキャリアプランについて zaq28さん  2011-06-26 22:11 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

公務員面接対策(模擬面接2時間+想定問答)

公務員の面接経験者が個別に具体的に指導いたします。不利な経歴でも悩まずに。

安達瑠依子

sougen7

安達瑠依子

(転職コンサルタント)

対面相談

転職と再就職の個別の相談面談【無料】

転職の不安と悩みを解消して、転職成功に繋げる自信を取り戻す90分間のキャリアカウンセリングです。

西澤 靖夫

転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」

西澤 靖夫

(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

メール相談

【メール】履歴書・職務経歴書添削

メールによる添削です。口頭でのアドバイスが必要な方は後から電話相談をお申込下さい。

瀧本 博史

オフィス瀧本

瀧本 博史

(キャリアカウンセラー)

対面相談 転職カウンセリング
安達瑠依子
(転職コンサルタント)