土地と住宅の名義が異なる場合の相続について - 遺産相続 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

土地と住宅の名義が異なる場合の相続について

人生・ライフスタイル 遺産相続 2012/04/23 21:36

母が亡くなった時の母名義の土地の相続についての質問です

・母名義の土地に、子A名義の住宅兼店舗が建築されています。
・子Aは亡くなり、その後、子Aの妻は住民票を移さずに他の場所に居住、
住宅兼店舗の店舗部分を事務所・倉庫として企業に賃貸しています。
・母には、他に子B、子Cがいます。
・父は亡くなっています。

1、母名義の土地の財産分与はどのようになりますか?

2、子Aの妻が住宅兼店舗を今後も所有を主張した場合、土地の財産分与はどのようになりますか?

huwadanさん ( 長野県 / 男性 / 39歳 )

回答:1件

藤原 鉄平

藤原 鉄平
不動産コンサルタント

- good

土地と建物の所有名義が異なる場合の相続につきまして

2012/04/23 22:54 詳細リンク
(5.0)

初めまして。不動産コンサルタント藤原鉄平と申します。

以下、参考として回答させていただきます。

【ご質問の件につきまして】

>1、母名義の土地の財産分与はどのようになりますか?

⇒子Aと子Aの妻との間に、子供(※母から見て孫ということです。)がいないものと仮定すれば、相続によって、土地の所有名義は、子Bと子Cの共有名義となります。

子Aと子Aの妻との間に、子供D(※母から見て孫ということです。)がいるものと仮定すれば、相続によって、子Bと子Cと子供Dの共有名義となります。

>2、子Aの妻が住宅兼店舗を今後も所有…(中略)…なりますか?

⇒土地と建物は、別個の権利ですので、建物の所有名義の如何によって、土地の財産分与自体に何か影響があることはありません。

ちなみに、建物の名義につきましては…

子Aと子Aの妻との間に子供がいないのであれば、住宅兼店舗の所有権は、子Aの妻の単独名義となります。この場合におきまして、子Aに関する相続をさらに想定するのであれば、住宅兼店舗は、子Aの妻及び母の共有名義となり、母に関する相続によって、最終的には、子Aの妻及び子Bと子Cの共有名義となります。

一方で、子Aと子Aの妻との間に、子供Dがいるのであれば、住宅兼店舗の所有権は、子Aの妻と子供Dの共有名義となります。

補足

【補足】

土地と建物の所有名義が、それぞれ異なる場合には、土地所有者から建物所有者に対して、地代を請求することも基本的には可能です。

【総括】

詳細な状況がわかりませんので、かなり概略的な回答になりました。

ご質問者様が、どのような立場にいらっしゃるのか、また、子Aに関する相続(※遺産分割協議(※子Dがいない場合)など)がどのようになっているのかが、わかりませんが、状況に応じて、法律に関する専門家を介在させることも必要かと存じます。

相続は、複雑な権利関係を伴うものです。具体的に相続が発生した段階では、慎重に手続きを進めていただければと存じます。

回答になりましたでしょうか?

不動産コンサルタント藤原鉄平

名義
権利
相続
不動産

評価・お礼

huwadanさん

2012/04/25 10:30

藤原様、ご回答いただきまして本当にありがとうございます。

子Aの妻に相続権はなく、子Aの子に相続権があるのですね…とても勉強になりました。
しかし、子Aの子に相続権があるというご回答で、あらたな疑問が生じております。
もし、よろしければご回答いただけたら幸いです。

藤原 鉄平

藤原 鉄平

2012/04/25 11:38

ご評価いただき、ありがとうございました。

以下、再度のご質問の件です。
詳細がわかりませんので、簡単に回答をさせていただきます。

>子Aの子に相続権があるというご回答で、あらたな疑問が…

⇒ご質問者様の立場は、子Aの妻及び子Aの子に財産を渡したくないという立場でよろしいのでしょうか?

もし、この立場であるのでしたら、母に関する相続が発生する前に、公正証書などの遺言を残されることによって、ある程度、リスクが回避できるのではないかと存じます。

ただし、この方法による場合には、相続が発生した際、法定相続人として、子Aの子には、遺留分を請求する権利があることになりますので、少ないながらも、子Aの子に対して、相続財産を考慮する必要があります。

よって、どうしても、相続財産を渡したくないというのでございましたら、相続が発生する前(母が存命のうち)に、土地に関しての名義を変更することになるかと存じます。(※名義変更に際しては、単純に贈与で行いますと、贈与税がかかりますので、ご注意ください。)

相続に関する書類作成(公正証書などの遺言状など)については、あいにく私の専門分野ではございませんので、当該書類作成を専門とする先生(弁護士や司法書士など)にご相談してみてください。

回答になりましたでしょうか?揉め事にならないように、うまく進めてくださいね。

ありがとうございました。

不動産コンサルタント藤原鉄平

任意売却|初めてのご相談は ⇒ http://fireworkers.jp/

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

二世帯住宅の場合の財産分与について kirakira0410さん  2010-10-26 10:07 回答1件
二世帯住宅建築費支払いについて(節税対策) あろはさん  2009-12-11 11:49 回答1件
相続税(住宅に関して) powderblueさん  2009-12-06 12:17 回答2件
土地・家屋の相続と生前贈与どちらがいいか? iseyukkyさん  2012-08-24 06:53 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

相続税還付の可能性無料診断(東京事務所)

相続税申告後5年以内の方を対象に、相続税の過払いがないかを無料診断します。

高原 誠

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

高原 誠

(税理士)

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談

相続対策・不動産に関する無料相談(東京事務所)

相続・不動産専門の独立系コンサルティング事務所「フジ総合グループ」です。何でもお気軽にご相談下さい。

藤宮 浩

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

藤宮 浩

(不動産コンサルタント)