住宅ローン控除適用後の継続条件について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン控除適用後の継続条件について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2011/11/23 23:25

お世話になります。

平成13年に当時仕事をしていましたA県で新築の分譲マンションを購入、同年3月に入居し、以降住宅ローン控除を受けています。実は今年(平成23年)6月に転職でH県から上京し、もうA県には戻る予定もないことから、控除を受けている前述のマンションを売りに出していますが、まだ買い手は見つかっておりません。
もし、このまま年内に売却されないとしたら、今年の控除を受けることはできるのでしょうか?転職にあたり、繰り上げ返済などしていないので、控除を受ける期間は、まだこの先残っています。また、現在は誰も住んでいません。
関連サイトでは、「控除を受ける当年の12月13日に住んでいることが控除適用の条件」などとありますが、これが本当でしたら今年も含め、これ以降はマンションが売れるまで控除は受けられない、ということになりますが、これは本当なのでしょうか?

ぜひコメント頂戴したく、どうぞよろしくお願いいたします。

TaTachiさん ( 東京都 / 男性 / 45歳 )

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

1 good

住宅ローン控除適用後の継続条件について

2011/11/24 09:24 詳細リンク

TaTachiさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『もし、このまま年内に売却されないとしたら、
今年の控除を受けることはできるのでしょうか?』
につきまして、

伊藤さんも書いていますが、
転勤があくまでもTaTachiさんだけの単身赴任ということで、
ご家族がまだ残っていたならば、
引き続き住宅ローン控除の適用がうけられたのですが、

現在は誰も住んでいないということですから、
住宅ローン控除の適用は難しいと思われます。

『これが本当でしたら今年も含め、
これ以降はマンションが売れるまで控除は受けられないということですが、
これは本当なのでしょうか?』
につきまして、

売却できるまで、
ご家族を含め誰も居住しないということでしたら、
残念ながら、住宅ローン控除の適用は難しいと思われます。

尚、これはあくまでも原則論となりますので、
もしかしたら何らかの救済処置があるかも知れませんので、
最寄りの税務署でも確認をするようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

住宅ローン控除
控除
ローン控除
住宅ローン
ローン

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
伊藤 誠

伊藤 誠
ファイナンシャルプランナー

1 good

住宅ローン控除の条件

2011/11/24 07:40 詳細リンク

住宅ローン控除を受けられる条件として「控除を受ける当年の12月13日に住んでいることが控除適用の条件」は本当です。
上京して東京に住んでいるのであれば、住宅ローン控除を受けることができません。
マンション売却で住宅ローンは完済てきますか。
もしできないと売却することもできません。
ご家族も上京されたのですか。
住宅ローン控除を受けている途中に会社から転勤辞令が出され、その結果、単身赴任となってしまった場合、中には住宅ローン控除が受けられなくなってしまうのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、ご家族が残っていれば(=単身赴任)、転勤期間中も本人が住んでいるものとみなしてくれるので、住宅ローン控除が適用されなくなることはありません。これまで通り、還付されます。

転勤
マンション売却
住宅ローン控除
ローン控除
住宅ローン

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン控除は受けれますか? あきちゃんSPさん  2013-06-03 08:29 回答1件
住宅ローン控除について okayamajinさん  2011-11-05 00:14 回答2件
住宅ローン控除について GONJIさん  2008-10-17 17:14 回答2件
現在共働き 住宅ローン繰上げ返済について kanaokoさん  2012-02-09 10:03 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)