仲介手数料について - 住宅・不動産トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

仲介手数料について

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2012/02/26 00:57

ある不動産会社を通じて中古マンションを購入しました。
購入したマンションは不動産会社社長の妻の持ち主で、社長が窓口になり売買をすすめました。
最初購入前は、社長の親戚所有で不要になったから売ることにしたと言っていましたが、契約時に登記書を確認するその妻が所有していました。
社長に詳しく聞くと、妻名義で購入し自分が使っていたと言っていました。
契約の際はしっかり仲介手数料を取られましたが、今考えると何か疑問にのこります。仲介手数料払わなく良いのではないかと聞くと、社長の態度が一変し怒鳴りながら『役所で調べて来い!』と恫喝まがいの態度だったのでとりあえず帰りました。
はたして、このようなケースの場合でも、仲介手数料を払うのは妥当だったのでしょうか。
これで払わなければならいとしたら、ボッタクリですよね。

平 清盛さん ( 北海道 / 男性 / 39歳 )

回答:2件

稲垣 史朗 専門家

稲垣 史朗
リフォームコーディネーター

- good

仲介手数料はどの様なお話しでしたか分かりませんが?

2012/02/26 10:57 詳細リンク

おはようございます。

基本的に「不動産売買」に関しては「仲介手数料」が掛かることは法律的に照らし合わせても違法性はありません。

当初、社長の親戚が所有と言うことで「仲介手数料」はいらない・・・と言う様なお話しだったのでしょうか?
そうであれば虚偽による行為に対しては問題が生じますが。
その様な「約束」をしていなければ「仲介手数料」は支払うことは当然の事と思います。

このようなケースとありますが・・・まあ「仲介手数料」は妥当で「ボッタクリ」では無いと思います。

法律
不動産売買
行為

回答専門家

稲垣 史朗
稲垣 史朗
(神奈川県 / リフォームコーディネーター)
パウダーイエロー 代表取締役 兼 チーフデザイナー
0467-88-1981
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

湘南スタイル仕掛人  オシャレデザイナーのG・Gです。

湘南暮らしはのんびりした独特の臭いが漂う街並み。ファッションや住まいもハワイの田舎町を思わせる佇まい。湘南ブランドに憧れて暮らしを始める人が今日もまた・・・優れたデザイン感性とオシャレで粋なG・Gがあなたの住まいの夢を形にします。

稲垣 史朗が提供する商品・サービス

電話相談

どんなスタイルも好みの形でオーダー家具作成のご相談に乗ります

壁面収納等など自分だけのスタイルでお気に入りの家具を素材選びからご相談させて頂きます。

メール相談

パネル交換によるリフォーム体験

リフォームとは、ちょっとしたアイディアから生まれて来るものです。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
鮫川 誠司

鮫川 誠司
司法書士

3 good

媒介(仲介)報酬の性質とその受領の可否について

2012/02/27 15:56 詳細リンク

ご相談の件について,下記の通り,回答申し上げます。
なお,媒介報酬の額が,140万円を超えないことを前提とさせて頂きます。

まず,宅建業者が媒介報酬を請求するためには,少なくとも,i)媒介契約とii)媒介行為の存在が必要です。

1 媒介契約書の交付がない場合
媒介報酬は,いわゆる「売買代金の3%+6万円」を,当然に,請求できるわけではありません。
宅建業法の規定は,報酬の「上限」額の規制に過ぎないからです(宅建業法46条2項)。

他方で,宅建業者は,売買の媒介契約を締結したときは,遅滞なく,「媒介契約書」を依頼者に交付しなければなりません(同34条の2)。
本件において,もし,媒介契約書の交付がなかった場合には,媒介契約締結時に,具体的な報酬額の合意がなかった可能性があります。

その場合,少なくとも,既払報酬額の一部については,不当利得として返還を請求できる可能性があります(民法703条)。

2 媒介契約書が交付されている場合
(1) 宅建業者が個人業者の場合
宅建業の免許は,会社のみならず,個人でも受けられます(宅建業法5条参照)。

本件において,もし,マンションの実質的な所有者が社長自身であると評価できる場合には,宅建業者(社長)が自己の所有物件について,自ら売主となって売買をしていることになります。

その場合,そこには何らの媒介行為が存在しない以上,既払報酬額の全額について,不当利得として返還を請求することができます。

(2) 宅建業者が会社である場合
法人と自然人とは,法律上,人格を異にしますので,社長の配偶者の所有する不動産を社長の経営する会社が媒介して売買契約が成立した場合に,媒介報酬を請求することは,直ちに,不当であるということはできません。

しかし,仮に,本件の宅建業者が小規模な会社であって,社長の配偶者も,当該会社の役員であるような場合には,議論の余地があります。
というのも,その場合,媒介業務の中で最も大きな比重を占める「取引の相手方の探索」が,事実上,行われていないといわざるを得ず,媒介報酬について,当然に,その全部を請求することについては,疑問が残るからです。

この場合には,まずは交渉によって,媒介報酬の減額を申入れてみましょう。


日常生活のトラブルは,私たちにご相談下さい
裁判事務専門の『慶友綜合リーガルサービス』
http://www14.ocn.ne.jp/~ku-osls/

補足

宅建業者の中には,大変残念なことですが,「強い者(法律専門家)には下手に出て,弱い者(消費者)には強く出る」というものもあるようです。

交渉に当っては,弁護士・司法書士にご相談の上,法律専門家に交渉を代理してもらった方がスムーズに紛争が解決するかもしれません。

以上,平様のお役に立てば幸いです。

報酬
裁判
トラブル
売買
不動産

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

離婚後、夫名義の家に住むことについて ちえ坊さん  2011-06-24 20:57 回答2件
瑕疵担保責任について サラマンカさん  2012-10-24 22:23 回答1件
不動産屋の対応のついて makishimaさん  2011-02-07 00:27 回答3件
不動産売買の手数料について べバリーさん  2010-06-08 17:08 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)