擁壁の上に造ったコンクリート塀について - 新築工事・施工 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

擁壁の上に造ったコンクリート塀について

住宅・不動産 新築工事・施工 2011/11/15 23:37

初めて質問させて頂きます。

今回ひな壇状になっている土地を購入し、現在建築中です。
私たちの土地は3段ある土地の2段目で、一番上の土地と私たちの土地の間に道路があり、私たちの土地と下の土地の間には擁壁があります。その擁壁は私たちの所有です。
今回建築するにあたり擁壁側の土地が道路のレベルよりも下がっている事が分かり、下の土地に雨水を流さないようにするにはさらに壁を造って土を盛り、擁壁側を道路レベルよりも上げて、道路脇の側溝に雨水を流すようにする必要があるとの事。
擁壁は下の土地の壁になっており下の土地の地面から3メートル程あります。この擁壁の上に役80センチの高さのコンクリートで壁を造っているのですが、擁壁への負担が過度なものになっていないか心配しています。
工務店側の主張では、その壁は地中ばりという方法で擁壁に加重がかからないような造りになっている為大丈夫だということですが他の専門家の方の意見も聞いてみたく質問させて頂きました。

その地中ばりの壁は擁壁にただ単に乗っているのではなく土台部分が内側の土地に大きく張り出しており、その大きく張り出している面で壁になっている部分を支えている為、擁壁部分には加重がかかっていないということです。
擁壁上の壁の形のイメージとしては横から断面図を見た場合、L字型に近い形です。

つたない説明で分かりにくいかとは思いますが、宜しくお願いします。

補足

2011/11/15 23:37

擁壁はプレキャスト(L字型)です。

上の質問にコンクリートの壁はL字型に近い形と記載しましたが、L字型ではなく擁壁上に腰掛けているような形と言った方が分かりやすいかもしれません。
施工者が言うには腰掛けた時の足にあたる部分に重量がかかるようにしている為、擁壁には直接重量はかかっていないということです。
実際にこういうやり方はあるのでしょうか。
あるとすると、これは安全な施行方法なのでしょうか。

重ねての質問になりますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

ウッドさん ( 沖縄県 / 女性 / 37歳 )

回答:3件

伊藤 裕啓 専門家

伊藤 裕啓
一級建築士

- good

擁壁と建物の位置関係を確認してください

2011/11/16 09:11 詳細リンク
(4.0)

住まいのe-相談室 建築士の伊藤です。

ご質問を読ませていただくと、擁壁上の上に小さなコンクリート製の擁壁が作られているのではないかと考えます。「壁」と呼ばれている分がL型をしてその上に土を載せているので、その役目は擁壁と同じです。
今回のご質問の内容で設計者、施工者に確認すべき事項は以下となります。

1. 擁壁、「壁」と建物の位置関係
敷地を含めた「断面図」にその位置関係が記されています。
それを見ると擁壁と「壁」の位置関係、建物との位置関係が明記されいるのでどのように施工されている かを確認することができます。
また建物の荷重を含め、擁壁に大きな負担がかかっていないかを断面図を基に設計者に確認してください。

2. 2段擁壁は要注意
既存の擁壁上にコンクリートブロックやコンクリートで擁壁が作られている事があり、これを2段擁壁と
呼びます。私の会社がある神戸でもよく2段擁壁を見かけるのですが、多くの自治体でこの2段擁壁は2段
目の高さにかかわらず安全面から条例で禁止していることが多いようです。設計者が計算の上で施工した物であればよいのでしょうが図面にも記されず、現場で施工されている事例が多いので図面を確認してください。

補足

ご質問の文面だけでは少し判断できないところがありましたがご参考になればと。

質問
相談
建築士

評価・お礼

ウッドさん

2011/11/16 21:40

ご回答どうもありがとうございました。
壁は現場で施行されたものではなく、設計士が指示したもののようです。
アドバイスに従い図面を確認してみるようにします。
ありがとうございました。

回答専門家

伊藤 裕啓
伊藤 裕啓
(兵庫県 / 一級建築士)
住まいのe-相談室(株式会社伊藤建築コンサルタント) 代表取締役

安心・安全・快適な暮らしのお手伝い

住宅購入、リフォームには高額の費用がかかり大きな不安を抱える事があります。私の仕事は、住宅購入やリフォーム計画時に消費者側にたって中立的・客観的な視線をもって計画の進行をお手伝いするものです。

伊藤 裕啓が提供する商品・サービス

対面相談

中古住宅購入よろず相談

中古住宅購入 ホップ・ステップ・ジャンプ

対面相談

新築よろず相談

新築住宅ホップ・ステップ・ジャンプ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

増積み擁壁

2011/11/16 21:38 詳細リンク
(4.0)

栃木県宇都宮市で注文住宅とリフォームを行う工務店 ヨシダクラフトを経営しています。
吉田と申します。よろしくお願いします。

質問を読むと、他の回答者がおっしゃっているように、
既存擁壁の上に盛土する為に造った増積み擁壁(2段擁壁)のようです。

増積み擁壁は、事故事例が多く、回避すべき擁壁事例として、公的機関もレポートを出しています。

独立行政法人 建築研究所の平成13年のレポートP10ページ。
http://iisee.kenken.go.jp/staff/tamura/work/5-1kijun/files/law01.pdf
増積み擁壁も、一体の擁壁として全体高さに応じた構造方法が必要で、通常は下段の既存擁壁にも補強が必要となるのかもしれませんが、既存擁壁は、土を支えていますから、補強するのは難しいのだと思います。

また、法律どおりに、擁壁と建物の距離をとっても(全体の擁壁高さの2倍以上など)、万が一擁壁が倒れたり、たわんだりすると、建物が傾いたりして影響が出る可能性が高いです。

擁壁関係の法律にある建物と擁壁の距離は、その距離を離せば建物が安全というわけではなく、建物に影響はあるが、人命は安全という距離なのだと思います。

納得して安心して暮らせるように、念のため設計者と施工者に説明を求めたほうが良いと思います。

宇都宮市
栃木県
工務店
リフォーム
注文住宅

評価・お礼

ウッドさん

2011/11/17 23:52

ご回答ありがとうございました。
今度、設計者と施工者に図面を見せて頂きながら説明をしてもらう予定です。
吉田さんの意見も参考にさせて頂いて、施工者に色々と質問してみます。
ありがとうございました。

吉田 武志

2011/11/18 08:34

評価ありがとうございます。
きちんとした根拠を説明してもらえると良いですね。

回答専門家

吉田 武志
吉田 武志
(栃木県 / 建築家)
有限会社 ヨシダクラフト 代表取締役社長
028-634-9474
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

栃木県宇都宮市で注文住宅・リフォームならヨシダクラフト

栃木県宇都宮市の注文住宅・リフォーム専門の工務店です。リノベーション・大規模リフォームにも力を入れています。お客様との対話の中から、日々の暮らしを考えることで、心地よい居場所を造りたいと思います。

吉田 武志が提供する商品・サービス

メール相談

栃木県で注文住宅・リフォームをお考えの方に。無料メール相談。

家づくりの悩みをいつでもご相談ください。

下大園 幸雄

下大園 幸雄
建築家

- good

建築確認でOKなら安心。

2011/11/16 13:20 詳細リンク
(4.0)

建築確認の申請で指導を受けて基礎設計していると思います。
申請図に、擁壁の詳細が有ります。その方法で施工されていれば大丈夫になります。3mの擁壁には、80cm分の自重を負担しています。強度的には張り出した部分でもカバーしています。80cmの擁壁が壊れても建物に影響しない基礎設計、配置等を考慮した結果、建築許可が認可されて着工しています。
3mの擁壁は、当初は、3mの基準で計算して工事しています。その上に80cm荷重が増えていますので、雨等が浸透しない様に土をモルタル等で養生して雨水は道路に流れるとうにして擁壁の負担を軽減します。植樹も擁壁面は控えて、フェンス等が良いと思います。 参考にしてください。

雨水
計算
植樹
確認
設計

評価・お礼

ウッドさん

2011/11/16 21:44

ご回答どうもありがとうございました。
建築確認書の新製図を確認してみます。
擁壁面はもともとフェンスの予定でしたのでそのままフェンスでいくことにします。
ありがとうございました。

下大園 幸雄

下大園 幸雄

2011/11/18 09:23

評価いただき有難うございます。
腰掛けは、擁壁に対する軽減にはなりますが、3mのPLは3mの計算で認可されます。3.8mの土圧が架ります。建物の基礎が擁壁に負担がかからない様に施工されていれば良いと思いますので、設計士さんに確認してください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

採光について悩んでいます ウッドさん  2013-02-22 15:34 回答1件
新築建設時の分筆の要否について sekirarakira2さん  2012-06-29 06:56 回答3件
軟弱地盤の表層改良工法 SPRING-AUTUMNさん  2008-10-11 02:13 回答1件
木造モルタル 吹き付け tubasaccsさん  2014-02-15 10:31 回答1件
雨水浸透ますからのオーバーフロー All_Aboutさん  2013-04-10 05:47 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)