コスト削減のための基礎と屋根について - 新築工事・施工 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コスト削減のための基礎と屋根について

住宅・不動産 新築工事・施工 2012/01/02 16:47

家の新築を計画中です。
うちの場合は予算がかなり少ないため、工務店でどうにか予算内でおさめるためにいろいろ考えてくれています。
なので、わがままは言えませんが、実際のところどうなのか知りたくて、質問させていただきました。

まず、今は「ベタ基礎」が多いと聞きましたが、うちは「布基礎」と言われました。知識が全く無いため、どう違うのかもわからないのですが、地盤に問題がなければ、布基礎でも特に大きな違いはないのでしょうか?
それと、屋根が昔でいう鉄板(?)とのこと。屋根材に関しても全くわからないので、何がいいとかわかりませんが、北国なので雪のことや耐久性のことなども気になります。もちろん地元の業者さんなので、そのへんは私が心配することではないかもしれませんが。

補足

2012/01/02 16:47

お金をかければ性能のいいものになることは当たり前ですが、基本性能はあまりケチるなと言いますよね。
今はネットや本などでたくさんの情報を私のような素人が得ることができるため、勝手にいろいろと心配したり気にしたりしてしまいますが、基礎にしろ屋根にしろ、予算に限りがある場合、提案されたプランでとりあえず問題なく住めるのであれば基本的な部分にあまり口を出さないほうがいいのでしょうか?

ばんしぇさん ( 岩手県 / 女性 / 38歳 )

回答:4件

施工法で要求せず性能で要求されてはいかがでしょう。

2012/01/02 23:06 詳細リンク
(4.0)

大阪で設計事務所をしています。

施工法や仕上げ材料は全て一長一短があります。家造りの極意は色々な材料や工法を組み合わせて、長所を引き出し、短所を補うところにあります。
また住宅の性能は耐震性能や温熱性能・遮音性能と云った数値ではっきり表せる部分と、心地よさ・快適性と云った数値で表せない部分が混在します。
少なくとも数値で表せる部分については、性能を数値で要求するのが良いでしょう。限られた予算内で建築主の示す要求を色々な工法・材料の組み合わせで実現させるのが、工務店さんの腕の見せ所かと思います。
要求する性能ですが、住宅性能表示制度と云うものがあります。耐震性能や防火性能・温熱性能と云った数値で表現出来る性能を等級として素人でも簡単に把握できる様な基準が出来ています。
http://www.jin.ne.jp/oado/sinouhyouji1.html
一度勉強されて、これ位の性能が欲しいと要求すべきかと思います。
工務店さんにしても、具体的に数値で要求してもらった方が意思の疎通が図れて好都合かと思います。

大阪
工法
耐震性

評価・お礼

ばんしぇさん

2012/01/07 09:56

丁寧な回答、ありがとうございました。
ご紹介いただいたページを見てみました。
具体的な数字で見れるようになると、違いますね。
浅い知識で口を出そうとしても話があまり進みませんが、自分でも勉強して深い話ができるようにしたいと思います。
ありがとうございました。

回答専門家

福味 健治
福味 健治
(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

福味 健治が提供する商品・サービス

メール相談

新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

基礎の選定方法

2012/01/03 19:28 詳細リンク
(4.0)

ご質問拝見しました。
基礎の選定についてですが、通常、地盤の保証をセットにする必要があるため工務店により、地盤調査を行って、その結果基礎形状及び、地盤補強の有無を決定するのが一般的です。

その結果、布基礎になっているのでしたらその内容で保証してくれるという流れになるのですが、まず工務店さんにこの流れで基礎を選定しているかどうか?を確認されるといいでしょう。

たまにあるのが、契約時は一番簡易な基礎にしておいて、地盤改良をした後に追加費用で基礎形状の変更や地盤改良の発生などが生じるケースです。そうなると、当初の予算に納まらなくなる可能性があるので注意が必要です。

地盤調査費用は3~5万円程度で出来ると思いますので、契約前でも先に地盤調査を行って基礎の形状や地盤改良の有無を決定しておいた方が無難でしょう。まずは、この辺りを確認されることをお薦めします。

また何かありましたら、いつでもご質問くださいね。

八納啓造

契約
工務店
地盤調査
基礎
方法

評価・お礼

ばんしぇさん

2012/01/07 10:14

丁寧な回答、ありがとうございます。
なるほど、まず最初に地盤調査をして、それで布基礎になるなら特に心配することはないということなんですね。さっそくお願いしてみようと思います。
担当者の方はほんとにいい人で、信頼できる方なんですが、なにしろ予算が少ないのでそのせいでとにかくコストのかからない方法になっているのかと思ってしまいまして・・・。
それぞれ理由や根拠があってのことかもしれないですもんね。変に引け目を感じたりせずに、一つ一つ確認してみるようにしていこうと思います。
ありがとうございました。

回答専門家

八納 啓造
八納 啓造
(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

八納 啓造が提供する商品・サービス

メール相談

無料メール相談を受け付けています

家づくり全般で分からないことがありましたらいつでもご相談ください

恩田 耕爾

恩田 耕爾
建築家

- good

基礎と屋根

2012/01/03 16:14 詳細リンク
(4.0)

「ベタ基礎」は最近多いです。
地面に全面的にコンクリートを打つので
地面からの湿気が上がってきにくいです。

「布基礎」の場合は基礎の根太部分にコンクリートを
打ち、他の部分は土のままなので地面からの湿気が
あがりやすいです。

建築基準法では布基礎のばあいは床は地面から45cm以上とし
地面と床との間に湿気抜きの換気口を設けるように決められています。

構造的にはどちらでも同じ性能と思います。

金属屋根は軽いので地震対策には都合がよく
耐震改修では瓦屋根から金属屋根に変えるところが
多いです。

雪国ですと15年、20年の耐候正をもつ金属屋根の
寿命は短くなるかも知れません。
屋根の雪かきをして金属の塗装面が傷む場合も懸念されます。

金属屋根もピンからキリまであり、安いか高いかわかりません。
金属屋根の場合、雨の音が気になる場合がありますので、
工務店さんに相談されると良いと思います。

こちら神奈川の一人事務所です。
よい家が出来るよう祈願します。

工務店
屋根
構造
換気
基礎

評価・お礼

ばんしぇさん

2012/01/07 10:04

丁寧な回答、ありがとうございます。
なるほど、何のどこを確認すればいいのかがわかりました。
屋根も、鉄板がどうということではなく、そのなかでもどのようなものなのかということと、雨の音や耐久性のことなどを今度具体的に聞いてみます。
わかりやすいお返事、ありがとうございました。

横山 彰人

横山 彰人
建築家

1 good

お金をかければ性能が上がる訳ではありません

2012/01/05 11:48 詳細リンク
(4.0)

良心的な工務店であれば、予算内で納めるために性能を悪くすることはありません。

基礎にしても地盤調査をして布基礎にするのであれば、特に問題はありません。

金属屋根にしてもよく使われる素材ですし、もつと安価な材料もあります。

施工者側との信頼関係で家作りは進んでいきますので、よく話し合う事が大切です。心配なら仕様書と見積書を専門家に見てもらい相談するのもひとつの方法です。

仕様書
地盤調査
素材
屋根
基礎

評価・お礼

ばんしぇさん

2012/01/07 10:23

丁寧な回答ありがとうございました。
いただいた回答を読んで安心しました。
あちこち工務店やメーカーなどを回って、唯一担当者の方を信用できると直感したので決めた工務店ですし、本当に親身になって考えてくれているので、おまかせしようと決めたのですが、限られた予算がネックになっているのではと心配なのでした。
お金の面で変に引け目を感じて、あまりつっこんだ質問をできないでいたのですが、一つ一つ確認しながら話しあっていこうと思います。
ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

コストダウンの方法 New houseさん  2013-11-07 09:03 回答1件
外壁通気工法 換気の出口について shinshin5837さん  2016-05-01 10:08 回答1件
アクアホームの吹付厚について みつえもんさん  2012-11-18 07:28 回答1件
住宅ローン申込みを保留出来るのですか? ratoshiさん  2012-07-30 14:01 回答1件
セルロースファイバーによる屋根断熱について chimtengoさん  2009-08-09 08:54 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)