住宅ローン教育費が終わった後の老後資金 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

住宅ローン教育費が終わった後の老後資金

マネー 家計・ライフプラン 2007/07/24 23:15

夫49歳会社員年収550万円妻47歳パート年収130万で60歳まで働くとして、持ち家築20年を賃貸で貸し出し、中古住宅3500万円程度を住宅ローンを組みたいと思います。老後の為の資産運用としてはいかがでしょうか?持ち家近隣貸し出し予想価格は、月額10万円相場です。

すいかさんさん ( 大阪府 / 女性 / 45歳 )

回答:6件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

老後のための資産運用について

2007/07/25 00:04 詳細リンク

すいかさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

すいかさんがお考えのとおり、今の家を賃貸に出して新たに住宅ローンを組むことはあまりお勧めできません。

むしろ今の家は売却をして少しでも自己資金を増やしていただくことをお勧め致します。

ご主人様の退職までの年齢や賃貸で得られる収入とローン金利を比較するまでもなく、これからの借入金額は少ないに越したことはありません。

また、老後のための資産運用につきましては、保有している金融資産の中でご検討ください。

以上、ご参考にして頂けますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

資産運用プランの見直しをお勧めします

2007/07/25 08:59 詳細リンク

すいか様 初めまして。CFP®の吉野充巨です。

現在の金融資産の現状がわからないのですが、住宅ローンを組むことをお考えなので、3,500万円以下の保有金額と拝察の上回答いたします。

50歳を過ぎた後の住宅ローン(借入金)はお勧めできません。仮定として、10万円の家賃をそっくり返済に回し、65歳までの15年元利均等払い、金利3.2%とした場合の借入可能額は約1,770万円です(財.住宅保障機構シュミレーション)。
3,500万円の住宅の購入には、必要経費も入れて同額以上の頭金(約2100万円以上)が必要です。そしてリフォーム代も必要になるかもしれません。
また、築20年以上の家屋での賃貸は、10万円で貸すことが出来ても、修繕費(リフォームは必要です)、クリーニング代、固定資産税等々の費用がかかり、そして空家率からも、実質的な利益は半分以下と推察いたします。老後の資産運用になりませんのでご注意願います。

60歳までの資産形成では、現在の保有金融資産と毎月積立で投資・運用するようお勧めします。
まず、今後のライフ・プラン作成をお勧めします。将来の計画とその費用を年次に沿って書き出すイベント表と年間の収入、支出そして貯蓄額を年度に沿って記入するキャッシュフロー表を作り、将来の家計全体を把握してください。その上で60歳時点の貯蓄目標値を決め、リスクを低く抑えた運用をお勧めします。住宅ローンを抱えた賃貸経営はハイリスクです。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

大間 武 専門家

大間 武
ファイナンシャルプランナー

- good

足元をしっかり固めましょう。

2007/07/25 09:29 詳細リンク

すいかさん、ご質問ありがとうございます。
ファイナンシャル・プランナーの大間です。

さて、ご質問の件ですが・・・
現在の住宅を10万円程度で貸し出し、
新たに住居として中古住宅をローン3500万円を組む
という今回の場合は
残念ながら資産運用になっていません。

☆高齢になっての多額の住宅ローン
☆中古物件を2件抱えることによる維持・修繕のリスク
☆賃貸物件の貸し出し期間が短くなる
☆賃貸物件の貸し出し金額の低下 など・・・

むしろ、すいかさんの今後の生活できないリスクが高まり
生活が苦しくなります。

現在の住宅に住み続ける場合でも
修繕や建替えが必要になるので

この機会に今後の生活について
しっかりとした計画と準備を始めてください。

その準備の方法の一つとして
今ある貯蓄や今後貯蓄ができる部分の運用について
考えて見ましょう。

運用については住宅の事情などを考慮しますと
確実に運用できる金融商品が中心になってくると思われます。

回答専門家

大間 武
大間 武
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社くらしと家計のサポートセンター 代表取締役

お金にも“心”がある。送り出す気持ちで賢く上手な家計管理を

法人、個人の形態を問わず、クライアント(お客様)のパートナーとして共に次のステージを目指し、クライアント(お客様)の質的成長にコミットします。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

新たなローンはリスク大

2007/07/25 07:06 詳細リンク

すいかさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

はっきり言って、それは資産運用ではありません。
どうしても家を買い換えたいということであれば、今の家を売却か賃貸かと言うことを考えますが、毎月10万円の家賃収入があったとしても、その倍近くのローンを抱えることになるのではないですか?

築20年と言うことですと、メンテナンス費用も発生します。新たな持ち家も中古となるとそちらにも費用が発生します。資産運用どころか、リスクを抱えることになりますよ。

住替えしたいのであれば、売却してそれを頭金に入れローンを少しでも減らしましょう。

単に資産運用を考えるのであれば、必要なくなったローンと教育資金分を投資信託で運用するほうが無難です。

阿部 雅代

阿部 雅代
ファイナンシャルプランナー

- good

永続的に賃貸収入があるか?

2007/07/25 09:37 詳細リンク

すいかさん、初めまして。
ファイナンシャルプランナーの阿部雅代です。

まず、築20年の持ち家を賃貸に出して、永続的に、借り手があると思いますか?
メンテナンス代もかかりますし、資産運用になるか疑問です。

そして、現在のお住まいを変えたい理由は、何があるのでしょうか?
例えば、古くなったのなら、リフォームをして、すみ続けるという選択枝はありませんか?

せっかく、ローンがなくなったのに、またローンを抱える生活は、どんなものなのでしょう。

一生をローンの返済のために過ごすことになりますよ。


住宅ローン教育費が終わった後の老後資金

2007/07/25 08:42 詳細リンク

お疲れ様です、すいかさん様。ファイナンシャルプランナーの吉岡健といいます。

現在のご自宅を賃貸に出し、新たに住宅ローンを組んで、自宅を購入する、ということですが、なぜ、ご自宅を買い換えるのでしょうか?

ただ単に、現在のご自宅を賃貸にして資産運用する、と思っていらっしゃるのでしたら再度検討した方が良いと思います。

仮に3500万円を住宅ローン(3.5%・15年)で組むと、月25万円相当の返済額となります。貸し出しで10万円入るとしてもどうでしょうか?また、築年数からして修繕費用などもかかるのではないでしょうか?

自宅を何かの理由で買い替えを検討しているのであれば、現在のご自宅を売却して、頭金を準備してからのご検討をお勧めします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン終了後の資産運用について 妙介さん  2011-06-11 15:49 回答3件
年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
退職金は住宅ローンの返済優先したいが ruaruaさん  2012-09-23 00:20 回答4件
家計診断をお願いいたします≪貯蓄と生活の質≫ minami0227さん  2012-06-12 10:39 回答4件
保険の見直しと住宅、教育、老後の資金 こりんりんさん  2012-06-06 10:32 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)