肛門腺炎について - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

肛門腺炎について

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2012/01/15 15:23

我が家の3歳4か月(生後7か月で去勢)の小型犬ブリュッセルグリフォンの雄ですが、右お尻の横が小卵ほどしこりと言うか腫れに気付き(お尻の穴が少し変形するくらい)ちなみに今朝は便を普通に出しました、今日(15日午前中に)肛門腺腫を心配しながら係つけの病院に行ったところ日曜のため若い先生だけだったのですが、即!肛門腺炎と診断され少し犬が痛がりますが肛門腺を絞りますと絞って少しだけ出た様です。薬で治しますとの事で抗生剤と痛み止めを出してもらいました。
穴があいて膿が出るかもしれません。1週間後!または穴があいて膿が出たら来院してくださいとのことです。去勢済みなのと肛門腺炎とのことで少しは安心したのですが、腫れが大きいので心配です。ネットで調べたのですが、腫れた場合は切開して膿を出すとありました、抗生剤だけで大丈夫でしょうか?

補足

2012/01/15 15:23

愛犬の体重は6.8kg 1~1.5kg太り気味です。子犬の頃肛門腺を絞っただけで、それ以後便と一緒に出てしまうと思って絞っていませんでした。ちなみに1ヶ月ほど前排便の後お尻から少し出血しこげ茶の柔らかい便の様な物が穴の周りに出ていたことがありまして病院に行きましたが原因は分からず、様子を見ましょうとの事でしたが2~3日で治ってしまったのであまり気に留めなかったのです。何か関係があったのでしょうか・・・?

dankitiさん ( 静岡県 / 男性 / 58歳 )

回答:2件

犬の肛門腺炎について

2012/01/16 11:48 詳細リンク
(5.0)

はじめましてアレス動物医療センターの沖田と申します。

さて肛門腺炎ですが、切開が必要かどうかは状態によりますので、毎回必ず切開するわけではありません。

短頭種で肥満気味の子となると、麻酔のリスクも高くなりますし、いきなり切開というよりは、主治医の先生が選択した通り、できれば内科療法で戦いたいところです。

ただ、排膿できれば治りも早いので、そちらの先生のおっしゃる通り、万一破裂した時は、洗浄などにより早期の治療が期待できますので、すぐ病院へ連れて行ってあげるとよいかもしれません。

破裂すると早期治療のチャンス、というのは表現としてあまりにかわいそうですが、内科療法で治ればベスト、それが無理でもできれば麻酔はかけたくないというところですので、私が治療する時も、主治医の先生と同じ選択をするように思われます。

柔らかい便のようなものと今回の症状の関連性は不明ですが、肛門腺炎を経験したことのある子は、基本的には定期的にペットショップや動物病院で定期的に肛門嚢を絞る処置を受けたほうがよいと思います。

病院
治療
ペット

評価・お礼

dankitiさん

2012/01/16 22:54

先生の回答文を読んで安心しました。実は質問文を投稿した翌朝6時頃に破裂しまして、臀部が血に染まって敷物についた血を舐めていました。お尻の穴が二つになって、痛々しかったので痛み止めを飲まして病院に連れて行き洗浄をしてもらいました。洗浄と抗生剤で早ければ1週間~10日ほどで傷もふさがるとの事なので安心しました。肛門腺のケアはしっかりしたいと思います。ありがとうございました。

回答専門家

沖田 将人
沖田 将人
(富山県 / 獣医)
アレス動物医療センター 院長
0766-25-2586
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

地域に密着したワンランク上のホームドクターを

アレス(Alles)とはドイツ語で「あらゆること」を意味します。インフォームドコンセントの充実、夜間救急診療、年中無休など動物たちの幸せにつながることなら、飼い主様のあらゆる要望にお応えしたい。そんな願いを込めて診療に取り組んでいます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

Re:肛門腺炎について

2012/01/22 08:59 詳細リンク
(5.0)

肛門腺炎(肛門嚢炎)は正常な肛門嚢液の排泄ができなくなる事により起こると考えられており、嚢液が異常に停滞する事で炎症や感染が起こります。感染が悪化すると膿瘍(膿が溜った状態)を形成する場合があります。

肛門腺炎に対する治療の原則は、貯留した嚢液の用手排泄と感染防止のための抗生物質療法です。しかしながら、肛門嚢が破裂し、皮下膿瘍を形成した場合には皮膚切開にて洗浄、消毒が必要となる場合があります。また、膿瘍により皮膚が自壊し、排膿が認められる場合にはその部位から洗浄、消毒を実施します。

実際に診察していませんので肛門付近にあるしこりが炎症による腫れなのか、あるいは膿瘍を形成している状態なのか判断はできませんが、排膿がみられないのであればかかりつけの先生の指示通り抗生剤の服用と肛門腺の用手排泄を行なっていくのがいいでしょう。

評価・お礼

dankitiさん

2012/01/23 10:58

回答ありがとうございます。病院に行った翌朝破裂して、即病院に行き洗浄してもらいました。1日おいてもう一度洗浄してもらい、破裂して5日目に病院に行ったときはほぼ穴もふさがっているので、通院はもういいでしょうと抗生剤を1週間分出して貰いました。今後は肛門腺のケアをしっかりしたいと思います。ありがとうございました。

(現在のポイント:6pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

ステロイド治療後の膵炎 moai0811さん  2015-02-23 15:24 回答1件
下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件
義眼の手術 hatukoiさん  2014-03-16 12:31 回答1件
愛犬が麻酔から覚めませんでした Mateminさん  2013-06-05 15:38 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料カナダ留学相談(一般)

カナダの最新情報を元に的確なアドバイス

末永 真一

Canadajournal

末永 真一

(留学コンサルタント)

対面相談

相続のことならおまかせ!(神奈川県川崎市)

相続に関する疑問にお答えいたします。どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

及川 浩次郎

株式会社スリーアローズ

及川 浩次郎

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)