資産運用先としての国債と養老保険の比較 - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資産運用先としての国債と養老保険の比較

マネー 生命保険・医療保険 2012/02/20 01:58

一つの銀行口座(普通預金)が1500万円となっており、そのうちの800万円ほどをそこから移そうと考えています。

なお、私の資産状況はこちらをご確認ください。
http://profile.allabout.co.jp/ask/q-120008/

さて、その800万円の運用ですが、(1)面倒くさいのでそのままにしておく(2)別の銀行口座をつくる(3)国債を買う(4)一時払いの終身保険という4つを選択肢にしております。(4)は保険会社の方にすすめられています。

私は資産を「できるだけ増やそう」とは考えておりません。運用が安定してることが第一で、あと緊急時にいつでも財布のように引き出せることが望みです。だから銀行の普通預金にしているのです。

(4)は3年目から解約返戻金が一時払い保険料と逆転します。だから「財布代わり」という条件を満たしています。また、10年目で年利が0.5%程度、20年目前後からあとはずっと0.7%台です。税金のことを考えると10年ものの国債とどっこいどっこいですが、別にそれはどっちだっていいんです。普通預金よりいいこの利率は「おまけ」みたいなもので、すでに子どもの将来と老後のための資金は預金で確保されており、資産運用でどうしても増やさねばならない理由はないと思っています。800万円を移すのは、ペイオフのことを考えた、ただのリスク分散です。

私が悩むのは、資産運用先として保険会社の貯蓄性保険商品を選ぶということは、国債よりも高いリスクかどうかということです。国債は安定していると思いますが、「財布代わり」としてはかなり使い勝手が悪い。その点、(4)はいいと思うのですが、一般的に破綻がこわいのと、安定的な運用先として国債を選ばずに保険商品を選ぶのは客観的に見るとアホみたいな行為なのかどうかがよくわからないのです。たぶんそんなことはないとは思っているのですが。

で、質問は、私は(1)〜(4)の選択肢のどれを選べばいいのか、とくに(4)を選ぼうとしている私の選択は分が悪いかどうかということです。よろしくお願いします。

補足

2012/02/20 01:58

ちなみに当該保険会社は、S&Pの格付でAAです。しかし自分が解約返戻金を受け取ろうと思っている20年後には保険会社の行く末はどうなっているかわからないという感覚があります。「そんなの国債や銀行預金でも同じじゃん」と思うかもしれませんが、国家が破綻し、銀行の預金さえ紙くずのようになってしまう世の中というのは、すべての資産が守り切れないだろうと思うので、そのときはあきらめます。

Marx1818さん ( 奈良県 / 男性 / 45歳 )

回答:2件

岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

1 good

リスクを理解していればOKだと思います。

2012/02/20 09:17 詳細リンク
(4.0)

はじめまして、FPの岩川と申します。

>>私が悩むのは、資産運用先として保険会社の貯蓄性保険商品を選ぶということは、国債よりも高いリスクかどうかということです。

確定型の貯蓄保険の運用先は、一般に国内債券と考えてよいと思います。
国債も含まれるでしょう。

つまり、貯蓄保険は、保険会社を経由して債券投資を行なうに等しいと考えられます。
国債の購入は、ダイレクトに債券投資を行なうことです。

どちらも最終的には、国内債券投資・・・概ね同じ投資先と考えられます。

ダイレクトで投資を行なえば、金融機関の破綻リスクは回避できますが、
保険会社を経由すれば、破綻リスクを抱えることになります。

現在は、保険会社経由の方が、若干リターンが良いと思います。

この4)の選択は悪いわけではありません。若干良いリターンを得るために、金融機関の破綻リスクを受け入れるか、受け入れないかの問題を理解した上で選択すればOKです。資産形成は、理解が得られているかが大切です。
格付けも重要ですが、トリプルAだった大手外資系保険会社も、一瞬にして破綻寸前になることもあるので、承知の上で投資とするかどうかです。



>>800万円を移すのは、ペイオフのことを考えた、ただのリスク分散です。

ただのリスク分散とMarx1818様の目的が明確であれば、証券会社のMRFやMMFなら、分別管理なので目的を満たすのではないでしょうか。

資産形成
債券
国債
投資
資産

評価・お礼

Marx1818さん

2012/02/22 10:05

回答ありがとうございました。「若干良いリターンを得るために、金融機関の破綻リスクを受け入れるか、受け入れないかの問題を理解した上で選択すればOKです」がポイントであると理解できました。MRFやMMFは小さいとは思いますが元本割れのリスクがあるのであまり選択肢には入れられませんでした。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

1 good

国債での運用が効率的でリスクが低いと考えます。

2012/02/20 11:21 詳細リンク
(4.0)

Marx1818 様

初めまして、ライフプランの作成と資産運用でお客様をサポートする吉野充巨です。
国債と一時払い養老保険では、リスクは日本国債が低いとお考えください。
当該保険会社の現在の格付け評価がAAとのことですが、Marx1818様がお考えのように20年後の評価は確実です。国の格付けとは異なるもので、欧州でも国の格付けが下がることで、民間会社の格付けも順次下がりつつあります。保険会社の多くは国債の所有者ですので、国債が不安定になれば、国内の銀行や保険会社の財務体質も不安定になります。

日本国債の中でも、利付国債とは異なり個人向け国債は国が元本を保証している、世界でも珍しい国債です。1年経過後は、解約の際には前2回の利息をひかれた金額が支払われます。
1年後から元本保証の換金が可能な商品とお考えください。
従って、金利上昇等環境変化で他の商品を購入する際にも、すぐに転用が可能になります。
国債の金利が上昇すれば、解約して新野国債への買い替えも可能です。
養老保険の仕組みは、図で示しますように、保険料から事業費である付加保険料を引かれたのちの純保険料部分の内生存保険料が運用の部分です。
従いまして、購入する投資家からみればその分運用効率が劣ります。

ご心配なされている20年後の国家破綻は可能性が極めて低いものです。
個々の民間企業は企業の継続に関して不確実性が高まります。
一方国債暴落と問題視されていますが、紙切れになるのではありません。過去の例では各国の内国債の償還での問題はディスカウント率(100%ではありません)が適用される場合と、インフレ率の上昇で価値が下がるだけです。
なお、変動金利型の個人向け国債10年変動であれば、インフレにもある程度対応しています。



以上の観点でご検討されては如何でしょう

補足

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64005/


『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

国債
日本国債
資産運用
保険
個人

評価・お礼

Marx1818さん

2012/02/22 10:08

利付国債と個人向け国債の違いがよくわかっていませんでした。ありがとうございます。ただその後証券会社に確認したのですが、個人向け国債の中途解約は「元本割れがあります」といわれました。前2回分の利息が非常に高いようなケースのことなのでしょうか…。

吉野 充巨

吉野 充巨

2012/02/22 11:00

Marx1818 様

好評価を有り難うございました。
個人向け国債の元本割れの件は、証券会社の方の説明不足と私の記述が神田過ぎたことが原因と思われます。
個人向け国債の解約時には、前二回の利息分が引かれて金額が戻りますので、額面が10000円の場合には手元には10000円―前2回の利息=手元に返る金額です。ただ、前二回の利息は、すでに受け取っているので、それを引かれても、元本割れしたわけではありません。
元本が額面で還り、すでに受け取っている利息から、前2回分を国に返す仕組みです。

以上です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

保険での資産形成について ひろひろりんさん  2013-01-11 03:19 回答2件
アクサ生命 ユニット・リンク保険(有期型) miyamiya407さん  2016-09-19 13:08 回答1件
生命保険の契約を取り消したい miyamiya407さん  2016-09-20 22:26 回答3件
貯蓄性の高い終身保険について ジュウザさん  2012-10-02 14:53 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)