永住者帰国後の年金 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

永住者帰国後の年金

マネー 年金・社会保険 2011/12/08 18:40

8年間国民年金を加入して永住資格も申請した許可されましたが、その後帰国しました。年金を続けて支払うほどの給料をもらっていないです。今まで支払った年金保険はどうすればいいですか。

xulitaoさん ( 東京都 / 女性 / 37歳 )

回答:1件

木村 典子 専門家

木村 典子
社会保険労務士

1 good

帰国後に申請すれば、一部が戻ってきます

2011/12/10 18:30 詳細リンク

xulitaoさま はじめまして。
社会保険労務士の木村典子と申します。

外国籍の方が、日本に住んでいた間に支払った年金保険料は、
帰国後に、日本年金機構に申請することにより、一部が戻ってきます。
「外国人脱退一時金」とよばれるもので、
厚生年金にも国民年金にも、この制度があります。

脱退一時金を受けるためには、
・日本国籍がないこと
・帰国していること
・6ヶ月以上、年金保険料を支払っていたこと
・障害年金を受けていないこと
などの要件があります。
尚、日本の永住資格があっても、帰国してしまえば、脱退一時金は受給できます。

脱退一時金の額は、保険料を支払っていた期間によって違います。
xulitaoさまは8年間支払ったとのことですので、約27万円です。
日本を出国した後、2年以内に、郵送で申請してください。
(出国した後でしか、申請できません。)

尚、脱退一時金を受給してしまうと、その期間は年金制度に
加入していなかった扱いになります。
もし、受給後に再び日本に住むことになっても、脱退一時金を受給した期間は、
xulitaoさんの日本の年金加入期間にカウントされません。

また、母国と日本が社会保障協定(年金の加入期間を二国間で通算する
しくみがあります。)を結んでいるかどうかを、ご確認ください。
協定がある場合、脱退一時金を受給するか(日本の年金加入期間を消してしまうか)、
日本の年金加入期間を温存しておくか、よく考えて選んでください。

外国人
年金
一時金

回答専門家

木村 典子
木村 典子
(東京都 / 特定社会保険労務士)
社労士事務所 アインザッツ 特定社会保険労務士
03-5323-8200
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

実務的・具体的なご対応を心掛けています

弊所は都内の中小企業様を主なクライアントとし、労務管理業務及び給与計算業務をご提供しております。社会保険、給与計算事務の委託先として、また経営者様の労務管理の相談相手として、できる限り実務的・具体的にお役に立てるよう心掛けています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

国民年金納付記録について ことこさん  2008-08-07 20:29 回答1件
個人年金保険解約について natsu2206さん  2016-07-28 17:49 回答2件
転職前と後の保険料があまりにも違いすぎます vnsさん  2014-06-16 00:13 回答1件
夫の失業と妻の扶養 ゆいりんさん  2014-05-30 00:18 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)